フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« あばずれ女の亭主が歌つた   中原中也 | トップページ | 月夜の濱邊   中原中也 »

2018/05/24

言葉なき歌   中原中也

 

    言 葉 な き 歌

 

あれはとほいい處にあるのだけれど

おれは此處で待つてゐなくてはならない

此處は空氣もかすかで蒼く

葱の根のやうに仄かに淡(あは)い

 

決して急いではならない

此處で十分待つてゐなければならない

處女(むすめ)の眼(め)のやうに遙かを見遣つてはならない

たしかに此處で待つてゐればよい

 

それにしてもあれはとほいい彼方で夕陽にけぶつてゐた

號笛(フイトル)の音(ね)のやうに太くて繊弱だつた

けれどもその方へ驅け出してはならない

たしかに此處で待つてゐなければならない

 

さうすればそのうち喘ぎも平靜に復し

たしかにあすこまでゆけるに違ひない

しかしあれは煙突の煙のやうに

とほくとほく いつまでも茜の空にたなびいてゐた

 

[やぶちゃん注:本篇は昭和一一(一九三六)年十二月発行の『文學界』初出(角川文庫「中原中也詩集」(河上徹太郎編)の年譜に拠る)。やはりこれも(前のの注で示したような理由(創作から投稿・編集・発行に至る二ヶ月ほどのタイム・ラグ)から)長男文也の急逝以前に創作されたものということになる。

「號笛(フイトル)」号笛(がうてき(ごうてき))は「合図のために吹く笛」で、英語のホイッスル(whistle)が腑に落ちる。ところが、中也の得意なフランス語では、“whistle”の相当語は“sifflet”(カタカナ音写:シフレ)で似ても似つかぬ。困って調べてみたところ、ネットのQ&Aサイトに、まさにこの詩のこの語の意味が判らないという質問に対し、昭和七五(一九五〇)年河出書房刊の「日本現代詩大系」所収の「在りし日の歌」では、その部分のルビが『フィフル』となっている(恐らくは編者による推定補正)とあるのを発見した。それならば、恐らくはフランス語の“fifre”(カタカナ音写:フィハァル)で「横笛」となる。思うに中也は、英語の“whistle”の「ホゥイスル」の音と、フランス語のその「フィハァル」の音を混同して誤表記したものと推定する。]

« あばずれ女の亭主が歌つた   中原中也 | トップページ | 月夜の濱邊   中原中也 »