フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 散文における新天地 / 明治三十一年~了 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 紅■■ (イサキ) »

2018/05/16

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 ヒメ小鯛・黄檣魚 (キグチ)

 

 ヒメ小鯛

 

黄檣魚■

福州府志云ヽヽヽ

鬣黄色トアリ

此モノ眞ノ黄檣

魚ナルベシ

 

Himekodai2

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。先に翻刻について述べておくと、一行目の最後は虫食いと剥離による破損で判読不能であるが、感じとしては(なべぶた)らしき小さな字が右に寄っているように見えるので、割注かもしれない。「檣」は原画では(へん)が「禾」であるが、二つの背鰭を「帆柱」に見立てた名と見て、それで示した。二行目の「ヽヽヽ」であるが、こんな点々は今まで丹洲の記載では見たことがない。不審。原本にあることは覚えていたが、記載時に確認出来なかったものを意識的に欠字様表記したものか?

 さて、これもよく判らぬが、体型と、名及びその鰭の黄色から見て、

スズキ目スズキ亜目ニベ科キグチ属Larimichthys(シノニム:Pseudosciaena

ではないかと踏んだ。同属の本邦産では、

キグチ Larimichthys polyactis

フウセイ Larimichthys crocea

がいるが、両者はよく似ている。ただ、諸記載を見ると、尻鰭はキグチでは、通常、九~十軟条であるのに対し、フウセイは八軟条しかないとあることから、丹洲の描き方が正しいと信ずるなら(ただ、尻鰭の前方部はなんだかちょっとヘン)、九条以上はあると見て、キグチで採ることとした(但し、赤焼けしたような体色は普通ではない。死後の変色かも知れない)。Maruha Nichiro公式サイト「おギャラリの「キグチ」によれば、体長は三十センチメートル(最大で四十センチメートル)、西日本から東シナ海・黄海にかけて広く分布し、『口はわずかに受け口。体色は黄色味の強い銀白色。水深』百二十メートル『以浅の大陸棚上の泥底にすみ、夜になると表層に昇って、オキアミなどの動物プランクトンを食べる』。『中国、朝鮮半島西岸においては、食文化を代表する魚として古くから親しまれており、特に朝鮮では、本種の干物を神事の供え物として用いるほど特別な存在であった。近年、本種の水揚げが激減するに従って』、『その伝統も薄れつつあるようだが、今でも韓国の魚市場に行くと、藁でくくられた干物が店先に下げられているのが目に付く』とあり、さらに『中国では、フウセイとともに「黄魚(ホアンユィ)」、「黄花魚(ホアンフアユィ)」と呼ばれ、最も好まれる魚の一つ』とある。]

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 散文における新天地 / 明治三十一年~了 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 紅■■ (イサキ) »