フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十四 水蟲 介類 蝤寄居蟲(カミナ/ヤドカリ) | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 津蟹(モクズガニ) / 大和本草卷之十四 水蟲 介類 ~了 »

2018/05/05

大和本草卷之十四 水蟲 介類 鬼蟹(ヘイケガニ属他)

 

【外】

鬼蟹 蟹譜曰背殻若鬼狀者眉目口鼻分布明白

 常寶翫之○本邦ニモ有之人ノ口鼻耳目ノ形ソナハレ

 リ異物ナリ和俗稱スル名諸州ニテカハル攝州ニテシマム

 ラカニ又武文ガニト云豐前長門ニテ。キヨツネガニ平家ガ

 ニト云皆一物ナリ一説武文蟹ハ鱟魚也ト云未知何是

○やぶちゃんの書き下し文

【外】

「鬼蟹〔(きがに)〕」 「蟹譜〔(けいふ)〕」に曰はく、『背の殻、鬼の狀〔(かたち)〕のごとき者。眉・目・口・鼻、分布、明白なり。常に寶として之れを翫〔(もてあそ)〕ぶ』〔と〕。

○本邦にも、之れ、有り。人の口・鼻・耳・目の形、そなはれり。異物なり。和俗、稱する名、諸州にて、かはる。攝州にて「シマムラガニ」。又、「武文(〔タケ〕ブン)ガニ」と云ひ、豐前・長門にて、「キヨツネガニ」・「平家ガニ」と云ふ。皆、一〔つの〕物なり。一説〔に〕、「武文蟹」は「鱟魚〔(カブトガニ)〕」なりと云ふ。未だ何〔(いづ)〕れか是(ぜ)なるを知らず。

[やぶちゃん注:大和本草卷之十四 水蟲 介類 蟹(カニ類総論)に既出既注の、

短尾下目ヘイケガニ科ヘイケガニ属 Heikeopsisに属する鬼面様の背甲を持つカニ

の総称。一般に知られている種としては

ヘイケガニ Heikeopsis japonica

であるがこれは謂わずもがな、単に内臓の形状が殻上に現われ、それがたまたま、人面のシミュラクラを起しただけで、実は、同じように人の顔に見えるカニ類は本ヘイケガニ科 Dorippidae 以外でもかなり見られる。詳しくはそこでもリンクした、私の「生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 四 忍びの術(3)」の詳しい注を、是非、参照されたい。

「蟹譜」前注冒頭のリンク先で既出既注であるが、再掲しておくと、宋の蟹フリークであったらしい傅肱(ふこう)の著した蟹の博物学書。全二巻。古文献まで溯って蟹で渉猟した一種の「蟹の民俗学」である。「中國哲學書電子化計劃」のこちらで全篇が読める。

「シマムラガニ」は戦国武将島村貴則(?~享禄四(一五三一)年)に、「武文(〔タケ〕ブン)ガニ」は後醍醐天皇の皇子尊良(たかなが)親王(延慶三(一三一〇)年?~延元二/建武四(一三三七)年)の妻を守って入水したとされる忠臣秦武文(はたのたけぶん)に、「キヨツネガニ」はナーバスになって入水自殺した平家一門の武将で笛の名手であった平清経(長寛元(一一六三)年~寿永二(一一八三)年四月四日)にそれぞれ因んだ名である。それぞれの人物の事蹟については、私の毛利梅園「梅園介譜」 鬼蟹(ヘイケガニ)の詳細注を参照されたい

「鱟魚〔(カブトガニ)〕」節足動物門鋏角亜門節口綱カブトガニ目カブトガニ科カブトガニ属カブトガニTachypleus tridentatus。先行する大和本草卷之十四 水蟲 介類 鱟 附「大和本草諸品圖」の「鱟」の図 参考「本草綱目」及び「三才圖會」の「鱟」の図 一挙掲載!を参照されたい。]

 

« 大和本草卷之十四 水蟲 介類 蝤寄居蟲(カミナ/ヤドカリ) | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 津蟹(モクズガニ) / 大和本草卷之十四 水蟲 介類 ~了 »