フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北の海   中原中也 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 メノコダイ (イサキ) »

2018/05/23

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 キシミダイ (イサキ?)

 

キシミダイ

 黄檣魚ノ一種

 

Kisimidai

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。またしても悩ましい色をしている。前にもあったが、栗本丹洲の魚図の体色にはどう考えてもあり得ない異常なものが、これ、しばしば見られる。されば、ここも大胆に色を度外視して名前と魚体の体勢から考えてみた。ところが、いくら調べてみても「キシミダイ」というこのありそうな異名は現代に残っていないようで、如何なるネット検索にも引っ掛かってこない。しかし「キシミ」ってなんだ? 「黃染み鯛」か? 鰭の黄色か? そういゃあ、後の「黄檣魚」は前にも「ヒメ小鯛・黄檣魚(キグチ)」とか、体色異常の「紅■■ (イサキ)」のキャプションに出てたよな? 前の奴はどうだ?(その図)……あちゃ……面(つら)が似てねぇなあ。待てよ? これはスズキ目スズキ亜目ニベ科キグチ属キグチ Larimichthys polyactis に同定したんだが、あの時、調べてた時に、なんだか頭の形がこんな、こう、ズングリした奴がキグチの仲間にいたぞう! おお! そうだ! 顎のシャクれた感じのあいつ

スズキ目スズキ亜目ニベ科キグチ属フウセイ Larimichthys crocea

だ! グーグル画像検索「Larimichthys croceaを見てみてくれ。こりゃ、頭がクリソツじゃねえか! ただなぁ……尾鰭の形状がな~あ、中央が凹むんじゃなくて、後ろに突出してねえとなぁ……あれぇ?……でも……そうすると、「ヒメ小鯛・黄檣魚(キグチ)」の同定も誤り(キグチも同じ団扇みたような尾鰭)ということになっちまうぞ……う~ん、墓穴掘っちまった!…………しゃあねぇな!(「どですかでん」の六ちゃん風に) じゃあ、もう一つのイサキん方は、どうよ? 赤いイサキなんていねえって? だからさ、言ったろ?! 色は無視、す、ん、の! にしても、似てねえってか? う~ん、確かに……いや?……待て、待て! 「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」の「イサキ」の三つ並んだ写真の中央、おう! それそれ! クリックしてみな! なんか、似てねえか? 鰭、黄色いな! それに幼魚や若魚は『やや明るい茶色で濃い褐色の縞文様が縦に走る』ってあるよな? これを全面的に強着色すると紅くなるとも言えるよな? 或いはこれも体色異常の、

スズキ目スズキ亜目イサキ科イサキ属イサキ Parapristipoma trilineatum

てか? 分らん!]

« 北の海   中原中也 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 メノコダイ (イサキ) »