フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 紅■■ (イサキ) | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 イシワリダイ (イシガキダイ?) »

2018/05/16

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 赤目鯛 キントキ (キンメダイ)

 

赤目鯛 今え戸俗称キントキ

 

Akamedai

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いたが、本図は魚体尾鰭の先が僅かに切れて分断されて載っているため、合成した。この合成処理はかなり上手くいった。翻刻部であるが、「え」は「盈」の崩し字としての「え」と採った。「え戸」で「江戸」の意とした。但し、「今え」の二字は経年劣化によるものとは思われない、明らかに上から薄い和紙を貼って叩いて抹消したようなに見える。しかし、だったら、下の「戸」も一緒に消しそうなものだとも思うが、では「戸俗」という熟語があるかというと、ない。不審である。消さなかったとして、

「赤目鯛〔(アカメダイ)〕」 今、江戸〔にて〕、俗〔に〕「キントキ」〔と〕称〔す〕。

と推定訓読しておく。なお、本来、「鯛」の歴史的仮名遣は「たひ」であるが、既に本「魚譜」で丹洲は「タイ」と表記しているのでそれに従った。さても、これはまず、お馴染みの、

キンメダイ目キンメダイ科キンメダイ属キンメダイ Beryx splendens

と同定してよかろうと思う。但し、「キントキ」は「金時」で金太郎(坂田金時)が赤ら顔であったとされること、或いは、坂田金時の幼少時をモデルとした歌舞伎の山姥(やまんば)物に登場する子役「怪童丸(快童丸)」が赤い衣装を着けたことから、広く「赤い色」を意味する言葉として用いられたことによる。また和名の頭の「キンメ」は「金目」で、深海魚であるキンメダイが、眼球の網膜と脈絡膜の間に集光作用を持つ輝板(きばん:英語:tapetum:タペタム)を持っているために、光を受けると、金色に輝いて見えることに由来する。]

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 紅■■ (イサキ) | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 イシワリダイ (イシガキダイ?) »