フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 計里 (ケリ) | トップページ | 鴾(松森胤保「両羽博物図譜」より) »

2018/05/08

栗本丹洲自筆軸装「魚譜」より「猩々鯛」

 

猩々鯛 肥後熊本方言

 

Syoujyoudai_2

以上メジナノ類ナルベシ


[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。左上のキャプションは虫食のために「メジナ」は判読不確定であるが、一応、それで採っておいた。しかし、この魚は色形、どうみても、スズキ目スズキ亜目イスズミ科メジナ亜科メジナ属メジナ Girella punctata ではあり得ないので、このキャプションは無効である。吻部下顎の先端付近から体後に伸びる二本の鬚(ひげ)からみて、

条鰭綱スズキ目スズキ亜目ヒメジ科Mullidae

の一種と考えられる。同科のヒメジ類は概ね、海底を這うように泳ぎ、この顎鬚は感覚器となっており、これで砂底を探りながら、そこ潜んでいる端脚類(甲殻亜門軟甲綱真軟甲亜綱フクロエビ上目端脚目 Amphipoda)やエビ類などの小型の甲殻類を捕食している。問題は強い紅色を呈していることで(それが「猩々鯛」の謂れと考えられる)、これは、

ヒメジ科アカヒメジ属アカヒメジ Mulloidichthys vanicolensis

ヒメジ科ウミヒゴイ属オキナヒメジ Parupeneus spilurus

ヒメジ科ウミヒゴイ属ホウライヒメジ Parupeneus ciliates

などが相当するものの、意想外であるが、ネット上の画像を見ると、和名のそれらしい、アカヒメジは、実はこのように全体が鮮紅色を示す個体は極めて殆んどいないようであり、同定のターゲットは魚体全体が鮮やかな紅色を呈する下の二種に限定出来ると思われる。この二種は非常によく似ており、関東ではウミヒゴイ属の総てを、その鬚から「オジサン」と呼称し、オキナヒメジとホウライヒメジを区別せずに流通させている(「ぼうずコンニャク」の「市場魚貝類図鑑」のホウライヒメジを参照した)。次に着目すべき点は、尾部のくびれの上部にある黒い斑紋で、「ぼうずコンニャク」の「市場魚貝類図鑑」のオキナヒメジ」に拠れば、実にこの斑紋で二種が区別出来るとし、『オキナヒメジは斑紋が中心を走る測線の上まで、測線を超えない』のに対し、『ホウライヒメジは斑紋が測線を超え』て背部に達しているとある(リンク先の対照画像を参照)。本図の黒斑は明らかに背部まであることから、私は本図は、

ヒメジ科ウミヒゴイ属ホウライヒメジ Parupeneus ciliates

と同定するものである。なお、福井でキントキダイ(スズキ亜目キントキダイ科キントキダイ属キントキダイ Priacanthus macracanthus)の異名として「ショウジョウダイ」と呼ぶという記載がネット上にあったが、魚体がまるで違うので、本図はキントキダイではあり得ない。]

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 計里 (ケリ) | トップページ | 鴾(松森胤保「両羽博物図譜」より) »