フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 猩々鯛 (ホウライヒメジ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 海藻類 ツルモ »

2018/05/08

鴾(松森胤保「両羽博物図譜」より)

 

008

 

[やぶちゃん注:画像は酒田市立図書館公式サイト内の「両羽博物図譜の世界」のものを用い、トリミングや補正は一切行っていない。この図の前頁に松森胤保による解説が載る(リンク先は同図書館の当該頁の画像)ので、本図の上部の箇所も含め、以下に翻刻した。但し、同サイトでは前頁部分については、新字で電子化翻刻がなされているので、それを加工用(口幅ったいが、私には私なりの電子化ポリシーがあり、訓読も私の解釈に従って行っている)に使用させて貰った。]

 

□翻刻1(原典のまま。【 】は二行割注。「霍」の字は「鶴」の異体字で、原典表記に一番近いと判じてそれで示した。最初の標題は原典では第一行は二字下げであるが、ブログのブラウザの不具合を考えて三行は引き上げてある)

鴾屬【鴾ハ古ノ俗字トス】 鸛霍部屬別之第三屬

 鴾類   鴾(トキ)屬類別之其一類

 (トキ)種   鴾類種別之其一種

鴾屬朱鷺ニ作テ通用ス大サ大鷺ノ如シ然トモ

嘴翼大ニ其法ヲ異ニシ鷺觜直鋭(トキ)觜弯弱鷺羽

大重(トキ)羽小捷且霍ハ飛時首足ヲ延ヘ鷺ハ足ヲ

テ首ヲ疊ミ首ヲ延ベテ足ヲ疊ム啼声ダ

ヲーダヲート云カ如シ故俗又ダヲ又ドート云

春初百鳥ニ先テ來松樹ニ巢冬初去若鳥羽白ク

後ニ美ナリ肉血腥【或紅霍又(チヤウ)又鴾又唐鳥(トウカラス)又ドウカラス

又桃花鳥又私記(トキ)又豆木(トキ)又登木等ニ作】

 

《改頁(上記画像部)》

(トキ《右ルビ》/ドウ《左ルビ》)【明治十二年四月十三日】

一見而㒵怪物ノ如シ

田畔ニ遊ヒ丘蚓等ヲ

獲レハ洗テ食フト云フ

水田ニ獵シ山林ニ宿シ松樹

ヲ好ンテ之ニ巢フ

 

 

□翻刻2(概ね、カタカナをひらがなとし、句読点・記号等を添え、送り仮名の一部を推定で本文に出し、一部に推定で〔 〕で読みを歴史的仮名遣で附し、一部に読み易さを考えて[ ]で語句を添え、一部を連続させた。「如し」は漢文訓読法に従い、平仮名とした)

鴾屬【鴾は古〔いにし〕への俗字とす。】 鸛霍〔こふづる〕部屬別の第三屬

 鴾類   鴾(トキ)屬類別の其の一類

 (トキ)種   鴾類種別の其の一種

鴾屬、朱鷺に作りて通用す。大いさ、大鷺〔おほさぎ〕のごとし。然れども、嘴〔くちばし〕・翼、大いに其の法を異にし、鷺、觜、直鋭[なるも]、(トキ)[は]、觜、弱く弯〔(まが)れり〕。鷺、羽、大重[なるも]、(トキ)、羽、小[さくして]捷〔はや〕し。且つ、霍〔つる〕は飛ぶ時、首・足を延べ〔れども〕、鷺は足を延べて首を疊み、[この]は、首を延べて足を疊む。啼き声、「ダヲーダヲー」と云ふがごとし。故、俗、又、「ダヲ」、又、「ドー」と云ふ。春の初め、百鳥に先だつて來たり、松樹に巢くふ。冬の初め、去る。若鳥、羽、白く、後に美なり。肉、血腥さし【或いは「紅霍」、又、「(チヤウ)」、又、「鴾」、又、「唐鳥(トウカラス)」、又、「ドウカラス」、又、「桃花鳥〔トキ〕」、又、「私記(トキ)」、又、「豆木(トキ)」、又、「登木」等に作る。】。

《改頁(上記画像部)》

(トキ《右ルビ》/ドウ《左ルビ》)」【明治十二年四月十三日。】

重さ

長さ

一見して、㒵[かほ]、怪物のごとし。田の畔〔あぜ〕に遊び、丘蚓〔みみず〕等を獲れば、洗ひて食ふ、と云ふ。水田に獵し、山林に宿し、松樹を好んで、之れに巢くふ。

 

[やぶちゃん注:鳥綱新顎上目ペリカン目トキ科トキ亜科トキ属Nipponia Reichenbach, 1853種トキ Nipponia nippon (Temminck, 1835)。既に電子化した和漢三才圖會第四十一 水禽類 朱鷺(トキ)や、トキの美麗な図森立之立案・服部雪斎画「華鳥譜」より「とき」も参照されたい。

「鸛霍〔こふづる〕部」これは「鸛」(こうのとり)の別名である。現在の上記の通り、トキはペリカン目 Pelecaniformes に属すが、実は近年までコウノトリ目 Ciconiiformes に入れられいたので、当時としては松森の認識は正しいのである。

「其の法」形状や生態上の機能。

「明治十二年」一八七九年。

「重さ」以下、「足」までは後の実測を期しての欠字となっているものと思われる。

「丘蚓〔みみず〕」ママ。蚯蚓。ミミズ。]

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 猩々鯛 (ホウライヒメジ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 海藻類 ツルモ »