フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 赤目鯛 キントキ (キンメダイ) | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十二年 歌人来訪 »

2018/05/16

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 イシワリダイ (イシガキダイ?)

 

イシワリダイ

 石割鯛

 

Isiwaridai

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。顔つき・眼球の大きさ・鱗の形状が総て誇張されたものと大胆に考えるなら、背鰭と尻鰭の後部が有意に肥大して異様に突き出るところなどは、「イシワリダイ」の名に近い、

スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属イシガキダイ Oplegnathus punctatus

ではなかろうか。そういえば、この如何にもでっかいウロコウロコみたようなのは、実は鱗ではなくて、イシガキダイ特有の、灰白色の地に、大小の黒褐色円斑紋、石垣模様のデフォルメなんだと思うと、何だか腑に落ちるのだ。あり得ねー!とか言う御仁のために一言だけ言い添えておこう。この図は前にも出した「彩色 江戸博物学集成」(一九九四年平凡社刊)の田中誠氏の「栗本丹洲」のパートの図(これは百九十九ページ)にも掲載されており、田中氏は私と同じく、『イシガキダイ?』を推定候補とされておられるのである。そのキャプションで田中氏は『意外にも丹洲の魚図に不正確なものが散見されるのは、実物を写生しないで、他の図を写したものがある』ために拠るもの述べておられ、或いは、これもそうした実物を目の前に置いての写生(彼がしばしば「眞寫」と記すのがそれ)ではなく、下手な写生者が描いたものを元に複写した結果が、こうした漫画チックな各部のデフォルメになってしまったとも言えるのかも知れない。なお、本種がイシガキダイであった場合、腹が白くなっているのは老成個体の特徴だが、そうすると、♂の場合は、斑紋が同時に消えてしまうことと、吻部の周囲が有意に白くなる点(イシガキダイの別称「クチジロ」はそれに由来。但し、♀の老成個体はこれらの特徴を持たない)で、本図とは一致しない。悩ましい。なお、本種は磯釣りで人気の高級魚であるが、二〇〇〇年後半から本邦各地で、かなり重症なシガテラ中毒(ciguatera熱帯亜熱帯・性の海洋に棲息するプランクトンが産生する毒素に汚染された魚介類を摂取することで発症する食中毒。 などの有毒渦鞭毛藻(渦鞭毛虫門渦鞭毛藻綱 Dinophyceae に属する、例えば Gambierdiscus toxicus 等)が原因であることが多い)事例が増えてきているので、注意が必要ではある。但し、本種だけではない他の近縁関係にない複数の種群で発生しており、彼らを取り立てて主犯にするのは間違いである。

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 赤目鯛 キントキ (キンメダイ) | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十二年 歌人来訪 »