フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之一 龍虵 | トップページ | 諸國里人談卷之一 犬頭社 »

2018/05/31

諸國里人談卷之一 梅園社

 

     ○梅園社(むめぞのゝやしろ)

肥前國長崎丸山に富(とめ)る者あり。平日(つねに)、天滿宮を信ず。大宰府の飛梅(とびむめ)の枯條(かれゑだ)を以〔もつて〕、聖像を彫刻して、朝夕(あさゆう[やぶちゃん注:ママ。])、これを拜す。一日(あるひ)、途中にて、不斗(ふと)、口論に及び、殺されけるが、相手もまた、人を害し、遁るべきにあらねば、則(すなはち)、自殺してけり。かくて、殺されたるもの、夢のごとくにして蘓生(そせい)し、家に皈(かへ)りて、しだいを語り、神像を拜するに、御身(ごしん)に刃(やいば)の跡、あり。それより、血、流れたり。大〔おほき〕に驚惶(きやうくわう)し、是、神の我(わが)難に代(かは)り給ふを知りぬ。「梅園(むめぞの)の天神」と稱し、長崎にあり。元祿年中の事也。

[やぶちゃん注:「肥前國長崎丸山」現在の長崎県長崎市丸山町及び寄合町(附近(グーグル・マップ・データ))に相当するが、ここは江戸初期から近代まで「丸山遊廓」として知られた長崎の花街であるから、この「富(とめ)る者」もそうした遊廓の経営者である可能性が高い。

「梅園(むめぞの)の天神」丸山町内に現存する。(グーグル・マップ・データ)。長崎市公式観光サイト「あっと! 長崎」内の梅園身代り天満宮(ウメゾノミガワリテンマングウ)に、『この天満宮は』、元禄一三(一七〇〇)年に創建された『丸山町の氏神様で、昔から“身代り天神”と呼ばれ親しまれてきた。“身代り”と呼ばれるのは、創建者の安田次右衛門が、ある夜』、『何者かに襲われ』、『左脇腹を槍で刺され倒れたが』、『どこにも傷がなく、その代わりに』、『自邸の祠の天神像が左脇腹から血を流していたことによるのだという。また、丸山の遊女達も身代を“みだい”と呼び、自分の生活に苦労がないことを願って参拝した』とあって、沾涼の記載よりもより具体的である。]

« 諸國里人談卷之一 龍虵 | トップページ | 諸國里人談卷之一 犬頭社 »