フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之一 犬頭社 | トップページ | 諸國里人談卷之一 常陸帶 »

2018/05/31

諸國里人談卷之一 熱田的射

 

     ○熱田的射(あつたのまとい)

尾張國熱田社(あつたのやしろ)に、每年正月十五日、的矢あり。六百人の社家(しやけ)、これを射る也。もし、射はづせば、其家を沒し、官錄を、はなたる。よつて、當社の社人、年中、おこたらず、これを勵(はげみ)て、五寸、三寸の的を、常に射はづす事なく、皆、達人也。ことに、其日の的は二尺ばかりの大的にて、いづれにも發(はづれ)ぬやうにする事なり。されども、行跡(かうせき)あしく、神慮に脊(そむ)く輩(ともがら)は、必(かならず)、射はづす事、時として、ありとぞ。

[やぶちゃん注:熱田神宮の歩射神事(ほしゃしんじ)は現在も新暦の一月十五日に行われている。熱田神宮」公式サイト神事解説よれば、『豊年と除災とを祈る神事で、午後』一『時より神楽殿前庭で行』われ、『俗に「御的(おまとう)」ともいわれ』、『初立・中立・後立の各』二『人の射手(神職)が矢を』二『本づつ、各』三『回、計』三十六『本を奉射』する。『最後の矢が射られたと同時に』、『参拝者が一斉に大的を目指して押しかけ、特に大的の千木(ちぎ:大的に付した木片)は古くより魔除けの信仰があり、多数の参拝者がこれを得ようと奪いあうさまは壮観で』あるとある。的の裏には「鬼」と墨書されており、的の直径は一・八メートルと別な記載にあった。流石に今は外しても神職は首にはならんのじゃろうなぁ

「社家」とは代々、特定神社の神職や社僧の職を世襲してきた家(氏族)を指す。熱田神宮は千秋家(せんしゅうけ)。しかし、今、「六百人」もおらんじゃろうなぁ。調べて見たが、熱田神宮の神官の人数なんてものは判らんもんなんじゃなぁ。]

« 諸國里人談卷之一 犬頭社 | トップページ | 諸國里人談卷之一 常陸帶 »