フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 ヒメ小鯛・黄檣魚 (キグチ) | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 赤目鯛 キントキ (キンメダイ) »

2018/05/16

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 紅■■ (イサキ)

 

Isakikansei

 

紅■■ 奇鬣之異品

    日東魚譜ハナ

    キ■■■是ナルヘ

    シ是鰭尾黄色

    因テ黄檣魚

    充ツ

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いたが、本図は魚体が分断されて載っているため、合成したのであるが、それぞれのフィルムが微妙にずれているために上手く合成出来なかった。悪しからず。キャプションは虫食い甚だしく、判読が困難。肝心の冒頭の名前すら読めない。四行目の「是」は当初は「背・脊」或いは「只」と判読してみたものの、前者は意味は腑に落ちるものの、どうも崩し方がおかしく、後者では繋ぎが悪い(というか、意味があんまり感じられない)ので、「是」で採ったに過ぎない。推定で整序してみると、

   *

「紅■■」 奇〔なる〕鬣〔(ひれ)の〕異品。「日東魚譜」にはなき、「■■■」、是れなるべし。是れ、鰭・尾、黄色。因つて、「黄檣魚」に充つ。

   *

となるか。「日東魚譜」は神田玄泉(生没年不詳:江戸の町医。出身地不詳)の著の、全八巻から成る本邦(「日東」とは日本の別称)最古の魚譜とされるもの。魚介類の形状・方言・気味・良毒・主治・効能などを解説する。序文には「享保丙辰歳二月上旬」とある(享保二一(一七三六)年。この年に元文に改元)。但し、幾つかの版や写本があって内容も若干異なっており、最古は享保九(一七一九)年で、一般に知られる版は享保一六(一七三一)年に書かれたものである。「黄檣魚」直前が、そこで同定したスズキ目スズキ亜目ニベ科キグチ属キグチ Larimichthys polyactis ではあり得ない。「最早、お手上げ」と言いたいところなのだが、実はこの図、所持する「彩色 江戸博物学集成」(一九九四年平凡社刊)の田中誠氏(東京衛生局)の「栗本丹洲」のパートの図(百九十八ページ)に掲載されており、田中氏によって『イサキ(ただし体色は異常)』と同定されてあるので、

スズキ目スズキ亜目イサキ科イサキ属イサキ Parapristipoma trilineatum

としておく。確かに、体色以外はよくイサキに合う。他人の褌相撲であるが、これも悪しからず。]

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 ヒメ小鯛・黄檣魚 (キグチ) | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 赤目鯛 キントキ (キンメダイ) »