フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 正午    丸ビル風景   中原中也 | トップページ | 蛙聲   中原中也 »

2018/05/25

春日狂想   中原中也

 

    春 日 狂 想

 


        
1

 

愛するものが死んだ時には、

自殺しなけあなりません。

 

愛するものが死んだ時には、

それより他に、方法がない。

 

けれどもそれでも、業(?)が深くて、

なほもながらふことともなったら、

 

奉仕の氣持に、なることなんです。

奉仕の氣持に、なることなんです。

 

愛するものは、死んだのですから、

たしかにそれは、死んだのですから、

 

もはやどうにも、ならぬのですから、

そのもののために、そのもののために、

 

奉仕の氣持に、ならなけあならない。

奉仕の氣持に、ならなけあならない。

 

       2

 

奉仕の氣持になりにはなつたが、

さて格別の、ことも出來ない。

 

そこで以前(せん)より、本なら熟讀。

そこで以前(せん)より、人には丁寧。

 

テムポ正しき散步をなして

麥稈眞田(ばくかんさなだ)を敬虔に編み――

 

まるでこれでは、玩具(おもちや)の兵隊、

まるでこれでは、每日、日曜。

 

神社の日向を、ゆるゆる步み、

知人に遇へば、につこり致し、

 

飴賣爺々と、仲よしになり、

鳩に豆なぞ、パラパラ撒いて、

 

まぶしくなったら、日蔭に這入り、

そこで地面や草木を見直す。

 

苔はまことに、ひんやりいたし、

いはうやうなき、今日の麗日。

 

參詣人等もぞろぞろ步き、

わたしは、なんにも腹が立たない。



       
⦅まことに人生、一瞬の夢、

      
 ゴム風船の、美しさかな。⦆

 

空に昇つて、光つて、消えて――

やあ、今日は、御機嫌いかが。

 

久しぶりだね、その後どうです。

そこらの何處かで、お茶でも飮みましよ。

 

勇んで茶店に這入りはすれど、

ところで話は、とかくないもの。

 

煙草なんぞを、くさくさ吹かし、

名狀しがたい覺悟をなして、――

 

外(そと)はまことに賑かなこと!

――ではまたそのうち、奧さんによろしく、

 

外國(あつち)に行つたら、たよりを下さい。

あんまりお酒は、飮まんがいいよ。

 

馬車も通れば、電車も通る。

まことに人生、花嫁御寮。

 

まぶしく、美(は)しく、はた俯いて、

話をさせたら、でもうんざりか?

 

それでも心をポーッとさせる、

まことに、人生、花嫁御寮。



        
3

 

ではみなさん、

喜び過ぎず悲しみ過ぎず、

テムポ正しく、握手をしませう。

 

つまり、我等に缺けてるものは、

實直なんぞと、心得まして。

 

ハイ、ではみなさん、ハイ、ご一緖に――

テムポ正しく、握手をしませう。

 

[やぶちゃん注:「⦅まことに人生、一瞬の夢、/ゴム風船の、美しさかな。⦆」は原典でもややポイント落ち。発表は角川文庫「中原中也詩集」によれば、中原中也が死ぬ五ヶ月前、昭和一二(一九三七)年五月号『文學界』である。アイロニカルで投げやりに厭世的なそれは、明らかに文也の死後の作である。サイト「中原中也・全詩アーカイブ」の本詩篇の解説でも、同年三月の作と推定されており、『この詩を歌って』十『か月も経たない』うちに『詩人は亡くな』ったとある。

「自殺しなけあなりません」「自殺しなきゃなりません」という口語表現の拗音音写の一法か。以下、すべて「けあ」はそう採る。

「麥稈眞田(ばくかんさなだ)」「ばっかんさなだ」麦藁(むぎわら)を平たく潰して真田紐 のように編んだもの。麦藁帽子や袋物などを作るのに用いる。中原中也に麦藁帽子は、よく似合う、と思った途端、彼の知られた肖像写真には、そんなものはないことに気づいた。「何故、そう思ったんだろう?」――と――気がついた。帝銀事件の冤罪の死刑囚平沢貞通氏が獄中で描いた晩年の「十八歳自画像・想出再描」(26:44で見られる)だ! あの姿が何故か、私の中で中原中也と一緒になっていたのだ!

「いはうやうなき」「祝ふ樣無き」であろう。祝いようがない。

「麗日」ルビをしないのであれば「れいじつ」なのだろうが、どうも硬い。新潮社「日本詩人全集」第二十二巻「中原中也」ではここに『うららび』とルビする。私はこれを採る。

「這入り」「はいり」。]

« 正午    丸ビル風景   中原中也 | トップページ | 蛙聲   中原中也 »