フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 俳人のみの歌会 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(38) 佛教の渡來(Ⅰ) »

2018/05/07

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 ベニシマダイ (クルマダイ)

 

ベニシマダイ   刺鬣一種名

 

Benisimadai

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。前の「ハナシマダイ」の下方に張られたもので、本図の魚体の高さは巻子の縦幅の三分の一ほどしかなく、貼り交ぜ帖のように、下部貼り付けで、中間は貼り付け台紙の地が現われてしまっている。則ち、前の二種のような大きさでは描かれていない。キャプションは下部の擦れがあるが、以上でいいと思われる。「刺鬣一種名」は「刺鬣(きよくれふ)の一種の名」で「棘鬣」は「棘鬣魚」(キョクリョウギョ)で鯛の異称。背鰭が「刺(とげ)」の「鬣(たてがみ)」状になっていることに由来する。しかし、本種は明らかに狭義の鯛類(条鰭綱スズキ目タイ科 Sparidae)の仲間とは思われない。というより、底本の磯野先生の解題にも、この巻子本「魚譜」(「軸1」と呼称されている)は「鯛」の名がつく魚を計七十九品所載するのであるが、『本物のタイの類は少なく、コブダイ(ベラ科)やイシダイ(イシダイ科)などが大半を占める』とあり、本魚譜の種同定は困難を極める。しかも、前の「ハナシマダイ」同様、この「ベニシマダイ」という名も異名としても残っていない模様で、困るのである。しかし、やはり前回同様、この死語となった異名もヒントとなる。これは「紅縞鯛」であろう。さすれば、紅・朱色の強い魚体色で、しかも「縞」を有し、この場合は図から、背部から腹部への真っ直ぐな横縞(朱色と有意に薄く褪色したものの帯縞でそれが尾鰭基部まで続いている)であることが判る。魚体の頭部周辺の剥離欠損が著しいものの、左目がかなり大きいこと、口吻が有意に大きく、死後に大きく上下に開いている状態、釣り上げた直後から恐らくそうなるような性質を持つ魚、の写図と判断できる。さらにキャプションを問題にするなら、「棘鬣」から本種の背鰭は、図では畳んでペタンとなってしまっているけれども、実は強い棘状を示しているのではないかとも疑われるのである。以上の点を踏まえると、私は本種は、やや小振りの幼魚かとも思われる、

スズキ目スズキ亜目キントキダイ(金時鯛)科クルマダイ属クルマダイ Pristigenys niphonia

に同定したくなるのである。キントキダイ(金時鯛)科 Priacanthidae の魚は眼球が非常に大きいことが最大の特徴であり、現代中国語でも「大眼鯛科」と称する。和名「車鯛」は車の「輪」のように丸い体型の「鯛」に似た形状や色をした魚の謂いで、成体は二十センチメートル前後まで大きくなり、側扁して左右から見ると有意に丸みを帯び、でかいギョロ目、背鰭は激しい棘状を成すトゲトゲのそれであって、ディズニーの「ニモ」に出そうなキャラクタライズされた如き形状なのであるが(グーグル画像検索「Pristigenys niphoniaを見よ)、英文サイト「Fishes of Australia」の本種のページWhiteband Bigeye, Pristigenys niphonia (Cuvier 1829)の右コンテンツの「Species Image Gallery」の三枚目(右端)の本種の画像などは、そのように強く丸くもなく、縞も比較的薄く、背鰭も寝た状態で棘条が全く目立たず、本図とよく一致すると私は思う。本種は口が大きく、死後に下顎が下がって開いてしまい、このようにカッパと開いている画像が釣りサイトなどで多く見られる。]

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 俳人のみの歌会 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(38) 佛教の渡來(Ⅰ) »