フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之二 姥石 | トップページ | 好きなものは »

2018/06/13

諸國里人談卷之二 水口石

 

     ○水口石(みなくちいし)

近江國石橋に「高嶋の大井子(〔おほゐ〕こ」と云〔いふ〕、隱れなき大力〔だいりき〕の女、ありける。田へ水を引〔ひく〕ころ、里人(さとびと)、水を論じ、大井子が田へは水を入ざりける。大井子、安からずおもひ、一夜(あるよ)、六、七尺ばかりの大き成(なる)石を持來(もち〔きた〕)り、水口(みなぐち)に置(をき[やぶちゃん注:ママ。])て、あらぬ所へ、水を流しける。明(あけ)の朝(あさ)、里人、これを見て、大きにおどろき、退(しりぞけん)とすれども、中々、百人ばかりにては、たやすく動かすべきにあらず。水下(みづしも)、おほくの田、水、涸(かれ)て、難儀に及びしかば、一同に降(かう)して、「今よりは、心のまゝに水をまかすべし」と也。「さこそ侍らん」と、件(くだん)の石を、くるしからぬ所へ、引退(ひきのけ)ける。是を「大井子が水口石」とて、今にあり。

[やぶちゃん注:これはまず、土地としては、女の呼称の頭の部分「高嶋」を含んで、現在の滋賀県高島市安曇川町(あどがわちょう)内で、同町の三尾里(みおさと)にある安閑(あんかん)神社(ここ(グーグル・マップ・データ))の境内に、大井子伝承の「力石(水口石」として現存している。而して、彼女は、実は「古今著聞集」の「卷第十 相撲力(すまひがうりき)」の三七七話の「佐伯氏長、力の女高島の大井子に遇ふ事 幷びに 大井子、水論にて初めて力を顯はす事」に登場する、古い、美しい怪力女なのであり、沾涼のこの記載も明らかに「古今著聞集」に依拠したものと思われる。以下に原文を出す(底本は新潮日本古典集成版を参考に、恣意的に漢字を正字化して示した)。

   *

 佐伯氏長[やぶちゃん注:伝未詳。]、はじめて相撲の節(せち)にめされて、越前國よりのぼりける時、近江國高島郡石橋を過ぎ侍りけるに、きよげなる女の、河の水を汲みて、みづからいたゞきて行く女ありけり。

 氏長、きと[やぶちゃん注:ちらっと。]見るに、心うごきて、たゞにうち過ぐべき心ちせざりければ、馬より下りて、女の、桶とらへたるかひなのもとへ、手をさしやりたりけるに、女、うち咲(わら)ひて、すこしも、もてはなれたる[やぶちゃん注:嫌がって避ける。]けしきもなかりければ、いといと、わりなく覺えて、腕(かひな)を、ひしとにぎりたりける時、桶をば、はづして、氏長が手を、脇に、はさみてけり。

 氏長、興ありておもふほどに、やや久しくなれども、いかにも、この手を、はなたざりけり。

 ひきぬかんとすれば、いとゞつよくはさみて、すこしも、引きはなつべくもなければ、力をよばずして、おめおめと、女の行くにしたがひてゆくに、女、家に入りぬ。

 水、うちをきてのち、手をはづして、うちわらひて、

「さるにても、いかなる人にて、かくは、したまへるぞ。」

といふ。

 氣色・事がら、ちかまさりして、たへがたく覺えけり。

「われは越前國の者なり。相撲の節といふ事ありて、力つよきものを國々よりめさるる中に入りて、參るなり。」

とかたらふを聞きて、女うなづきて、

「あぶなき事にこそ侍るなれ。王城はひろければ、世にすぐれたらん大力も侍らん。御身も、いたくのかひなしにてはなけれども[やぶちゃん注:全くの弱虫ではないけれど。]、さほの大事に逢ふべき器(うつは)にはあらず。かく見參しそむるも[やぶちゃん注:このようにあなたにお逢いしたということも、これ。]、然るべき事なり。かの節の期(ご)、日、はるかならば[やぶちゃん注:節会の本番が未だ先のことであるのなら。]、こゝに、三七日(みなぬか)[やぶちゃん注:二十一日で「二十日ばかり」の意。]逗留し給へ。其程に、ちと、とりかひたてまつらむ[やぶちゃん注:「取り飼ふ」で「お世話して、力をつけて差し上げましょう」の意。]。」

といへば、

「日數もありけり、くるしからじ。」

とおもひて、心のとどまるままに、いふにしたがひて、とどまりにけり。その夜より、こはき飯をおほくして、くはせけり。

 女、みづから、其飯をにぎりてくはするに、すこしも、くひわられざりけり。

 はじめの七日は、すべてゑくひわらざりけるが、次の七日よりは、やうやう、くひわられけり。

 第三七日よりぞ、うるはしうはくひける。

 かく三七日が間、よくいたはりやしなひて、

「いまはとくのぼり給へ。此うへは、『さりとも』とこそおぼゆれ[やぶちゃん注:ここまでなったからには、『もう、まず、負けることはない』と思いますから。]。」

といひて、のぼせけり。

 いとめづらかなる事なりかし。

 件(くだん)の「高島のおほゐ子」は、田など、おほく、もちたりけり。

 田に水まかする比(ころ)、村人、水を論じて、とかくあらそひて、「おほゐ子」が田には、あてつけざりける時、「おほゐ子」、夜にかくれて、おもてのひろさ、六、七尺[やぶちゃん注:一メートル八二センチ~二メートル十二センチ。]ばかりなる石の、四方なるをもて來たりて、かの水口にをきて、人の田へ行く水をせきて、我が田へゆくやうに橫ざまに置きてければ、水、おもふさまにせかれて、田、うるおひにけり。その朝、村人ども、見て、驚きあさむ[やぶちゃん注:呆れる。]事、かぎりなし。石を引きのけむとすれば、百人ばかりしても、かなふべからず。

「させば[やぶちゃん注:そのように多くの人々を呼んで動かそうとしたなら。]、田、みな、ふみそむぜられぬべし[やぶちゃん注:結果、田は散々に踏み荒らされてしまうことになってしまうぞ。]。いかゞせむずる。」

とて、村人、おほゐ子に降(かう)をこいて[やぶちゃん注:降参を願い出て。]、

「今より後は、おぼしめさむ程、水をば、まかせ侍るべし。この石、退(の)け給へ。」

といひければ、

「さぞ、おぼゆる。」[やぶちゃん注:そう致しましょう。]

とて、又、夜にかくれて、引きのけてけり。

 其後は、ながく、水論する事なくて、田、やくる事、なかりけり。

 これぞ、大井子が力、あらはしそむる、はじめなりける。

 件(くだん)の石、「おほゐこが水口石」とて、かの郡(こほり)に、いまだ、侍り。【私(わたくし)云(いふ)、この「大井子」は何樣(いかやう)なるものとも見えず。尋ぬべし。】

   *

 なお、しかし、最後に一言言っておくと、沾涼が不可解なのは、この安閑神社には現在、奇っ怪な解読不能の絵文字のような刻印のある、通称「神代文字の石」と呼ばれる、遙かにぶったまげに奇体な石があるのに、それを併記していない点である(今は「力石(水口石)」と並んでおて、遮蔽物なしに見られるようだが、或いは当時はまだこの「神代文字の石」なるものは別なところにあった(或いはまだ橋石だったものか)「びわ湖高島観光協会」の「高島市観光情報」の「安閑神社」にある解説版画像(クリックで拡大される)を翻刻すると(この解説版の前の方は、この大井子の「力石(水口石)」の説明文である)、

   *

神代文字の石

 字とも文字とも判別のつかない陰刻がされた石である。元は知らないで橋に使われていたというが、一説には古墳の一部ではなかったか、とも言われる。この陰刻の解明は未だなされていないが、この種の記号文字は神代文字と呼ばれ、不思議な歴史の貴重な遺産である。

   *

私は神代文字論者の諸説を孰れも全く認めないが、しかし、このペトログリフ(petroglyph)=岩絵、なかなかに魅力的ではあるぞ!

« 諸國里人談卷之二 姥石 | トップページ | 好きなものは »