フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之二 龍淵 | トップページ | 北條九代記 卷第十二 先帝配流 付 赤坂城軍 »

2018/06/12

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 方頭魚 (シロアマダイ)

 

方頭魚

 ヲキツダイ

 クヅナ【九州】

 アマダイ【東國】

 伊与宇和嶌《いようわじま》ノ産

 長サ一尺九寸許《ばかり》

 幅四寸五分許

Houtouuo


[やぶちゃん注:
国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。これは本巻子本「魚譜」の二番目に出現した大型の図「豫州 アマダイ」(「豫州」は伊予国で現在の愛媛県)とほぼ同じである(図のサイズは三分の二以下と小さいが、描いた個体が同じ「伊与」(「伊豫」の誤記(略記))産とあるから、同一個体を描いたものかも知れぬ(だとすれば、以下に記す図の拙劣さから、こちらが一回目の素描と思う)。但し、持ち込まれたのが複数個体であった可能性もあろう)から、まず、文句なしに、それと同じく、

条鰭綱スズキ目スズキ亜目キツネアマダイ科アマダイ属シロアマダイ Branchiostegus albus

に同定してよい。但し、頭部や口腔の描写の質感、鰓の形状描出、鱗の細部の描き込みなどの点で、先の図より、遙かに劣る価値はデータとしてのキャプションだけと言ってもよい。

 本種はその体色から、市場では現在、「シラカワ」(白川・白皮)と呼ばれることが多いが、それ以外にも単なる「アマダイ」を始めとして、現在でも多様な方言名・流通名を持っており、「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」の「シロアマダイ」のそれらが列挙される。その中に「クズナ」「ムラサキクヅナ」の名を見出せ、他のサイトを調べると、「キンクズナ」(長崎)があり、また、先の「ムラサキクズナ」は鹿児島での呼称とする。また、既に先行する頭魚(アカアマダイ)」で注した通り、アマダイ類は別名「オキツダイ」(興津鯛)(静岡)とも呼ばれる(この由来も示したが、再掲しておくと、「おきつ」という名の奥女中が、徳川家康にこの魚を献じ、賞味されたからという説、及び興津(現在の静岡県静岡市清水区の地名。この附近(グーグル・マップ・データ))辺りで多く漁獲されたから、とも言われる)。

「伊与宇和嶌《いようわじま》」現在の愛媛県宇和島市。(グーグル・マップ・データ)。

「長サ一尺九寸許《ばかり》」全長約五十七センチ六ミリ。

「幅四寸五分許」体高十三センチ六ミリ。]

« 諸國里人談卷之二 龍淵 | トップページ | 北條九代記 卷第十二 先帝配流 付 赤坂城軍 »