フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 方頭魚 (イラ) | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 方頭魚 (シロアマダイ) »

2018/06/11

諸國里人談卷之二 龍淵

 

    ○龍淵(りうゑん)

和泉國蜂田(はんだ)郡家原寺(いゑはらてら[やぶちゃん注:「ゑ」はママ。])の山のうへに、赤龍淵(しやうりうゑん)と云〔いふ〕石あり。徑(わた)り、七、八寸の穴あり。其中の水、旱天(かんてん)に涸(かれ)ず、霖雨(りんう)に溢(あふ)れず。また、旱魃の時、此石に雨を祈るに、驗(しるし)あらずといふ事なし。其傍(かたはら)に白龍淵といふ石あり。うへ、少し、窪めり。降(ふり)つゞく雨にも、一滴、たまらず。たゞ染入(しみいり)て消(きゆ)るがごとし。

[やぶちゃん注:「和泉國蜂田(はんだ)郡」これは現在の堺市西区家原寺町(えばらじちょう:旧家原寺(えばらじ)村)を含んだ地域の旧名と思われるが、そこは少なくとも公式な旧郡名ではなかったように思われるので、やや不審である。ウィキの「八田荘村」によれば、嘗て大阪府にあった八田荘(はったしょう)村は「和名類聚抄」などに見られる平安時代の古い郷の名である「蜂田(はちた)」から転じたものであるとし、『現在、氏神社は「はちた」、村名(地区名)は「はった(しょう)」、大字(町名)は「はんだ」と読み方がさまざまである』からである。或いはここは「蜂田郷」の沾涼の誤記かも知れない。ともかくも、ここに出る寺は現存し、真言宗一乗山院清涼院家原寺(えばらじ)と現在は呼称する((グーグル・マップ・データ))。ウィキによれば、『寺伝によると』、慶雲元(七〇四)年、かの名僧行基が自身の生家を『寺に改めたのに始まるとされ』、『かつては多くの子坊を有したが』、『兵火などで衰退した。江戸時代には田安家が帰依して寺領を与えられた』とある。公式サイトには、現在の『境内地は』二『万坪に及ぶ』が、『明治初年の廃仏毀釈で荒廃し、また』、『大戦後の農地解放で敷地や農地を失い』、その後、再建復興されて『現在にいたっている』とあること、公式サイト内にこの奇石の記載がないこと、航空写真を見るに東南方向に嘗て山があった痕跡があること等から考えて、ここにある「赤龍淵」(しやうりうゑん)」「白龍淵」という石は現存しない可能性が高いように思われる(ある場合はお教え願いたい。訂正する)。

「七、八寸」二十二~二十四センチメートル。

「霖雨」何日も降り続く雨。長雨。]

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 方頭魚 (イラ) | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 方頭魚 (シロアマダイ) »