フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之一 雷鳥 | トップページ | 諸國里人談卷之二 ㊂奇石部 息栖甁 »

2018/06/04

諸國里人談卷之一 三猿堂 / 諸國里人談卷之一~了

 

    〇三猿堂(さんゑんどう)

比叡山の三猿堂は、傳教大師天の不見(ふけん)・不聞(ふぶん)・不言(ふごん)を以〔もつて〕、三諦(さんたい)に表(ひやうし)て、土の猿を作り玉ふ。不見・不聞の和語を以、猿の形とす。又、申(さる)の字儀も有〔あり〕。

 見ずきかずいはざるまではつなげどもおもはざるこそつながれもせず

所々の庚申塚(こうしんづか)に、此形(このかたち)を祭るは、申(さる)のいひ也。 里人談一之終

[やぶちゃん注:これを以って「諸國里人談卷之一」は終わっている。

「比叡山の三猿堂」不詳。検索を掛けても、比叡山山内に「三猿堂」なる建物は見当たらない。私は比叡山に行ったことがない。識者の御教授を乞う。

「三諦(さんたい)」「さんだい」とも読む。天台宗で実相の真理を明かすものとして考えられた「空」・「仮(け)」・「中」の三つの真理。総ての存在は空無なものであるとする「空諦」、総ての事象は因縁によって存在する仮(かり)のものとする「仮諦(けたい)」、総ての存在は、空でも有でもなく、言葉や思慮の対象を超えたものであるとする「中諦」を指す。

「不見・不聞の和語を以、猿の形とす」意味不明。訓読の「みざる」「きかざる」と連体中止法の「ざる」から「猿」を掛けて当てたというのか? でも最後の「不言」もそれなら、「いはざること」で「いはず」ではあるまいよ。識者の御教授を乞う。

「申(さる)の字儀」十二支の記号としての「申」。

「申(さる)のいひ也」庚申信仰に於ける「庚申」は元来は日を指定するための干支の組み合わせによる記号に過ぎない。それを後世、動物に比喩した「猿」に当てただけのことである。中国の道教起源の庚申信仰には、本邦の土着の「塞の神」信仰、道祖神信仰、そこから生ずる相体道祖神の豊穣信仰、青面金剛信仰、三猿信仰など多数の集合が行われていることは言うまでもなく、加えて、場を同じくした江戸時代の無数の「講」集団の信仰部分も絡んで、非常に複雑な様相を呈している。]

« 諸國里人談卷之一 雷鳥 | トップページ | 諸國里人談卷之二 ㊂奇石部 息栖甁 »