フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十二年 出遊頻々 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 方頭魚 (アカアマダイ) »

2018/06/06

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 コダイ (キダイ 初めての「鯛」)

 

Kodai

 

棘鬣【コダイ ザヽメキ】

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。実に本巻子本の頭から数えて十八尾目にして、初め全体に「鯛」らしい形をしている魚図である。キャプションに大きく「棘鬣」とあるが、これは音で「キョクリョウ」(現代仮名遣)と読み、背鰭の棘条が鋭く目立つことから、「棘鬣魚」(きょくりょうぎょ)で「鯛」のことを指す(しかし、肝心の背鰭は棘条が刈り込まれてしまったようになっている。或いは魚屋が気を利かしたつもりで、丹洲(或いはこれは別人の魚譜の写本かも知れぬから別な博物学者か絵師)のもとの持って来た際、棘で先生が怪我しちゃいけねえ、ってんで実際に截ち切ってしまったものかも知れない。そんな風にいかにも背鰭が人工的にすっきり切られたような違和感があるのである)。但し、この図の魚、「鯛」らしくはあるが、所謂、正統真正のマダイ(条鰭綱スズキ目タイ科マダイ亜科マダイ属マダイ Pagrus major)などに比べると、どうも、顔つきがずんぐりむっくりしている。楕円形で体高が有意にある(実はマダイはもっとスマートである)点から、私は本図は、

スズキ目スズキ亜目タイ科キダイ属キダイ Dentex hypselosomus

ではないかと思う。にしても、真正のタイ科 Sparidae の種への同定は初めてであることに変わりがないのである。「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」の「キダイ」を見ると、地方名・流通名に「コダイ」があり、また、「ザサメキ」に近似したものに「メッキ」「メッキダイ」を見出せる。]

« 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十二年 出遊頻々 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 方頭魚 (アカアマダイ) »