フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 嶋遊 | トップページ | 諸國里人談卷之四 裏見滝 »

2018/07/16

諸國里人談卷之四 津志瀧

 

   ○津志瀧(つしだき)

安藝國山縣(やまがた)郡津志瀧の上に霊験の觀音あり。瀧の下に「潛石(くゞりいし)」とて、さし出〔いで〕たる石あり。瀧水、これにあたつて漲(みなぎ)り、浪を飛(とば)するに、參詣の人、傍(かたはら)に立(たつ)て、「滝水、とゞめ給へ」と喚(よばは)つて念ずれば、しばらくがほど、水、一滴も落(おち)ず。その間に、石の下を潛(くゞ)り、走り通るなり。是、大慈大悲の佛力(ぶつりき)奇なりといふべし。「念彼(ねんぴ)」の段に「波浪不能投(はらうふのうもつ)」とあるは、則(すなはち)、是なり。

[やぶちゃん注:「安藝國山縣(やまがた)郡津志瀧」これは現在の広島県山県郡北広島町中原龍頭山(りゅうずやま)のことではなかろうか? (グーグル・マップ・データ)。北広島町都志見(つしみ)の北境界外直近がピークである。滝は同山の南東麓のNAVITIME)に「津志瀧」ではないが、「駒ヶ滝」(名馬「摺墨」と「生喰(いけづき)」が育った地と伝承することに由来)という江戸時代から知られた名瀑があり、いろいろ調べてみると(ハイカーや登山サイトで複数確認)、この滝の背後には弘法大師所縁の洞窟があるとし、そこに(「津志瀧の上」ではないが)観音像があって、現在も滝を潜って参拝することまで突き止めたので、沾涼が言っているのはこの滝と考えてよいであろう。この話、柳田國男「一目小僧その他」の「隱れ里」に『廣島縣山縣郡都志見の龍水山に、駒ケ瀧一名觀音瀧と稱して高さ十二丈幅三丈の大瀧あり、其後は岩窟で觀音の石像が安置してあつた。始め瀑布の前に立つ時は水散じて雨の如く、近づくことは出來ぬが、暫くして風立ち水簾轉ずれは、隨意に奧に入り佛を拜し得る、之を山靈の所爲として居たさうである』と出る。柳田國男「一目小僧その他」 附やぶちゃん注 隱れ里 一〇を読まれたい。

『「念彼(ねんぴ)」の段』「観音経」の冒頭で掲げる「法華経」の「観世音菩薩普門品」の「偈)」の一節、「或漂流巨海 龍魚諸鬼難 念彼觀音力 波浪不能没(わくひょうるーこーかい りゅうぎょーしょーきーなん ねんぴーかんのんりき はーろうふーのうもつ)」を指す。――或いは大海原に漂い流され、龍や異魚や数多の鬼神の難に遭遇しようとも、かの観音の広大無辺の慈悲の力を念ずれば、大波浪といえども沈めることは出来ぬ。――の意。]

« 諸國里人談卷之四 嶋遊 | トップページ | 諸國里人談卷之四 裏見滝 »