フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 明恵上人夢記 77 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 雞(にはとり)(ニワトリ) »

2018/07/27

諸國里人談卷之五 ㊈氣形部 犬生ㇾ人

 

諸國里人談卷之五

 ㊈氣形部(きぎやうのぶ)

    ○犬生ㇾ人(いぬ、ひとにむまる)

和泉國堺の邊、淨土宗の寺に、白犬(しろいぬ)ありける。

二六時中、勤行の時節、堂の緣に來りて平伏する事、年(とし)あり。又、常に、修行者、大路にて念佛すれば、衣の裾にまとはり、おかしげに吠(ほへ[やぶちゃん注:ママ。])ける。

或(ある)師走(〔し〕わす)、餅(もち)を搗(つく)日〔ひ〕、餅をあたへければ、咽(のど)につめて死(しゝ)てけり。

和尚、あはれみて、戒名を授(さづ)け、念頃(ねんごろ)に吊(とむら)ひぬ。

一夜(あるよ)、住僧の夢に、かの犬、來て曰はく、

「念佛の功力(くりき)によつて、人間(じんかん)に生ず。門番人〔もんばんにん〕が妻(さい)にやどる。」

と。

はたして男子を産(うめ)り。

和尚、しかじかの事を親に示して、六、七歳の頃より、出家させけり。

聰明叡智にして、一(いつ)を聞(きゝ)て十を慧(さと)る。よつて、こよなふ大切に養育してけり。

此者、幼少より、餅をきらひて食(しよく)せざりける。

前生(ぜんしやう)の犬なりける事、誰(たれ)いふとなく、新發意(しんぼち)の中にて仇名(あだな)を、

「白犬〔しろいぬ〕」

とよびけるを、やすからず思ひて、十三歳の時、和尚に問(とふ)。

「我を『白犬』といふ事、何ゆへ[やぶちゃん注:ママ。]かくは侍ふやらん。此事、とゞめて給はれ。」

と云。

「わどの、餅をきらふゆへにこそ左(さ)いふなり。」

「しからば、餅を食(しよく)し侍らば、此難(なん)あるまじきや。」

「いかにもその事なるべし。」

「いざ、食ふべし。」

と、餅の日、膳にむかひけるが、用ある躰(てい)にて座を去りて、行方(ゆきかた)しらずなりぬ。

その所を求むれども、あへてしれざりき。

和尚、

「よしなき事をいひつるものかな。」

と、甚(はなはだ)後悔してげり。

常に手習ふ机のうへに、一首を殘せり。

 何となくわが身のうへはしら雲のたつきもしらぬ山にかくれじ

[やぶちゃん注:部立の「氣形」(きぎょう)とは生き物(動物)の意。なお、本条は物語性が高いので、読み易さを狙って、特異的に改行した。

「何となくわが身のうへはしら雲のたつきもしらぬ山にかくれじ」「うへ(上)」「しら雲」「たつ(立つ氣)」「山」は縁語、「しら雲」は「白雲」に「知ら」(それとなく気づいた)を掛け、「たつき」は「立つ氣」に「方便・活計(たつき)」(「手(た)付(つ)き」の意で、古くは「たづき」、中世以降に「たづき」「たつき」となり、現代では「たつき」)生きてゆくための手掛り・寄る辺)を掛ける。「じ」(①が「じ」で示されてある。③は「し」だが、和歌だから濁点がないのは普通)は打消推量・打消意志の孰れでも「隠れることはないだろう」「隠れまい」と意味の上ではおかしい。牽強付会するなら、こうなった上は(自分の前世が畜生の犬であったことを知ったからには)深山に隠れ住むなどという甘いことはするまい、誰にも逢うことのない別世界へ行く、命を絶つ、とでも解するか。或いは、前世で犬であった「わが身のうへ」は「何となく」私にも知れてしまった、犬畜生であった私は僧として生きてゆく「たつきも」最早、ない、即ち、犬であることを「しらぬ」人は最早いない、それは「かくれじ」、それを隠すことは、最早、出来まい、さればこそ、私はここを去って行く、とでも謂うものか。和歌嫌いの私には、よく判らぬ。]

« 明恵上人夢記 77 | トップページ | 和漢三才圖會第四十二 原禽類 雞(にはとり)(ニワトリ) »