フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 伐ㇾ櫻 | トップページ | 諸國里人談卷之四 物見松 »

2018/07/25

諸國里人談卷之四 大樹

 

    ○大樹

景行天皇十八年に、筑紫(つくし)の道の後(うしろ)の國に至り給ふ時に、倒れたる木あり。

長〔たけ〕、九百七十丈、百官、その木を蹈(ふみ)て徃來(おうらい)す。

天皇、問(とふ)て云〔いはく〕、

「是、何の木ぞ。」

一(ひとり)の老夫ありて曰(いは)く、

「此樹は櫪(くぬぎ)なり。昔、倒(たをれ[やぶちゃん注:ママ。])ざるのさき、旭(あさひ)の暉(かゝや)くにあたつては、則〔すなはち〕、杵島(きねしま)を隱し、夕日のかゝやくにあたつては阿蘇の山をかくしき。」【「日本紀」。】

○又、云〔いふ〕、昔、近江國栗本郡に大なる柞(はゝそ)の木あり。其圍(めぐ)り、五百尋(ひろ)あり。枝葉(しやう)、繁茂(しげくしげり)て、其木の影、朝(あした)には丹波にさし、夕〔ゆふべ〕には伊勢國にさす。されば滋賀・栗本・甲賀(かうか)三郡(ぐん)に蔭を覆ひ、日影あたらざれば、田畑の作物、熟せず。百姓、これを歎きて、此由を奏す。よつて、掃守宿禰(はきもりのすくね)に命じて、これを伐(きら)しむ。【「後堂」。】

[やぶちゃん注:読み易さを狙って、前半は特異的に改行した。世界樹として洋の東西を問わず、広汎に見られる巨木伝説の一つ。後段部分は「今昔物語集」巻三十一の「近江國栗太郡大柞語第三十七」)近江(あふみ)の國栗太郡(くるもとのこほり)の大柞(おほははそ)の語(こと)第三十七」に、

   *

 今は昔、近江の國栗太の郡に、大きなる柞の樹、生ひたりけり。其の圍(めぐり)五百尋也。然(しか)れば、其の木の高さ、枝を差したる程を思ひ遣るべし。其の影、朝(あした)には丹波の國に差し、夕(ゆふべ)には伊勢の國に差す。霹靂(へきれき)する時にも動(うご)かず、大風(おほかぜ)吹く時にも搖(ゆる)がず。

 而る間、其の國の志賀・栗太・甲賀(かうか)三郡の百姓、此の木の蔭に覆ひて日(ひ)當らざる故に、田畠(でんばく)を作り得る事、無し。此れに依りて、其の郡々(こほりこほり)の百姓等(ら)、天皇(てんわう)に此の由を奏す。天皇、卽ち、掃守(かにもり)の宿禰(すくね)□□等(ら)を遣して、百姓の申すに隨ひて、此の樹を伐り倒(たふ)してけり。然(しか)れば、其の樹伐り倒して後、百姓、田畠を作るに、豐饒(ぶねう)なる事を得たりけり。

 彼(か)の奏したる百姓の子孫、今に其の郡々に有り。

 「昔は此(かか)る大きなる木なむ有ける。此れ希有の事也。」となむ、語り傳へたるとや。

   *

と出る。「五百尋」は、人体尺で、両手を左右に広げ伸ばした長さを「一尋」(凡そ五~六尺)とする。ここは短い五尺をとると、百五十一・五センチメートルとなるから、七百五十七・五メートルとなる。また、「掃守の宿禰」宮内省に属した掃守寮(かにもりのつかさ)の役人。宮中の掃除・鋪設を担当した。古くは「かむもり」と訓じた。「宿禰」は古代の「八色(やくさ)の姓(かばね)」の一つ(第三位)。なお、この近江の巨木伝説は「古事記」の仁徳天皇の条を始めとして、異伝が頗る多い。

「景行天皇十八年に……」「日本書紀」景行天皇十八年[やぶちゃん注:単純西暦換算八八年。]七月甲午[やぶちゃん注:四月。]の条に、

   *

秋七月辛卯朔甲午。到筑紫後國御木。居於高田行宮。時有僵樹。長九百七十丈焉。百寮蹈其樹而往來。時人歌曰、

阿佐志毛能 瀰概能佐烏麼志 魔幣菟耆弥 伊和哆羅秀暮 彌開能佐烏麼志

爰天皇問之曰、「是何樹也。」。有一老夫曰、「是樹者歷木也。嘗未僵之先。當朝日暉、則隱杵嶋山。當夕日暉、亦覆阿蘇山也。」。天皇曰、「是樹者神木。故是國宜號御木國。」。

   *

歌は、

あさしもの みけのさをばし まへつきみ いわたらすも みけのさをばし

(朝霜の御木(みけ)のさ小橋(をばし)群臣(まへつきみ)い渡らすも御木のさ小橋)

「櫪(くぬぎ)」ブナ目ブナ科コナラ属クヌギ Quercus acutissima。漢字表記は「櫟」「椚」「橡」「栩」「功刀」等。和名語源説は「国木(くにき)」とも言われる。

「九百七十丈」二千三百九十四メートル。

「杵島(きねしま)」肥前国(佐賀県)にあった杵島郡(きしまぐん)。現在の佐賀県西部武雄市(たけおし)附近一帯。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「近江國栗本郡」旧栗太(くりた)郡。誤りではなく、「和名類聚抄」などでは「栗本郡」とも記されており、当初は「くりもとぐん」と呼ばれていたが、やがて「くりたぐん」と変化した。古代には近江国府が郡内の勢多(瀬田)に置かれた。現在の草津市・栗東市の全域・大津市の一部・守山市の一部に相当する。旧郡域(但し、明治期)は参照したウィキの「栗太郡」を見られたい。

「柞(はゝそ)」小学館「日本大百科全書」によれば(幾つか私が追記した)、コナラ(ブナ目ブナ科コナラ属コナラ Quercus serrata)の古名とも言うが、古くはナラ類(ブナ目ブナ科コナラ属 Quercus に属する前種コナラを含めた、本邦産種であるクヌギ Quercus actissima・ナラガシワ Quercus aliena・ミズナラ Quercus crispula・カシワ Quercus dentata・アベマキ Quercus variabilisの総称ともされる。「万葉集」に「山科の石田(いはた)の小野(をの)の柞原(ははそはら)見つつか君が山道(やまぢ)越ゆらむ」(巻第九・藤原宇合(うまかい)・一七三〇番)と詠まれ、のちにこの「石田(いしだ)のははそ原」は歌枕となり、また「ははそ葉の」は「母」の枕詞となった。「古今和歌集」では、とくに「佐保山」の景物として類型化し、「秋霧は今朝はな立ちそ佐保山の柞(ははそ)の紅葉(もみぢ)よそにても見む」(前書「是貞のみこの家の歌合のうた」・よみ人しらず・巻第五 秋歌下)などと詠まれた。「源氏物語」の「少女(をとめ)」の帖では、六条院の冬の町の御殿に植えられた様子が描かれ、「更級日記」には「ははその森」という紅葉の名所が挙げられてある。

「後堂」不詳。識者の御教授を乞う。]

« 諸國里人談卷之四 伐ㇾ櫻 | トップページ | 諸國里人談卷之四 物見松 »