フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之八 草之四 黑ノリ (ウップルイノリ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 鮫皮苔(サメノリ) (フダラク?) »

2018/07/06

大和本草卷之八 草之四 經ノヒモ

 

【和品】

經ノヒモ 昆布ニ似テ小也廣二三寸長五六寸ハカリ

 食スレハ脆ク味ヨシ醋ミソニテ食ス

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

「經ノヒモ」 昆布に似て小なり。廣さ、二、三寸。長さ、五、六寸ばかり。食すれば、脆く、味、よし。醋〔す〕みそにて食す。

[やぶちゃん注:「經の紐」は「キヤウノヒモ(キョウノヒモ)」で、現在の和名もそのままに、紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目ムカデノリ科マタボウ属キョウノヒモ Polyopes lancifolius である。「千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場」の「海藻海草標本図鑑」によれば、『からだは扁平で被針形。基部付近は細い円柱状の茎状となる。分枝はするものもしないものもある。生長した個体では縁辺や体表面から小枝をマット状に密生するようになる。細胞層は皮層に小さな球形の細胞が多数並び,皮下層にやや大きな細胞が並ぶ。髄層は糸状細胞からなる。手触りは若い個体では柔らかで滑らかだが』、『老成した個体では軟骨質になり弾力を持つようになる。生体は黄色がかった紅色〜暗紫紅色。押し葉標本は台紙につかない。似たものとしてヒラムカデ』(ムカデノリ科ムカデノリ属ヒラムカデ Grateloupia livida)『やムカデノリ』( ムカデノリ属ムカデノリ Grateloupia asiatica)『があるが』、『ヒラムカデは小枝が少なく』、『押し葉標本は台紙につき』、『ムカデノリは』『表面からの小枝はもたず』、『基部付近に円柱状の部分がみられない。ただし』、『これらは非常に形態変異が激しく』、『小枝をほとんど持たないキョウノヒモや』『細かく分岐したヒラムカデなど』、『典型種とかけはなれたものも多く』、『形態からの判断が非常に難しい事がよくある』とある。田中次郎著「日本の海藻 基本284」(二〇〇四年平凡社刊)によれば、『和名は江戸時代初期には見られるが、由来ははっきりしない』とある。

「昆布に似て」ません!]

« 大和本草卷之八 草之四 黑ノリ (ウップルイノリ) | トップページ | 大和本草卷之八 草之四 鮫皮苔(サメノリ) (フダラク?) »