フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 八橋杜若 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(46) 社會組織(Ⅱ) »

2018/07/25

諸國里人談卷之四 宮城野萩 / 卷之四~了

 

    ○宮城野萩(みやぎのゝはぎ)

奧州宮城野の萩は、木萩(こはぎ)にて灌木のごとく、尋常(よのつね)の草萩とは異に(こと)して、弓などに作る木也。又、「本〔もと〕あら木萩〔こはぎ〕」といふは、梢に靑き枝生(おひ)て、その枝に花さくゆへ[やぶちゃん注:ママ。]、「本のあらはなる」と云〔いふ〕事也。

 宮城ゝ本あら木萩露おもみ露をまつごと君をこそまて

むかし爲仲といふ人、みちのくの任(にん)なりけるが、任はてゝ登られける時、宮城の萩を長櫃十二合に入〔いれ〕て登りければ、京入(きやういり)の日、二條大路に、人、おほくあつまり、車、あまた、立〔たち〕たると云々。

  國里人談四之終

[やぶちゃん注:ここは「宮城野」の比定地を私の譚海 卷之二 仙臺宮城野萩の事で、まずは参照されたい。そこで私は若林区の北に接する現在の宮城野区の仙台市街の中心にある榴ケ岡(つつじがおか)辺りから東及び南に広がる平野部で、この国分寺周辺域までの内陸平原一帯が原「宮城野」原であると考えてよいとした。また、ここで言う「宮城野」の「萩」は、通常のマメ目マメ科マメ亜科ヌスビトハギ連ハギ亜連ハギ属 Lespedeza である。「宮城野萩」という和名を持ち、宮城県の県花にも指定されている萩の一種、ハギ属ミヤギノハギ Lespedeza thunbergii なる種が存在するが、本種は宮城県に多く自生はするものの、近代になって歌枕の宮城野の萩にちなんで命名されたものであるから、本種に比定することは出来ない。特に本邦に自生するハギ類で我々が普通に「萩」と呼んでいるものはハギ属ヤマハギ亜属(模式種ヤマハギLespedeza bicolor。芽生えの第一節の葉がハギ亜属では互生し、ヤマハギ亜属では対生する違いがある)のものである旨の記載がウィキの「ハギ属」にはある。ここで「木萩」と言っている「灌木」のような、優位に木部の太いものは、マメ科ハギ属キハギ Lespedeza buergeri を指すか。舎」サイト「木のぬくもり 森のぬくもりの「キハギ」を見られたい。沾涼の「本〔もと〕あら木萩〔こはぎ〕」の意味も花の写真で納得出来るし、分布は本州・四国・九州。中国及び朝鮮とあり、写真を見るとシッカリガッチリ「木」してて「弓」にも作れそう!]

« 諸國里人談卷之四 八橋杜若 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(46) 社會組織(Ⅱ) »