フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 スミヤキダイ 石ダイノ類 (不明) | トップページ | 帝銀事件 »

2018/07/12

栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 ヱゴダイ (コショウダイ? コロダイ?)

 

ヱゴダイ

 

Egodai

 

[やぶちゃん注:国立国会図書館デジタルコレクションのこちら(「魚譜」第一軸)の画像の上下左右をトリミングして用いた。体が膨らまずに側偏して見えること、背鰭と尾鰭の小さな暗色斑が散在すること(これが和名の胡椒鯛の由来)、眼の位置が上吻より有意に高い位置にあることから

スズキ目スズキ亜目イサキ科コショウダイ属コショウダイ Plectorhinchus cinctus

を考えたが、決定打の体側にあるはずの三本の灰色の斜走帯がないのがダメだ。しかし、「WEB図鑑」の「コショウダイの解説に『背鰭と尾鰭が黄色味を帯びることがある。また、稚魚では体が茶色』いとあるのは、あってるじゃないか! 「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」の「コショウダイの異名欄に「エゴダイ」もあるぞ! と力づいてきた。そこでふと、この図、見たことがある気がして、「彩色 江戸博物学集成」(一九九四年平凡社刊)を開いて見たら、あった! 田中誠氏(東京衛生局)の「栗本丹洲」のパートの図(百九十八ページ)に載っていた。キャプションを見るとおう! 『コショウダイ?』とあった! と……ここで悠然と「コショウダイ?」で標題しようと思ったのだが、ここで今度は「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」の「コショウダイに『コロダイと呼び名などで混同があり、コロタイ、コロダイと呼ぶ地域がある。またコロダイをコショウダイという地域もある』という一文が眼に入ってしまった。そこで「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」の「コロダイ」を見た。コロダイも「エゴダイ」の異名がある!

スズキ目スズキ亜目イサキ科コロダイ属コロダイ Diagramma picta

だ……『側扁し、灰青色に黄色い斑文が散らばる』とあるし……なんか、似てる!……「WEB図鑑」の「コロダイ」も見る……トップの写真! 似てるし!……縞いらねえし!……うへ~! 二種候補併記で手打ち!]

« 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 スミヤキダイ 石ダイノ類 (不明) | トップページ | 帝銀事件 »