フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 錢掛松 | トップページ | 諸國里人談卷之四 無ㇾ澁榧 »

2018/07/23

諸國里人談卷之四 枝分桃

    ○枝分桃(ゑだわけもゝ)

安藝國新庄村と佐東(さとう)村の界(さかい)に大木の桃、一樹あり。南は新庄、北は佐東なり。此桃、佐東のかたへさしたる枝の桃は苦く、新庄のかたへさしたる枝は甘美なり。土人(ところのひと)の云〔いはく〕、「むかし、弘法大師、佐東にて桃を乞(こひ)給ふに、『此桃は甚(はなはだ)苦し。人のくらふにはあらず』と云〔いへ〕り。新庄にて乞給へば、『甘美なり』とてまいらせける、となり。故に一木に甘苦の味ひあり」とぞ。

[やぶちゃん注:弘法大師伝承にしては、これ、ショボい。佐東の側の桃を甘く変じせしめてこそ、でっしょうが!? この話、本邦の植物病理学の開拓者である白井光太郎(みつたろう)の名著「植物妖異考」(大正三(一九一四)年甲寅(こういん)叢書刊行所刊)の「上」に、本「諸國里人談」の本条を引いた上で優れた植物学的考証を添えて考証が載る(国立国会図書館デジタルコレクションの画像のと次のページで視認出来る)。必見! そこで白井氏は桃の木の寿命から考えると、原木の実存はあり得ないとしつつも、『已ニ幾十代ヲ經タル子孫ナルコト疑ナシ、其子孫ニ代々斯ノ如キ特種ヲ遺傳セリトセバ、珍ラシキ樹ト云フベシ』と述べ、そうした遺伝でないとするなら、方向の違いによって甘苦が生ずるのは、日射量の違いによって、北の枝は温度不足のために充分な成熟が行われなかったことがまず考えられ、また、『寄生菌ノ爲ニ犯サレタルガ爲ニ苦味ヲ生スルコトモアラン』とされ、そうでなかったとしても、『接木』(つぎき)『ニヨリ一本ニ甘苦ノ果實ヲ生セシムルコト容易ナリ、其他ニハ芽ノ變性ニ由ル所謂枝變リナルモノト考フルヲ得ベシ、桃ニ就テノ記錄ハ見ザレドモ、柿ニ就テハ』「柿品」という書に記事があるとしてさらに続けて解説しておられる。白井先生の怪奇談を聴き捨てにしない、真摯な科学的考察に脱帽!!!

「安藝國新庄村と佐東(さとう)村の界(さかい)」広島県広島市西区新庄町と広島市安佐南区の間と思われる。中央附近(グーグル・マップ・データ)。]

« 諸國里人談卷之四 錢掛松 | トップページ | 諸國里人談卷之四 無ㇾ澁榧 »