フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 妙國寺蘇鉄 | トップページ | 諸國里人談卷之四 宮城野萩 / 卷之四~了 »

2018/07/25

諸國里人談卷之四 八橋杜若

 

    〇八橋杜若(やつはしのかきつばた)

三河國碧海郡(へきかいの)八橋山(やつはしさん)無量寺の杜若は、世に聞(きこ)たる名草なり。此杜若は四葩(よひら)にして燈臺の蛛手(くもで)のごとし。「水行(ゆく)川の蛛手」といふは僻(ひが)事也。蛛手は流(ながれ)の事にあらず。花形(くはぎやう)の名なり。

[やぶちゃん注:

「八橋山(やつはしさん)無量寺」誤り。愛知県知立市八橋町寺内にある臨済宗八橋山(やつはしさん)無量壽寺(グーグル・マップ・データ)。寺伝によれば、慶雲元(七〇四)年に慶雲寺として別な場所に創建され、弘仁一二(八二二)年には密円が現在地に移転させて、真言宗無量寿寺として整備したとされる。参照したウィキの「無量寿寺知立市によれば、境内には『在原業平を追って想い叶わずに自殺したとされる小野篁の娘杜若を祀る』「杜若姫供養塔」や『荻生徂徠の弟子が在原業平の逸話を書き付けた』「亀甲碑(八橋古碑)」があるとある。

「杜若」八橋地区は古来から知られるカキツバタ(単子葉植物綱キジカクシ目アヤメ科アヤメ属カキツバタ Iris laevigata)の名勝地で、かの花札の五月の十点札「菖蒲と八ツ橋」(「杜若に八ツ橋」とも)は当地がモデルであり、京銘菓「八ツ橋」は一説には、この八橋に因むとされる、とウィキの「無量寿寺知立市にある。知られた「伊勢物語」第九段を引いておく。

   *

 むかし、男(をこと)ありけり。その男、身を要(えう)なきものに思ひなして、

「京にはあらじ、あづまの方に住むべき國求めに」

とて、行(ゆ)きけり。もとより友とする人ひとりふたりして行(い)きけり。道知れる人もなくて、まどひ行(い)きけり。

 三河の國、八橋といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋とはいひける。その澤のほとりの木の蔭に下(お)りゐて、乾飯(かれいひ)食ひけり。その澤に、かきつばた、いとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、

「『かきつばた』といふ五文字(いつもじ)を句の上(かみ)にすゑて、旅の心をよめ。」

と言ひければ、よめる、

 からころも着つつなれにしつましあれば

   はるばる來ぬる旅をしぞ思ふ

とよめりければ、みな人、乾飯の上(うへ)に淚おとして、ほとびにけり。

   *

業平は天長二(八二五)年生まれで元慶四(八八〇)年没であるから、本寺は現在地に既にあったし、東国下りのルート上として問題はないから、このロケーションがこの寺の直近であったと考えることには無理はないと思われる。なお、本「諸國里人談」の刊行(寛保三(一七四三)年)から七十九年後のこととなるが、文化九(一八一二)年に方嚴賣茶(ほうがんばいさ)翁によって無量壽寺の再建が行われた際、同時に「杜若庭園」も完成したとウィキの「無量寿寺知立市にはある。

「四葩(よひら)」四弁。外花被片(前面に垂れ下がった花びら)を指す。

「燈臺の蛛手(くもで)」屋内の照明用の灯台は、平安以降、円型の台に長竿(ながさお)を立てて、その先端に「蜘蛛手」という四方に放射状に広がった小さな木製の支え板をつけて、灯明皿を置くようになった。沾涼の薀蓄はそれなりに成程とは思わせるが、世に聞えた「伊勢物語」の名にし負う「蜘蛛手」が、水の四方への分流を指しているのを当たり前として語らずに、かく知ったようなことを断定して言うのは、イヤな感じの糞俳諧師という感じがしてくるのは私だけか?]

« 諸國里人談卷之四 妙國寺蘇鉄 | トップページ | 諸國里人談卷之四 宮城野萩 / 卷之四~了 »