フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之一 塩の井 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十七章 變異性の研究(二) 二 溫度による變異 »

2018/07/13

諸國里人談卷之四 塩泉

 

    ○塩泉(しほのいづみ)

下野國日光山の北、七、八里がほどに栗山(くり〔やま〕)と云〔いふ〕溫泉あり。此所の山に少しの洞(ほら)あり。此滴(したゝ)り潮(しほ)水也。燒(やか)ずして、その儘に食物(しよくもつ)につかふに、味ひ、燒(やき)たる塩のごとし。弘法大師の加持ありし所と云り。此所は至極の山中にて、海邊(うみべ)へは四日路(ぢ)を過〔すぎ〕たり。米穀の貧しき所也。

此溫泉は諸々の痔の病ひを治(ち)す事、神變なり。

[やぶちゃん注:塩泉連投。前条でも紹介した「たばこと塩の博物館だより」の同館学芸員高梨浩樹氏の第十五回『「移動」をともなわない塩適応(その2)』に、『栃木県塩谷郡栗山村』(現在の日光市栗山。(グーグル・マップ・データ)。東照宮の北山間部、湯西川の南)として、松浦静山の「甲子夜話」に『「塩泉の水を食物に用いれば焼塩と変わらない味だという」と記述があ』り(甲子夜話電子化注手掛てお、全巻所持するが、膨大な量なので当該項は今は探さない。判ったら、ここで追加して電子化する)、「諸国里人談」にも『この塩泉は「焼かずにそのまま調理に使っても、甘い焼き塩のようだ」と記述がある』と本条が紹介されてある。しかし、ここでの製塩については、少なくともネット上ではロクな記載は見当たらない。今のうちに採話しておかないと、永久に謎になりそうな気がする。]

« 諸國里人談卷之一 塩の井 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十七章 變異性の研究(二) 二 溫度による變異 »