フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十二 原禽類 雞(にはとり)(ニワトリ) | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十九章 自然に於ける人類の位置(一) 序・一 人體の構造及び發生 »

2018/07/28

諸國里人談卷之五 源五郞狐【小女郞狐】

 

    ○源五郞狐【小女郞狐】

延寶の頃、大和國宇夛(うた)に「源五郞狐」といふあり。常に百姓の家に雇はれて農業をするに、二人三人のわざを勤む。よつて民家(みんおく)これをしたひて招きける。何國(いづち)より來り、いづれへ歸るといふを、しらず。或時、関東の飛脚に賴まれ、片道十餘日の所を、往來、七、八日に歸るより、そのゝち、度々徃來しけるが、小夜(さよの)中山にて、犬のために死せり。首にかけたる文箱(ふばこ)を、その所より大和へ屆けゝるによりて、此事を知れり。又、同じ頃、伊賀國上野の廣禪寺といふ曹洞宗の寺に、「小女郞狐(こじよらうきつね)」といふあり。源五郞狐が妻なるよし、誰(たれ)いふとなく、いひあへり。常に、十二、三ばかりの小女(しようぢよ)の㒵(かたち)にして、庫裏(くり)にあつて、世事(せじ)を手傳ひ、ある時は野菜を求めに門前に來(きた)る。町の者共、此小女、狐なる事をかねて知る所也。晝中(はくちう)に豆腐などとゝのへ歸るに、童(わらべ)ども、あつまりて、「こぢよろ、こぢよろ」と、はやしけるに、ふり向〔むき〕て莞爾(ほゝゑみ)、あへてとりあへず。かくある事、四、五年を經たり。其後(そののち)、行方(ゆくかた)しらず。

[やぶちゃん注:「莞爾(ほゝゑみ)」これは①のルビ。③では「につこりし」とルビする。

「延寶」一六七三年から一六八一年まで。

「大和國宇夛(うた)」「宇多」であるが、これは奈良県宇陀(うだ)郡。現存(曽爾(そに)村・御杖(みつえ)村)するが、旧郡は二村に現在の宇陀市の大部分を加えた広域。この辺り(グーグル・マップ・データ。宇陀郡の西に斜めに宇陀市は広がる)。

「小夜(さよの)中山」静岡県掛川市佐夜鹿(さよしか)にある峠。標高二百五十二メートル。ここ(グーグル・マップ・データ)。

にて、犬のために死せり。首にかけたる文箱(ふばこ)を、

「伊賀國上野の廣禪寺といふ曹洞宗の寺」三重県伊賀市上野徳居町に現存。(グーグル・マップ・データ)。先の現宇陀郡辺りから概ね三十キロメートル北に当たる。]

« 和漢三才圖會第四十二 原禽類 雞(にはとり)(ニワトリ) | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第十九章 自然に於ける人類の位置(一) 序・一 人體の構造及び發生 »