フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 有馬毒水 | トップページ | 明恵上人夢記 67 »

2018/07/17

諸國里人談卷之四 高野の毒水

 

    ○高野の毒水(こうやのどくすい)

紀州高野山上に「玉川」と云〔いふ〕あり。此水に毒あり。傍(かたはら)に碑を立

               弘法大師

 わすれても汲やしつらん旅人の高野の奧の玉川の水

[やぶちゃん注:伝承では、高野山奥の院に向かう川(御殿川(おどがわ)の支流。(グーグル・マップ・データ))は上流には毒虫が多いため、水が毒化するからとされてきたが、聖カタリナ大学玉井建三教授二〇〇四年十二月二十二日の亜細亜大学アジア研究所第5回研究会の記録「玉川の文化環境 六ヶ所ある玉川を中心にして」によれば、古来の名数六玉川の内、『高野玉川だけは他の』五『つの清流とは異なり、辰砂(赤色硫化水銀)』(HgS)『が採れる毒水の流れる川である。高野山の開祖弘法大師が水銀の製法を中国からもたらし、辰砂を産する高野山を丹生族(にうぞく)からゆずりうけたのもアマルガムを作る水銀が目的ではなかったか。弘法大師が四国に足跡を多く残しているのも、中央構造線上に辰砂が多く産するからではないか。愛媛県の玉川町の鈍川(にぶかわ)も丹生川がなまったものと考えられる』。『先生は実際に辰砂とベンガラ(酸化鉄)のサンプルを持参された。色は鈍い赤茶色であるが、辰砂の比重はベンガラの』二『倍はあろうか』、『ズッシリと重い』とある。検索をかけたが、この石碑は現存しないか?

「わすれても汲やしつらん旅人の高野の奧の玉川の水」「風雅和歌集」(南北朝時代の勅撰和歌集(勅撰集第十七番目)。全二十巻。正平三/貞和四(一三四八)年頃完成)の「巻大十六の「雜歌 中」に弘法大師作として載る一首(一七七八番)、

   高野の奥の院へ參る道に、玉川といふ

   河の水上(みなかみ)に毒蟲の多かり

   ければ、此の流れを吞むまじきよしを

   しめしおきて後、詠み侍りける

 わすれても汲みやしつらん旅人の高野のおくの玉川の水

であるが、完全な偽作。Q&Aサイトの回答に、目から鱗の解説が載るので引用させて戴く。『空海の時代の和歌のスタイルではない。その上、二句のところ、後の世代の人に警告を発する意味なのだから、「くみやせむ」(汲んでしまうだろうか)と言うべきであるのに、(和歌の文字数の関係で)そうは言いにくいので、「しつらむ」と言ったのであろうが、この言葉は適切でない。「しつらむ」は「汲んだのだろうか」と過去を振り返る言い方だからである。どうして「くみやしぬべき」(汲んだりすることがあるべきだろうか、あってはならない)などと詠まなかったのだろうか。一般に、「べき」「べし」と言うべきことを知らないで、当然「べき」「べし」を使うべきところを「らむ」と言うのは、後世の人がよくやることである。この歌は風雅集に掲載されていて、その詞書に「(高野の奥の院へまゐる道に、玉川といふ河の水上に毒虫おほかりければ)此流を飲まじきよしをしめしおきて後よみ侍りける」とあるのは、「しつらむ」という言葉がおかしいから、無理矢理(この歌の意味が通じるように読み手を)助けようとして、このように書いてあるのに違いないけれども、この歌の本来の意味は、警告を発して後に詠んだということではない。この歌の詠み手が言いたかったのは「これから後、もしかしたら汲んでしまうだろうか」という意味だったのだ』。]

« 諸國里人談卷之四 有馬毒水 | トップページ | 明恵上人夢記 67 »