フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 印杦 | トップページ | 諸國里人談卷之四 大竹 »

2018/07/23

諸國里人談卷之四 観音寺笹

 

   ○観音寺笹(くわんのんじのさゝ)

三河國保飯(ほいの)郡、小松原観音寺の本尊は馬頭観音にて、行基菩薩の作也。毎年二月初午に此山に入て、參詣の人、隈笹(くまざゝ)を得て歸る也。馬の煩(わづらへ)る時、御影(みゑい[やぶちゃん注:ママ。])を厩(むまや)に呈し、この笹を飼(か)ふに、忽(たちまち)、癒(いゆ)る事、奇なり。又、南海を渡る舩、此堂の前を過(すぐ)る時、帆を下(さげ)ざれば、敢(あへ[やぶちゃん注:ママ。])て、難あり。よつて、もろ船、ともに帆を下(さげ)る也。

[やぶちゃん注:後半の帆云々は寺の前を畏れ多く通る船として敬意を表するということであろう。帆前船は或いはそれで動けなくなることもあろうはずであるが、そこは馬頭観音の法力によって順調に渡れるとならば、誰もが素直に敬虔に帆を下ろしたということであろうか。

「三河國保飯(ほいの)郡」三河国(愛知県)「寶飯郡」の誤りであろう。但し「寶飯」も誤認で、本来は「寶飫(ほお)」であった。

「小松原観音寺」現在の愛知県豊橋市小松原町坪尻(渥美半島の根の東岸。遠州灘の沿岸)にある臨済宗小松原山東観音寺(とうかんのんじ)。本尊は馬頭観音菩薩。ここ(グーグル・マップ・データ)。ウィキの「東観音寺」によれば、寺伝では天平五(七三三)年に『行基によって開かれたとされる。かつては真言宗の寺院であったが、その後』、『現在の臨済宗に改められたという。江戸時代に入ると徳川家から寺領を寄せられ、江戸時代には多くの末寺を有していた』。正徳六(一七一六)年に『現在地に移されたという』とあるが、本「諸國里人談」は寛保三(一七四三)年刊であるから、ロケーションに問題はない。]

« 諸國里人談卷之四 印杦 | トップページ | 諸國里人談卷之四 大竹 »