フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 入梅井 | トップページ | 諸國里人談卷之四 浮嶋 »

2018/07/16

諸國里人談卷之四 念佛池

 

    ○念佛池(ねんぶついけ)

美濃國谷汲(たにぐみ)と坂下(さかのした)との間に小〔ちさ〕き池あり。渡せる橋を「念佛橋」といふ。池の中に石塔あり。誰人(たれ〔ひと〕)の立〔たて〕たるといふをしらず。往來(ゆきゝ)の人、橋のうへにして、石塔にむかひ、念佛すれば、水面(すいえん)、玉のごとく、「沸々(ぶつぶつ)」と涌(わく)がごとくに泡だちて、鳴(なる)也。しづかに念佛すれば、しづかに泡立(あはだち)、責念佛(せめねんぶつ)を申せば、聲に應じて、その泡、多く立(たつ)なり。よつて「念佛池」といふ也。

[やぶちゃん注:「美濃國谷汲(たにぐみ)と坂下(さかのした)との間」鬼丸鬼丸のブログ根陣屋跡揖斐川町) 「巡拝」の記事によって現存することが視認出来たのであるが、場所が判らない。グーグル・ストリートビューでここと思しいところをうろつくうち、遂に発見した! (グーグル・マップ・データ)! 鬼丸氏の説明板(揖斐川町商工会谷汲支部)の写真から電子化する。傍点「●」は太字とした。

   *

 念仏池(揖斐川町谷汲名礼)

花山天皇が西国三十三番を巡礼せられた時、谷汲山に詣られ帰り道で当所に休んで念仏を唱えられていると、その地から水が湧きでてきました。

そして法皇の念仏に仏・仏を和しました。この故事により念仏池と呼びその中に地蔵様を祀る、お堂を造りました。現在も地域住民は毎年八月地蔵様のお祭りを行っています。

渇水時もこの池の水は満々と堪えられていて[やぶちゃん注:「堪」は「湛」の誤字であろう。]農業用水に利用されています。

   *

地名「名礼」は「なれ」と読む。

「責念仏」鉦を鳴らしながら高い声で急調子に唱える念仏。「せめねぶつ」とも呼ぶ。]

« 諸國里人談卷之四 入梅井 | トップページ | 諸國里人談卷之四 浮嶋 »