フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ・アクセス百十一万突破記念 梅崎春生 井戸と青葉 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 スミヤキダイ (オオクチイシナギ) »

2018/07/12

譚海 卷之二 安永八年八月江戸幷日光山大雨風洪水の事

 

安永八年八月江戸幷日光山大雨風洪水の事

○安永八年八月廿五日、大雨風洪水、其夜神田和泉橋落(おち)たり。目白下の水道の懸樋(かけひ)の岸二十間ほど崩(くずれ)たるに樋の口埋(うづま)る。仍(よつ)て樋の口を掘出(ほりいだ)す際、井の頭水筋(みづすぢ)に付(つけ)たる江戸の水道通ぜず。廿日餘り井の水に渇し、日々本所より水をくむ事にて、兩國橋の上(うへ)乾く事なし。同時下野日光山大風雨にて、御宮御修覆御用に登山(とうさん)致居(いたしを)られし、山口忠兵衞と云(いふ)人の居(をる)小屋のうしろにある大木、根よりぬけいで小屋へ倒れかゝり、右忠兵衞主從三人、鼠のをとしにひしがれたる如く暴死(ぼうし)す。中禪寺の稻荷の社、風に卷去(まきさ)られて行方(ゆくゑ)を知らず。中禪寺より初石邊まで往還の道、杉の葉にて埋(うづま)り、道みえぬ程也。日光開闢已來未曾有の大風と申(まうし)あへり。又天明元年七月十二日、江戸大風雨にて、翌十三日洪水、新大橋・永代橋を押流(おしなが)し、淺草新堀ばた水入(みづいり)、家の床(ゆか)を浸し、三味線堀邊は下谷(したや)御步行町(おかちまち)幡隨院店(ばんずゐんだな)のあたりまで水あふれ來り、四五日の間往來のもの脚(あし)の三里まで水にひたり、潮(しほ)のさしくる時殊にふかく成(なり)て難儀せり、新吉原土手むかふ、洪水海の如く、大門の内へ水おし入らんとせしが、衣紋坂(えもんざか)きれざるによりて幸(さひはひ)に無難なる事なり。

[やぶちゃん注:サイト「防災情報新聞」に、安永八年八月二十四~二十五日(グレゴリオ暦一七七九年十月三日~四日)にかけて、東海を中心に関東・東北で暴風雨・洪水があった記録が載る(太字下線は私が附した)。

   《引用開始》

 台風によるものか、東海地方を中心に、関東、東北にかけて暴風雨になった。

 林春齋が編集した歴史書「続日本王代一覧」によれば、929日(旧暦820日)から大雨が連日降り続き、103日~4日(824日~25日)になると暴風雨となり、羽州(山形県)米沢、奥州(岩手県)盛岡、同(宮城県)仙台、常陸(茨城県)、下野(栃木県)、上総(千葉県)の各地の河川が氾らんし洪水となる4日(旧25日)江戸では、神田川が氾らんして和泉橋が落ち、目白下の水道の掛樋の堤が20間(約36m)ほど崩れて、小日向、水道町の道路が5尺(1.5m)ほど冠水した(武江年表)

 中でも東海地方の被害は大きく、三州(愛知県)岡崎では大洪水となり“城下近郷の民家ことごとく漂流”し、40万石余の収穫に相当する田畑が水没したという。ほとんど全滅である。[やぶちゃん注:以下、略。]

   《引用終了》

「神田和泉橋」(グーグル・マップ・データ)。

「目白下の水道」神田上水の取水口であった目白下大洗堰。東京都立図書館によれば、『井の頭池や善福寺池などから引かれた水が、この堰で』二つに分かれ、『上水として必要な分は水戸徳川家の御屋敷に送り、その後地下を通って江戸中に配水され、余った水はここで江戸川に落とされた』とあり、『この設備が設けられたのは三代将軍・家光の時代で』あったとある。リンク先では斎藤長秋(ちょうしゅう)編・長谷川雪旦画の「江戸名所図会」(天保五(一八三四)年~天保七(一八三六)年刊)第四巻の「目白下大洗堰」の挿絵が見られる。 (グーグル・マップ・データ)にあった。

「二十間」三十六メートル三十六センチ。

「山口忠兵衞」不詳であるが、小杉放菴記念日光美術館作成「日光歴史年表」に、元和六(一六二〇)年六月に『山口忠兵衛常信が日光目代となる』とある(寛永八(一六三一)年七月二十六日に『山口忠兵衛が没』ともある)から、この人物の後裔であろうと思われる。因みに、同年表のこちらで、この大災害のあった三ヶ月後の同安永八(一七七九)年十一月十三日、『日光山の諸堂社の修復が成り、正遷宮・正遷座』とあるから、それがせめてもの、この「山口忠兵衞」ら三名への手向けととなったものとは思う。

「鼠のをとし」「鼠落とし」で鼠取り。餌を食うと重量のある上乗せが落下して圧殺するタイプのものか。

「暴死」頓死。急死。

「初石」不詳。或いは、思うのは中禅寺湖畔の東端にある「巫石(みこいし)」の崩し字を誤って読んだものか? (グーグル・マップ・データ)なら、南へ中禅寺への参道が続くからである。「巫石」については諸國里人談卷之二 巫石を参照されたい。

「天明元年七月十二日、江戸大風雨」グレゴリオ暦一七八一年八月三十一日。このクレジットの記録は見つからなかったが、多摩川がこの年、享保以来の大洪水を起こしていることが、きゅーサイト「あばれ多摩川発見紀行年表で判る。

「新大橋」隅田川に架橋された三番目(①千住大橋・②両国橋)の橋で、「大橋」と呼ばれた両国橋に続く橋ということで「新大橋」と名づけられた。(グーグル・マップ・データ)。

「永代橋」隅田川に架橋された四番目の橋。(グーグル・マップ・データ)。

「淺草新堀ばた」東京都台東区鳥越から寿附近。一帯(グーグル・マップ・データ)。

「三味線堀」(グーグル・マップ・データ)。浅草新堀一帯の西側。

「下谷(したや)」附近(グーグル・マップ・データ)。

「御步行町(おかちまち)」御徒町。

「幡隨院店(ばんずゐんだな)」現在の台東区東上野四・五丁目附近と推定される。(グーグル・マップ・データ)。

「新吉原土手むかふ」附近(グーグル・マップ・データ)。

「衣紋坂」江戸新吉原の日本堤から大門(おおもん)までの間にあった坂。遊客がここで衣服をつくろったところから、この名がある。(グーグル・マップ・データ)。

「きれざる」衣紋坂の東が山谷掘であるから、ここが決壊しなかったということであろう。]

« ブログ・アクセス百十一万突破記念 梅崎春生 井戸と青葉 | トップページ | 栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 スミヤキダイ (オオクチイシナギ) »