フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 進化論講話 丘淺次郎 第十九章 自然に於ける人類の位置(六) 七 猿人の化石 / 第十九章 自然に於ける人類の位置~了 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第二十章 進化論の思想界に及ぼす影響(一) 序・一 進化論と哲學 »

2018/07/30

諸國里人談卷之五 橫山狐

 

  ○橫山狐(よこやまのきつね)

伯耆國大山(だいせん)に「橫山狐」といふ、あり。是、則(すなはち)、明神の仕者(ししや)なり。もろもろの願望、此狐を賴みて祈るに成就せずといふ事なし。盗人(ぬすびと)にあひたるもの、此狐を賴み祈れば、卽ち、狐、出〔いで〕て、道しるべして、かの盗(ぞく)が家(いへ)につれ行く事、妙なり。○大山は大智明神也。祭神、大己貴命。神領三千石。坊舎四十二院あり。當山の砂、昼は下(さが)り、夜は升(のぼる)と云〔いへ〕り。

[やぶちゃん注:「橫山狐」ネット上の記載は、悉くが本条に基づくものである。盗賊云々の話は妖狐譚としては特異点と言える。

「大山(だいせん)」は鳥取県(大山町・琴浦町・江府町等)にある標高千七百二十九メートルの成層火山で鳥取県及び中国地方の最高峰。(グーグル・マップ・データ)。ここに出る寺社は西伯(さいはく)郡大山町(だいせんちょう)にある天台宗角磐山(かくばんさん)大山寺(だいせんじ:本尊・地蔵菩薩)と大神山神社(おおがみやまじんじゃ:本社(北麓)鳥取県米子市尾高/奥宮(中腹・標高約九百メートル位置)西伯郡大山町大山)。ウィキの「大神山神社」によれば、本社は大穴牟遅神、奥宮大己貴命を祀るが孰れも大国主神の別名。『当社の奥宮は、大山に登った修験者が』現在の奥宮のある位置に『簡易な遥拝所を設置したのが起源とされている』。『伯耆大山は、平安時代には修験道場として著名な山となっていたが、積雪により』、『祭事に支障が生じるため、麓に冬宮を設置し、冬期はそこで祭事を行うようになった』。『これにより、現在の「奥宮」は「夏宮」と呼ばれるようになった』。『大山は神体山として、大己貴命が鎮まるとされたが、神仏習合が広まると、当社は智明権現と称し、地蔵菩薩を本地仏とするようになった』。『その後、三院にして百八十坊の規模となり、三千人の僧兵を擁するようになった』。「勝見名跡誌」には『伯耆大山の智明大権現と因幡・鷲峰山』(じゅうぼうざん:鳥取県鳥取市鹿野町にある標高九百二十・六メートルの山)『の鷲岸大明神』(「じゅうがんだいみょうじん」と読んでおく)『が仲が悪く』、『戦をしたとの伝承が載っている』(ウィキの「大山の背比べを参照されたい)。元弘三(一三三三)年、『隠岐を脱出した後醍醐天皇が当社で鎌倉幕府打倒の祈願を行った』。明治八(一八七五)年に、かのおぞましき)廃仏毀釈によって大山寺は廃され、『冬宮を本社とし、山腹の智明権現の仏塔を廃し、地蔵菩薩を除いて、奥宮とした』。但し、大山寺は大日堂に本尊を移し、急激に衰退したが、明治三六(一九〇三)年に大山寺の号が復活、大日堂を現在の本堂として再興されてある(寺社位置は上記グーグル・マップ・データで確認出来る)。

「當山の砂、昼は下(さが)り、夜は升(のぼる)と云〔いへ〕り」意味不明。山砂が日夜こうした反復運動を繰り返す摩訶不思議の霊山ということか。ネットでお手軽に現代語訳しているものも、この部分は判らぬものか、カットしている。]

« 進化論講話 丘淺次郎 第十九章 自然に於ける人類の位置(六) 七 猿人の化石 / 第十九章 自然に於ける人類の位置~了 | トップページ | 進化論講話 丘淺次郎 第二十章 進化論の思想界に及ぼす影響(一) 序・一 進化論と哲學 »