フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 ㊆水邊部 水辯 | トップページ | 甲子夜話卷之四 33 假養子願書を取替たる事 »

2018/07/12

諸國里人談卷之四 若狹井

 

    ○若狹井(わかさのゐ)

南都東大寺二月堂の若狹井は、常に水なし。毎年二月朔日より十四日まで法會あり。于ㇾ時(ときに)、寺僧、加持して井に向ひ、「若狹々々」と、三遍、喚(よべ)ば、則〔すなはち〕、水、涌出(わき〔いづ〕)る也。此水を以て、墨を摺り、牛王(ごわう)を押(おす)事、恆例、かはらず。此日、若狹國「鵜の瀨の渕」の水、涸(かるゝ)也。是、「おにふ明神」より進ぜらる所の水也と云。「鵜の瀨」は遠敷〔おにふ〕郡の山の梺(ふもと)にある川の渕なり。

遠敷明神は、祭神 上ノ宮彦火々出見尊(ひこほゝでみのみこと)。下ノ宮、豐玉姫(とよたまひめ)也。往昔(むかし)、國主、これをうたがひ、其節、かの渕に糠(ぬか)を蒔(まき)たるに、その日、二月堂の井に、糠、水に交はりたるよし、いひつたへたり。

二月堂は肙索院[やぶちゃん注:①③もママ。「肙」は「羂」が正しいと思われる。吉川弘文館随筆大成版は「羂」になっている。]と云。本尊十一面觀音。長〔たけ〕七寸の銅佛也。難波(なには)の浦より出現、祕佛の像也。牛王の符は弘法大師の作。

[やぶちゃん注:「南都東大寺二月堂の若狹井」二月堂下にある閼伽井屋の中にある井戸。ここにある通り、この井戸は若狭国(福井県)の小浜と水脈が繋がっていると伝承されている。「奈良県」公式サイト内の県民だより奈良記事によれば、以下の話が伝わるという。

   *

 昔、実忠和尚が、修二会の行法中(ぎょうぼうちゅう)、「神名帳(じんみょうちょう)」に書かれた全国の一万七千余の神様の名を読み上げ、参集(さんしゅう)を求めた。神々はすぐに集まってこられたが、若狭国の遠敷明神[やぶちゃん注:「おにゅうみょうじん」。]だけが川で魚釣りをしていて遅刻された。

 それを他の神が口々に咎(とが)めた。そこで遠敷明神は「これは申し訳ない。お詫びとして、ご本尊にお供えする霊水を若狭からお送りしよう」といい、二月堂下の大岩の前で祈られた。すると、大岩が動いて二つに割れ、黒と白の鵜が飛び立ち、続いて霊水が湧き出た。和尚はこれをお供えの水とされた。これが今も二月堂下にある若狭井戸である。

   ※

「実忠和尚」(神亀三(七二六)年~?)は奈良時代の僧。ウィキの「によれば、『良弁に師事して華厳を学んだ。実忠は東大寺の十一面悔過(けかえ、通称お水取り)の創始者とされ、二月堂を創建し』、天平勝宝四(七五二)年二月一日から十四日間、修法『したとされる』。天平宝字四(七六〇)年には目代(東大寺の役職。工務事業統括と財政を担当)となり、『東大寺を始め』、『奈良西大寺・西隆寺の造営に参画し、東大寺大仏光背の造作や大仏殿歩廊の修理と寺観整備、百万塔を収める小塔殿や頭塔の造営を行い』、神護景雲元(七六七)年には『御所より光明皇后の一切経をもらい受け』、『如意法堂を建てて納め、春秋』二『回の一切経悔過を開始し、それともに財政の整備に貢献し』、『その後、東大寺少鎮・三綱のうちの寺主及び上座・造寺所知事などを歴任し』た実務面でも優れた名僧である。なお、若狭おばま観光協会公式サイト内「お水送り」によれば、これに合わせて、事前(奈良東大寺二月堂での修二会(しゅにえ)の「お水取り」は現在、三月十二日に行われる)に、現在は毎年三月二日に小浜市神宮寺で「お水送り」が行われている(地図と写真有り)。それによれば、『その「お香水」は、若狭鵜の瀬から』十『日間かけて奈良東大寺二月堂「若狭井」に届くといわれてい』るとあり、小浜市神宮寺の方の『「お水送り」は午前』十一『時、下根来八幡宮で営まれる山八神事から行事はスタート。神宮寺僧と神人がカシの葉に息を吹きかけ、手を交差させて後ろに投げます。これは、体内に宿った悪霊を振り払うためです。それから赤土をお神酒で練ったものをご祈祷してからなめて、残り土で柱に「山」と「八」の字を書き込みます』。『午後』一『時からは神宮寺境内において弓打神事。紫の装束に身を包んだ氏子代表が古式にのっとり』、三十『メートルほど離れた的に向けて弓を放ちます』。『午後』五『時半ごろ、白装束の僧がホラ貝を吹きながら』、『山門をくぐり入場します』とある。

「牛王」牛頭天王(ごずてんのう:本邦で生まれた神仏習合神。釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神とされる一方、蘇民将来説話の武塔神(むとうのかみ)と同一視され、薬師如来の垂迹であるとともに、スサノオの本地ともされ、陰陽道では天道神と同一視された。道教的色彩の強い神であるが中国の文献には見られない)の護符である「牛玉宝印」。独特の書体で書かれ、戸口に貼ったり、木の枝に挟んだり、病人に用いるなどして、厄除け・降魔(ごうま)を目的とする。起請文を書くための紙としても用いられた(ウィキの「牛頭天王に拠る)。

「遠敷〔おにふ〕郡」若狭国にあった旧郡(現在の小浜市の大部分と他一部が含まれる)。詳しくはウィキの「遠敷を参照されたい。

「おにふ明神」「遠敷明神」現在の福井県小浜市(上社・福井県小浜市龍前(りゅうぜん)/下社・福井県小浜市遠敷(おにゅう))にある若狭彦神社。若狭国一宮。下社は(グーグル・マップ・データ)。上社はその南一キロ強の位置にある。]

« 諸國里人談卷之四 ㊆水邊部 水辯 | トップページ | 甲子夜話卷之四 33 假養子願書を取替たる事 »