フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之三 迯水 | トップページ | 諸國里人談卷之三 阿漕塚 »

2018/07/04

諸國里人談卷之三 野守鏡

 

    ○野守鏡(のもりかゞみ)

南都春日飛火野(とぶひの)に野守池(のもりのいけ)あり。雄略帝、御狩(みかり)の時、鷹、翦(それ)て野に來(きた)る。一人の野守、鷹のある所をしりて、これを奏す。池水(いけみづ)に其影のうつるを見て、居ながらこれを知〔しれ〕り。よつて「野守の鏡」と云。

 箸たかの野守の鏡得てしがな思ひおもはずよそながら見ん

[やぶちゃん注:「南都春日飛火野(とぶひの)」奈良県奈良市街の東、春日大社に接する林野。「とびひの」とも呼ぶ。和銅五(七一二)年に急を告げるための烽火(のろし)台が置かれた地で、「万葉集」などの古歌に詠まれ、歌枕としても知られる。

「野守池(のもりのいけ)」能の「野守」などで知られ、何人かの方が位置を探しておられるが(例えば、或いは。前者では「鷹の井」なるものもあるらしい)、どうやら、確定比定出来る池は現在の飛火野にはないらしい。

「雄略帝」第二十一第天皇。在位は安康天皇三(四五六)年から雄略天皇二三(四七九)年とする。辞書には「袖中抄」などに見える故事とする。

「翦(それ)て」本字は「剪(き)る・挟み切る・切り揃える・挟む」、「削(そ)ぐ・削(けず)る」、「滅ぼす」の意であってピンとこない。狭義の御狩場から逸(そ)れるように周縁の野原に飛んで行って見失った、の謂いであろう。

「野守」御狩場ではなく、その周縁の禁足地である御料地の野の番人であろう。

「鷹のある所をしりて、これを奏す。池水(いけみづ)に其影のうつるを見て、居ながらこれを知〔しれ〕り」野中の溜まり水に物影が映るのを鏡に譬えたもの。能の「野守」を読むと、『来合わせた野守の老人に尋ねたところ、「ここの沼の底におります」と答えるので、狩人が水面を覗くと、確かに水底に鷹の姿が見えた。よく見ると、それは木の枝に止まった鷹の姿が水鏡に映ったものだった』とある(「喜多流流大島能楽堂」公式サイト内の鑑賞手引 野守り)のページより引用)。なお、同能は複式夢幻能で、前シテの野守の老人が、後シテでは鬼神となって示現する展開となっていて、そこでは「野守の鏡」は発展して、実は、ありとある全宇宙の、恐れ慄くべき様態をまざまざと映し出す「禁断の鏡」として出現することになる。

「箸たかの野守の鏡得てしがな思ひおもはずよそながら見ん」「新古今和歌集」の巻第十五の「恋歌五」に載る、よみ人知らずの一首(一四三二番)、

 はし鷹の野守の鏡得てしがな思ひ思はずよそながら見ん

――はしたかの居所を美事に映し出したという「野守の鏡」が欲しいものだ――あの人が私を思って呉れているかいないか、それに映し見られるように――。和歌では「野守の鏡」は「普通では見えないものを見ることが出来る鏡」の意で専ら使われる。「はしたか」は狭義の種としてはタカ目タカ科ハイタカ属ハイタカ Accipiter nisus で、ハイタカ属オオタカ Accipiter gentilis とともに鷹狩に用いられた。ただ、「はいたか」は一般には「疾(はや)き鷹」の転訛とされるが、しかし、「箸鷹」とも書いた場合、これは鷹狩用に捕えたばかりの鷹を鳥屋(とや)に入れる前には、儀式として古い箸を焼いて入れることによる、ともあり、又は、神聖な箸を火に焼いて、その火影で鷹を鳥屋から出す、ともあった。されば、ここはハイタカに限定する必要はないようである。

« 諸國里人談卷之三 迯水 | トップページ | 諸國里人談卷之三 阿漕塚 »