フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 明恵上人夢記 68・69・70 | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 嗽金鳥(そうきんちょう)(空想上の鳥)/第四十一 水禽類~完遂 »

2018/07/22

和漢三才圖會第四十一 水禽類 鷸(しぎ)

Sigi

しぎ     【音壟】 田鳥

【音述】

       【訓之木】

ジツ

 

本綱鴫【肉甘溫】鶉鵪類也如鶉色蒼嘴長く在田野間作鷸鷸

聲將雨則啼故知天文者冠鷸【戰国策云鷸蚌相持者卽此鳥也】三才圖

會云鷸如燕紺色知天將雨舞知風則啼

△按鷸俗用鴫字蓋以田鳥二字所製乎其種類甚多【有四

 十八品云】皆飛鳴于田澤夜更鳴翅爲閑寂之趣歌人賞詠

 之稱鷸羽搔

古今曉のしきのはねかき百羽かき君かこぬよは我そ數かく

保登鷸 大似鶉而長嘴長黑色脚亦長黃色頭背灰色

 白彪斑翎灰黑胸腹白尾黃赤有黑紋其肥大握手而

 有餘可三指者最賞之其味不減于鳬

胸黑鷸 頭背翅尾黑而有黃斑胸灰黑而有黑斑腹白

 觜短於保登脛長於保登俱蒼黑色肉味亞保登

眞鷸【一名觜長】 似保登而小但脚與觜長爲異

黍鴫【一名目大】 頭背翅灰色黃斑眼大外有白圈觜短而觜

 共灰黑色

黃脚鷸【一名頸珠】 頭背胸翅皆灰白帶淺青腹白色頸卷白

 輪故名頸珠鷸觜黑脛深黃色故名黃脚鷸

――――――――――――――――――――――

京女鷸 頭白而灰斑色眼傍有黑條觜根有白圓文觜

 黑大頸後胸間有白條成列背上翅間帶赤色翎羽黑

 腹白尾亦白而有黑文脚赤而掌有黑斑

――――――――――――――――――――――

羽斑鷸 頭頸赤色眼四邊白如弦月紋胸前有二黑條

 夾白條背黑有白紋如鱗形翎羽黑有黃圓星紋尾淺

 紫有黃圓紋腹白觜脛緑色

――――――――――――――――――――――

杓鷸 大如鳧頭背灰白而有黑斑腹灰白尾有淺黑紋

 成列畧似鷹尾脛掌純黑其觜蒼黑而最長末反曲向

 上如匙杓形故名其大者號大杓小者號加祢久伊

――――――――――――――――――――――

山鷸【一名姥鷸】 大於杓鷸而頭頸胸背灰紫色有黑斑翅尾

 亦同色而有黑纖紋腹赤黑斑似雌雉之色觜長而黑

 脛灰色常在山田溪澗故名山鷸

其余有登宇祢木雀鷸草鷸等數品不盡述

 

 

しぎ     【音、「壟〔(ロウ)〕」。】 田鳥

【音、「述」。】

       【「之木(しぎ)」と訓ず。】

ジツ

 

「本綱」、鴫【肉、甘、溫。】鶉鵪〔(ふなしうづら)〕の類ひなり。鶉〔(うづら)〕のごとくにして、色、蒼。嘴、長く、田野の間に在り。「鷸鷸(イツイツ)」の聲を作〔(な)〕す。將に雨(あめふ)らんと〔するに〕、則ち、啼く。故に天文を知る者は鷸を冠(かんむ)りにす。【「戰國策」に云ふ、「鷸と蚌と相ひ持す」といふは、卽ち、此の鳥なり。】「三才圖會」に云はく、『鷸、燕のごとく、紺色。天、將に雨らんとするを知りて舞ひ、風を知りて、則ち、啼く。』と。

△按ずるに、鷸、俗に「鴫」の字を用ふ。蓋し、「田」・「鳥」の二字を以つて製する所か。其の種類、甚だ多し【四十八品有りと云ふ。】皆、田澤に飛び鳴く。夜更(〔よ〕ふけ)て、翅を鳴らして、閑寂の趣を爲す。歌人、之れを賞詠して「鷸の羽搔(はねかき)」と稱す。

「古今」曉のしぎのはねがき百羽〔(ももは)〕がき君かがこぬよは我ぞ數〔(かず)〕かく

保登鷸(ぼと〔しぎ〕) 大いさ、鶉〔(うづら)〕に似て長し。嘴、長く、黑色。脚も亦、長く、黃色。頭・背、灰色。白き彪斑〔(とらふ)〕〔の〕翎〔(かざきり)〕、灰黑。胸・腹、白く、尾、黃赤、黑き紋、有り。其れ、肥え大(ふと)り、手に握りて餘ること有ること〔あり〕。三つ指可(ばか)りの者、最も之れを賞す。其の味、鳬〔(かも)〕減(おと)らず。

胸黑鷸(むなぐろ〔しぎ〕) 頭・背・翅・尾、黑くして黃斑有り。胸、灰黑にして黑斑有り。腹、白。觜、「保登」より短く、脛は「保登」より長く、俱に蒼黑色。肉味、「保登」に亞〔(つ)〕ぐ。

眞鷸(ましぎ)【一名、「觜長〔(はしなが)〕」。】 「保登」に似て小さく、但し、脚と觜と長きを異と爲す。

黍鴫(きび〔しぎ〕)【一名、「目大〔(めだい)〕」。】 頭・背・翅、灰色、黃斑。眼、大にして、外に白き圈〔(けん)〕有り。觜、短く、觜共〔(とも)〕、灰黑色。

黃脚鷸(きあしの〔しぎ〕)【一名、「頸珠〔(くびたま)〕」。】 頭・背・胸・翅、皆、灰白、淺き青を帶ぶ。腹、白色。頸、白き輪を卷く。故に「頸珠鷸」と名づく。觜、黑。脛、深黃色。故に「黃脚鷸」と名づく。

――――――――――――――――――――――

京女鷸〔(きようぢよしぎ)〕 頭、白くして灰斑色。眼、傍らに黑條有り。觜の根に白き圓文(まる〔もん〕)有り。觜、黑く、大きく、頸の後・胸の間に白條有り。列を成す。背の上・翅の間に赤色を帶ぶ。翎羽〔(かざきりばね)〕黑く、腹白く、尾も亦、白くして黑文有り。脚、赤くして、掌に黑斑有り。

――――――――――――――――――――――

羽斑鷸(〔は〕まだら〔しぎ)〕 頭・頸、赤色。眼の四邊白くして、弦月(ゆみはり〔づき)〕の紋のごとし。胸の前、二つの黑條有り、白條を夾〔(はさ)〕み、背、黑くして白紋有り、鱗の形のごとし。翎羽〔(かざきりばね)〕黑く、黃圓星紋、有り。尾、淺紫、黃圓紋有り。腹白く、觜・脛、緑色。

――――――――――――――――――――――

杓鷸(しやく〔しぎ〕) 大いさ、鳧〔(かも)〕のごとし。頭・背、灰白にして、黑斑有り。腹、灰白。尾、淺黑の紋、有り、列を成し、畧〔(ほぼ)〕鷹の尾に似る。脛・掌、純黑。其の觜、蒼黑にして最も長く、末、反(そ)り曲りて、上に向ひ、匙杓〔(ひしやく)〕の形のごとし。故に名づく。其の大なる者を「大杓」と號(な)づく。小き者を「加祢久伊〔(かねくい)〕」と號づく。

――――――――――――――――――――――

山鷸【一名、「姥鷸〔(うばしぎ)〕」。】 「杓鷸」より大にして、頭・頸・胸・背、灰紫色、黑斑有り。翅・尾も亦、同色にして黑き纖(ほそ)き紋有り。腹、赤黑き斑にして、雌雉(めきじ)の色に似たり。觜、長くして、黑。脛、灰色。常に山田〔の〕溪澗に在り。故に「山鷸」と名づく。

其の余、「登宇祢木〔(とうねき)〕」・「雀鷸〔(すずめしぎ)〕」・「草鷸〔(くさしぎ)〕」等の數品有り、述べ盡せず。

[やぶちゃん注:狭義には鳥綱チドリ目シギ亜目シギ科 Scolopacidae のシギ類であるが、他にチドリ目シギ亜目タマシギ科 Rostratulidae・チドリ亜目セイタカシギ科 Recurvirostridae などの体型がシギ類に似、「~シギ」と名づけるもの(但し、後者は狭義のシギ類ととは近縁ではない)を含んでおり、この良安の記載もそれらを含んでいると考えるのが自然である。模式種はシギ科ヤマシギ属 Scolopax で、本邦にも棲息(北海道で夏鳥、本州中部以北(中部・東北地方)と伊豆諸島で留鳥、西日本では冬鳥)するヤマシギ Scolopax rusticola が含まれ、これは最後に良安が挙げる「山鷸」と一先ず考えてよかろう(後注参照)。

「鶉鵪〔(ふなしうづら)〕」ここは東洋文庫訳のルビを参考にした。フナシウズラは鳥綱チドリ目ミフウズラ(三斑鶉)科ミフウズラ属ミフウズラ Turnix suscitator の旧名。中国南部から台湾・東南アジア・インドに分布し、本邦には南西諸島に留鳥として分布するのみ。なお、次注の真正の「ウヅラ」類とは全くの別種であるので注意されたい。

「鶉〔(うづら)〕」ウズラ類はキジ目キジ科ウズラ属Coturnix

「鷸鷸(イツイツ)」オノマトペイア。

「天文を知る者」天文を掌る学者。中国では暦や占術に於いて天体観測は不可欠であり、そうした唐の天司台や明・清の司天監などの官公庁が置かれていたから、そうした人々が「鷸」を象った「冠り」を被っていたのであろう。

『「戰國策」に云ふ、「鷸と蚌と相ひ持す」といふは、卽ち、此の鳥なり』「蚌」(私は「戦国策」(前漢・劉向撰)のそれは、話柄上の諸点(分布・形状・大きさ・重量・ロケーション)から斧足綱イシガイ目イシガイ科ドブガイ属ドブガイ Sinanodonta woodiana に比定してよいと考えている。言わずもがな、漢文の授業でやった「戦国策」の「燕策」の通称「漁夫之利」である。「持す」というのは「峙(じ)す」の誤りだろう(対立する者同志が、睨み合ったまま凝っと動かずにいることの意の「対峙」の「峙」)。懐かしいから、いっちょ、やらかすか!

   *

 趙且伐燕。

 蘇代爲燕謂惠王曰、

「今日臣來過易水。蚌方出曝。而鷸啄其肉。蚌合而箝其喙。鷸曰、

『今日不雨、明日不雨、卽有死蚌。』

蚌亦謂鷸曰、

『今日不出、明日不出、卽有死鷸。』

兩者不肯相舍。漁者得而幷擒之。今趙且伐燕。燕趙久相支、以敝大衆。臣恐秦之爲漁父也。願王之熟計之也。」

惠王曰、「善。」乃止。

   *

 趙(てふ)且(まさ)に燕を伐(う)たんとす。

蘇代、燕の爲に惠王に謂いて曰く、

「今日、臣來たり、易水を過ぐ。蚌(ぼう)方(まさ)に出でて曝(さら)す。而(しか)して、鷸(いつ)、其の肉を啄(ついば)む。蚌、合(がつ)して其の喙(くちばし)を箝(はさ)む。鷸、曰く、

『今日、雨ふらず、明日、雨ふらずんば、卽ち、死蚌(しぼう)有らん。』

と。蚌も亦た、鷸に謂ひて曰く、

『今日、出ださず、明日も出ださずんば、卽ち、死鷸(しいつ)有らん。』

と。兩者、相舍(あひす)つるを肯(がへん)ぜず。漁者(ぎよしや)、得て之れを幷(あは)せ擒(とら)ふ。

 今、趙、且に燕を伐たんとす。燕・趙、久しく相支へて、以つて大衆を敝(つか)れしめば、臣、秦の漁父と爲(な)らんことを恐るるなり。願はくは、王、之れを熟計せよ。」

と。

惠王曰く、

「善(よ)し。」

と。

 乃ち、止(や)む。

   *

「四十八品有りと云ふ」ウィキの「シギ科」によれば、同科(真正のシギ類)だけで世界で五亜科十六属九十六種いるとある。

「鷸の羽搔(はねかき)」厳密には鴫が羽虫を取るために何度も頻りに嘴で羽を扱(しご)くことを指し、そこから転じて「数が多いことの譬え」として和歌に詠み込まれたのである。ただ、鴫自体が古来、好んで詠み込まれた鳥ではあった。例えば、本文の挙げる一首の他にも、「万葉集」の巻第十九の、大伴家持が越中国府(私が中高時代を送った富山県高岡市伏木)で天平勝宝二(七五〇)年三月一日夜に詠んだと思われる(前二首がそのクレジットの暮れ)一首(四一四一)、

   飜(と)び翔(かけ)る鴫を見て作れる歌一首

 春まけてもの悲しきにさ夜更けて羽振(はぶ)き鳴く鴫誰(た)が田にか住む

の他、「古今和歌六帖」の「六鳥」の、

 曉に羽搔く鴫の打ちしきりいくよか君に戀わたるらむ

や、「三夕(さんせき)の歌」の一つ、西行の名吟(「新古今和歌集」「四 秋」)で私の偏愛する、

 心なき身にもあはれはしられけり鴫たつ澤の秋の夕暮れ

などが知られる。因みに西行の歌の鴫については、松沢千鶴氏の「図鑑.net モバイルブログ」の「西行【さいぎょう】の歌ったシギは、どの種?」で、種々の条件の篩(ふるい)にかけ、『有力候補の一種が、アオアシシギです。すんなりした姿をしています。青灰色の、細かい羽の模様が、日本人好みだと思います。哀調を帯びた鳴き声も、点数が高いですね』とされ、一方、『淡水というのを』厳しく『重視すれば、クサシギかも知れません。クサシギは、広い浜辺に出たがりません。シギには、珍しいことです。しかも、単独でいることが、多いです』と比定されておられる。前者はシギ科クサシギ属アオアシシギ Tringa nebularia で、木村光彦氏の動画You Tubeで鳴き声が聴ける。これは鳴き声としては如何にも趣きがある(但し、西行の歌に鳴き声があるかどうか。私は微妙に留保はする。鴫は和歌の伝統上ではその羽音が主調であり、それの飛び立つシンプルな音に秋を感じているからである)。後者はシギ科クサシギ属クサシギ Tringa ochropus である。なお、「しぎ」という和名も、羽ばたきが賑やかなことから、その「騒がし」「さわぎ」からの転訛を語源とする説もある

「曉のしぎのはねがき百羽〔(ももは)〕がき君か來ぬ夜は我ぞ數〔(かず)〕かく」「古今和歌集」巻第十五の「恋歌五」の「よみ人知らず」の一首(七六一番)、

 曉のしぎの羽(はね)搔(が)き百羽(ももは)搔き君が來ぬよは我ぞ數書く

である。「數書く」というのは、数を数えて一定数ごとに目印とする線を引くことを指す。歎きの仕草というが、これは恐らく、本来は数を数えてそれが一定数に達すると、物事が叶うとする呪的儀式の名残ではないかと私は察する(偶然以外に叶うことはないから歎きと直結する)。六十を越えた私の中にもそうした無意識の呪的傾向が確かにあるからである。

「保登鷸(ぼと〔しぎ〕)」私はこれをタシギ属タシギ Gallinago gallinago と採りたい個人サイト「馬見丘陵公園の野鳥」の「タシギ」のページに、本邦では奈良時代からずっと種類を区別せずに、シギ類全般を「シギ」の名で呼んでいたが、江戸中期頃から「ヤマシギ」と区別して「タシギ」と呼ばれたとあり、『タシギとヤマシギは区別されず』、『「ボトシギ」とも呼ばれた』とあり、後に「ヤマシギ」が出る関係上、こちらを「タシギ」としたいからである。まず、asitano_kaze氏のブログ「身近な自然を撮る」の「タシギ(田鷸)とヤマシギ(山鷸) 隠れ蓑」のページを見て戴くと、何よりもヤマシギはタシギよりも一回り大きいことが判る(見分けにくいともあるが、タシギは二十六センチメートルであるのに対し、ヤマシギは三十四センチメートルとある)。その上で以下の良安の叙述を順に大きさを考えながら読んでゆくと、最後の「山鷸」は明らかに有意に大きい(鴨ほどの大きさである杓鷸より大きいとある)ことが判るのである。さればこそ私はかく同定するのである。なお、「ボトシギ」の「ボト」は鳥体が太っていて、ころんとしていることを意味すると、ある記載にはあった。「ぼっとり」「ぼってり」は確かに今も使うし、本文にもわざわざ「肥え大(ふと)り、手に握りて餘ること有ること〔あり〕」なんて書いているし、確かにころんとしてはいるよなぁ。

「三つ指可(ばか)りの者、最も之れを賞す」「三つ指可り」は体幹部をぎゅっと握った時に、三つ指で押さえられるほどの太さを言うか。「賞す」は「賞味する」で、「最も美味いものとする」の意。

「鳬〔(かも)〕」既出既注であるが、再掲しておく。カモ目カモ科の鳥類のうち、雁(これも通称総称で、カモ目カモ科ガン亜科 Anserinaeのマガモ属 Anas よりも大型で、カモ科 Anserinae 亜科に属するハクチョウ類よりも小さいものを指す)に比べて体が小さく、首があまり長くなく、冬羽(繁殖羽)はで色彩が異なるものを指す総称語。但し、これはカルガモ(マガモ属カルガモ Anas zonorhyncha)のように雌雄で殆んど差がないものもいるので決定的な弁別属性とは言えない。

「胸黑鷸(むなぐろ〔しぎ〕)」ネット上の諸記載を見ると「ムナグロ」を狭義のシギ類ではないチドリ目タマシギ科タマシギ属タマシギ Rostratula benghalensis の異名に挙げてあるものが多いのであるが、良安の記載では、後に出る「羽斑鷸」の記載の方が遙かにタマシギらしいので、ここは同じく狭義のシギではない、チドリ目チドリ亜目チドリ科ムナグロ属ムナグロ Pluvialis fulva と比定しておく

「眞鷸(ましぎ)【一名、「觜長〔(はしなが)〕」。】」不詳。脚と嘴が長いとする点で。狭義のシギ類ではない、チドリ目セイタカシギ科セイタカシギ属セイタカシギ Himantopus himantopus を考えたが、現代日本での正式な定着の観察(旅鳥・留鳥・稀れに迷鳥。一九七五年に愛知県の干拓地で初めて国内での繁殖が確認されている。これはウィキの「セイタカシギ」に拠った)がごく近年であり、違うように思われる。

「黍鴫(きび〔しぎ〕)【一名、「目大〔(めだい)〕」。】」これも狭義のシギ類ではない、チドリ目チドリ科チドリ属メダイチドリ Charadrius mongolus である。サイト「馬見丘陵公園の野鳥」の「ダイチドリ(チドリ目チドリ科)目大千鳥」がよい。本種は前頭部から眉斑・側頸、さらに胸部にかけて橙赤褐色を呈し、これが目立つ。「黍」はまさにそれが、黍の熟した穂の色と似ているからであろう。

「觜、短く、觜共〔(とも)〕、灰黑色」ママ。良安の今まで書き方から考えると、後ろは「脚」の誤記ではないかと思われる。東洋文庫版訳も『(脛?)』と割注する。

「黃脚鷸(きあしの〔しぎ〕)【一名、「頸珠〔(くびたま)〕」。】」シギ科キアシシギ属キアシシギ Tringa brevipes

「京女鷸〔(きようぢよしぎ)〕」シギ科 Arenaria 属キョウジョシギ Arenaria interpres。ウィキの「キョウジョシギ」によれば、『和名は、よく目立つまだら模様を京都の女性の着物にたとえてつけられたもの。一方、英名の「Ruddy Turnstone」は、くちばしで石をひっくり返して餌を探す習性にちなんでいる』。『ユーラシア大陸北部、北アメリカ北部のツンドラ地帯で繁殖し、冬季は南アジア、南アメリカ、アフリカ、オーストラリアなどに渡り、越冬』し、『日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時に多数飛来する。南西諸島では越冬するものもいる』。体長約二十四センチメートル。『「シギ」といっても』、『くちばしと足が短くずんぐりとした体形で、チドリ類のような外見をしている。このため、以前はチドリ科に分類されていたこともあった。足は橙色で腹が白く、胸と顔に黒い模様がある。夏羽では背中側が茶色と黒のまだら模様で、頭に白い部分が現れる。冬羽は頭と背中が茶色で、鱗のような模様になる』。『非繁殖期は干潟、岩礁、水田などに生息する。数十羽の群れを形成する。水辺の小石や海藻、木片などをくちばしでひっくり返しながら』、『餌を探す習性があり、短くて丈夫なくちばしはこの時に役立つ。小さな昆虫やゴカイ、甲殻類などを捕食するが、動物の死骸や生ゴミも食べる』。『ツンドラ地帯の地上に営巣し』三~四『個の卵を産む。子育てはオスとメスが協力しておこなう』とある。

「羽斑鷸(〔は〕まだら〔しぎ)〕」狭義のシギ類ではない、チドリ目タマシギ科タマシギ属タマシギ Rostratula benghalensis の異名。やはり、サイト「馬見丘陵公園の野鳥」の「タマシギ(チドリ目タマシギ科)玉鷸」を見られたい。そこに『江戸時代には「ハマダラシギ」「ハマハシギ」「ハマダラ」などと記されている』とあり、また、良安の「眼の四邊白くして、弦月(ゆみはり〔づき)〕の紋のごとし」が決定打であることがそこにある生体写真ではっきりと判る。

「杓鷸(しやく〔しぎ〕)」シギ科ダイシャクシギ(大杓鷸)属 Numenius のダイシャクシギ類「大杓」はダイシャクシギ Numenius arquata(サイト「馬見丘陵公園の野鳥」の同種のページを参照)、「小き者」「加祢久伊〔(かねくい)〕」はコシャクシギNumenius minutus である(「加祢久伊〔(かねくい)〕」の異名の意は不詳)。サイト「馬見丘陵公園の野鳥」の同種のページを参照されたいが、そこに、『奈良時代から種類を区別せず』、シギ類は一括して『「シギ」の名で知られていたが、平安時代からシャクシギ類を総じて「サクナギ」、室町時代から「シャクナギ」と呼ぶ。江戸時代前期になって他のシャクシギと区別して「コシャク」「コシャクシギ」と呼ばれた。異名』に『「カネクイ」』があるとある。因みに、サイト「馬見丘陵公園の野鳥」によれば、ダイシャクシギ属には、しっかり、チュウシャクシギ Numenius phaeopus という種もおり(同サイトの同種のページは)、他にホウロクシギ(焙烙鷸)Numenius madagascariensis という種もいるとある。しかも同サイトのホウロクシギページによれば、『ダイシャクシギと似ているので』、『古くから一緒にして「ダイシャクシギ」と呼ばれていたと思われ、江戸時代後期に区別して「ホウロクシギ」と呼ばれるようになった』とあるから、ここに挙げておく必要がある。なお、この種の和名は『腹部の灰黄褐色の色彩が焙烙(素焼きの土鍋)に似る』ことによる、とある。

「匙杓〔(ひしやく)〕」「柄杓」に同じい。ダイシャクシギ属の中でも代表種であるダイシャクシギは嘴が有意に長く、しかも著しく下へ湾曲している。上記リンク先の写真で確認されたい。

「山鷸【一名、「姥鷸〔(うばしぎ)〕」。】」冒頭に掲げた通り、シギ科ヤマシギ属ヤマシギ Scolopax rusticola に同定する。シギの代表種であるので、ウィキの「ヤマシギから引いておく。『夏にユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、冬季はヨーロッパやアフリカの地中海沿岸やインド、東南アジアなどに渡って越冬する』。『日本では北海道で夏鳥、本州中部以北(中部・東北地方)と伊豆諸島で留鳥、西日本では冬鳥である』。『体長は約』三十五センチメートル『でハト程度である。くちばしは長くてまっすぐしていて、他の鳥類と比べると目が頭の中心より後方上部に寄っている。このため、両眼を合わせた視野は、ほぼ』三百六十『度をカバーしている。首と尾は短く、足も他のシギにくらべて短い』。『林、草地、農耕地、湿地などに生息する。水辺にもいるが、他のシギと異なり主な生息地は森林の中である。からだの羽毛は灰色、黒、赤褐色などの細かいまだらもようで、じっとしていれば見つけにくく、さらに夜行性でもありなかなか人目につきにくい』。『食性は動物食。土にくちばしを差しこんで、地中のミミズなどの小動物を捕食する』。『林の中の地上に営巣し、通常』四『卵を産む。雌だけが抱卵し、抱卵日数は』二十~二十四日。『ヤマシギは狩猟鳥に指定されており、狩猟の対象種である。また食用としても好まれる。しかし、地域によっては、ヤマシギが希少種となっているところもあり、狩猟鳥指定には批判的な声もあ』って、現在、『京都府ではヤマシギは捕獲禁止の条例が制定され』、『他の県でも狩猟者へヤマシギの狩猟の自粛を呼びかけている自治体もある』。海外では、『フランスでは希少価値の高いジビエとして人気が高かったが、あまりの希少さゆえ』、『乱獲が祟り、禁猟となっている。そのため』、『イギリスなどから輸入している。ちなみに内臓が特に珍重され、付けたまま料理するのが定番である』。『なお、アメリカン・コッカー・スパニエルは、ヤマシギの狩りを行としていた犬がルーツである』とある。

「姥鷸〔(うばしぎ)〕」ヤマシギの異名としているが、現在、別種としてシギ科オバシギ属オバシギ Calidris tenuirostris がいるので挙げておかねばならない。ウィキの「オバシギによれば、『シベリア北東部で繁殖し、冬季はインド、東南アジア、オーストラリアに渡り越冬する』。『日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時に全国各地で普通に見られる』。全長は二十八センチメートルで、『夏羽は頭部から胸にかけて黒い斑が密にあり、脇にも黒褐色の斑がある。背から上面は黒褐色で白い羽縁があるが、肩羽に赤褐色の斑がある。腰は白い。腹は白く黒斑がある。冬羽では、体上面が灰色っぽくなる。雌雄同色である。嘴は黒く、頭部の長さより長い』。『非繁殖期には、干潟や河口、海岸、川岸、海岸近くの水田などに生息する。数羽から数十羽の群れで生活している。繁殖期はツンドラや荒れた草原などに生息する』。『砂泥地で、貝類や甲殻類、昆虫類などを捕食する。特に貝類を好んで食べる。また、植物の種子を食べることもある』。『繁殖期は』五月下旬から七月で、『苔の生えた地上に営巣し』、通常、四『卵を産む。雌は産卵後暫くすると巣から離れ、それ以降は雄が抱卵、育雛をする』。『「ケッケッ」「キュ キュ」などと鳴く』とある。

「登宇祢木〔(とうねき)〕」チドリ目シギ科オバシギ属にトウネン(当年)Calidris ruficollis という種と推定する。ウィキの「トウネンによれば、『全長はスズメとほぼ同じ』十四~十五センチメートルで、翼開長は約二十九センチメートルと、『シギ科の鳥の中では小型の一種で、くちばしと足も短い。和名も「今年生まれたもの」という意味で、今年生まれた赤子のごとくからだが小さいことに由来している』とある。但し、これが「とうねき」であるかどうかは判らぬ。しかし、サイト「馬見丘陵公園の野鳥」の同種のページには、『江戸時代になって』総称の「シギ」から『区別され』、『「トウネゴ」「トウネゴシギ」「トウネギシギ」の名で呼ばれる。異名』は他に『「コシギ」「カネタタキ」』があるとあり、この「トウネゴシギ」と「トウネギシギ」は「トウネキ」(良安はルビの濁音を落とす傾向にあるので)「トウネギ」と酷似するから、本種と同定してよい。

「雀鷸〔(すずめしぎ)〕」不詳。識者の御教授を乞う。

「草鷸〔(くさしぎ)〕」先に西行の歌の鴫の同定候補に出た、シギ科クサシギ属クサシギ Tringa ochropus。]

 

« 明恵上人夢記 68・69・70 | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 嗽金鳥(そうきんちょう)(空想上の鳥)/第四十一 水禽類~完遂 »