フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 大竹 | トップページ | 諸國里人談卷之四 八幡木 »

2018/07/23

諸國里人談卷之四 臥龍梅

 

    ○臥龍梅(ぐはりうばい)

武藏國葛飾郡龜戸(かめと)村にあり。「梅屋敷」と称す。実(じつ)に、木つきは、龍の蟠(わだかま)れるがごとく、その枝の末(すへ[やぶちゃん注:ママ。])、地中に入〔いり〕て幹(みき)と成(なり)、枝と成りて、這(はひ)わたる事、十余丈、小朶(こえだ)は左右に流れて、梢、高からず。花の盛(さかり)は芬々として四方(よも)に薰(くん)ず。葉は、大なる桃のごとし。味(あぢは)ひ、至(いたつ)て酸(す)し。毎とし、遊觀(ゆうくわん)の人、詩歌・連俳、紙筆、これがために尊(たつと)く、車馬に疊(かさな)る。

[やぶちゃん注これも既に私は「耳囊 之四 龜戸村道心者身の上の事、及び柴田宵曲 俳諧博物誌(6) 龍 二で考証している。それを援用すると、この「梅屋敷」は現在の江東区亀戸(かめいど)の(グーグル・マップ・データ)で、元は浅草(本所埋堀とも)の伊勢屋彦右衛門の別荘であった。上記リンク先の通り、現在は建物も梅も全く存在せず、「梅屋敷跡」として位置だけが確認出来るに過ぎぬが、ここの絵は実は多くの方が見たことがあるのである。そう! かのゴッホも惚れ込んだ、あの歌川広重の「名所江戸百景」の中の有名な一枚――その画題はまさに「亀戸梅屋鋪」――はここで描かれたものだったのである! 英文ウィキPlum Park in Kameidoのパブリック・ドメイン画像を挿入しちゃおっと!

 

De_pruimenboomgaard_te_kameidorijk

 

「十余丈」十丈は約三十メートル三十センチメートル。

「芬々」(ふんぷん)は匂いの強いさま。

「毎とし」毎年。

「詩歌・連俳」を成さんとする有象無象の連中が雲霞の如く押し寄せては観梅し、その創作のために膨大な「紙筆」が費やされ、そのために「紙筆」の供給が枯渇して高値となってしまい(「尊(たつと)く」を私はその意で採る)、さらにまた高値で売らんかなという金の亡者のような商人(あきんど)が眼ん玉の飛び出るような値段を張り込んだ「紙筆」を「車馬に疊(かさな)る」ほど牽いてやって来る――という意味で私は全体を読んだ。大方の御叱正を俟つ。]

« 諸國里人談卷之四 大竹 | トップページ | 諸國里人談卷之四 八幡木 »