フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 若狹井 | トップページ | 甲子夜話卷之四 34 本多唐之助病死のとき、有德廟上意の事 »

2018/07/12

甲子夜話卷之四 33 假養子願書を取替たる事

 

4-33 假養子願書を取替たる事

予が親類の一侯、在所に往とて、亡父の時、其弟の末家を繼せたるを假養子に願置て立しが、間もなく在所に於て沒したり。定て家頼抔の所爲か、假養子の願書を申下して、別人を願替て、沒後に、某氏、養子となり、養父の忌服を受たり。然ば假養子の願書は自筆調印の例なるが、印は人も押すべし。自筆は誰が書せしにや。近來の新事と云べし。

■やぶちゃんの呟き

末期養子のすり替え例(当主が既に死亡しているにも拘わらず、周囲の者がそれを隠して当主の名に於いて養子縁組を行って家督を存続させた違法行為)ではあろうが(ウィキの「末期養子を参照されたい)、この話、私が馬鹿なのか、今一つ、関係がよく呑み込めない。弟は継いでいた分家が困るから養子縁組に難色を示していたものか、或いは、家臣たちが理由は判らぬが実弟の養子縁組に実はもともと反対だったのか? どなたか、判り易く解説して下されよ。語注だけしておく。

「往とて」「ゆくとて」。

「末家」「ばつけ」。分家。

「立しが」東洋文庫版「立(たち)しが」とルビ。

「定て」「さだめて」。

「家頼」「家來」に同じい。家臣。

「願替て」「ねがひかへて」。

「然ば」「しからば」。

「假養子の願書は自筆調印の例なるが」仮養子願いの上申書は養父の本文自筆の上、本人の書き判が定めであるが。

« 諸國里人談卷之四 若狹井 | トップページ | 甲子夜話卷之四 34 本多唐之助病死のとき、有德廟上意の事 »