フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之三 分部火 | トップページ | 諸國里人談卷之三 虎宮火 »

2018/07/08

諸國里人談卷之三 二恨坊火

    〇二恨坊火(にこんぼうのひ)

攝津國高槻庄(たかつきのしやう)二階堂村に、火あり。三月の頃より、六、七月まで、いづる。大さ、一尺ばかり、家の棟、或は、諸木の枝梢(ゑだこずへ[やぶちゃん注:ママ。])にとゞまる。近く見れば、眼耳(がんに)・鼻口(びこう)のかたちありて、さながら、人の面(おもて)のごとし。讐(あだ)をなす事あらねば、人民、さしておそれず。むかし、此所に日光坊(にくわうぼう)といふ山伏あり。修法(しゆほう)、他(た)にこえたり。村長(むらおさ)が妻、病(やまい[やぶちゃん注:ママ。①は「やまふ」。])に臥す。日光坊に加持をさせけるが、閨(ねや)に入〔いり〕て一七日(いつしちにち)祈るに、則(すなはち)、病(やまひ)、癒(いへ)たり。後に「山伏と女、密通なり」といふによつて、山伏を殺してげり[やぶちゃん注:①も③「げ」。]。病平癒(やまいへいゆ[やぶちゃん注:「やまい」同前で①は「やまふ」。])の恩も謝せず。そのうへ、殺害(せつがい)す。二(ふたつ)の恨(うらみ)、妄火と成りて、かの家の棟(むね)に、毎夜(まいや)、飛來(とびきた)りて、長(おさ)をとり殺しけるなり。「日光坊(につこうぼう)の火」といふを、「二恨坊(にこんぼう)の火」といふなり。

[やぶちゃん注:本話は私は既に柴田宵曲 妖異博物館 「怪火」と、この伝承を強烈にインスパイアした宿直草卷五 第三 仁光坊と云ふ火の事で注している。ここで言い添えるべきことはない。

「攝津國高槻庄二階堂村」ウィキの「二恨坊の火に『摂津国二階堂村(現・大阪府茨木市二階堂)』及び『同国高槻村(現・同府高槻市)に伝わる火の妖怪』とある。この二地名は無論、異なる場所なのであるが、茨木市は東で高槻市に隣接しており、後者の高槻市には二階堂の地名は現行では見当たらないものの、前者の(グーグル・マップ・データ)に「二階堂」というバス停を発見出来る。則ち、古くはこの辺りから、東の安威川(あいがわ)を渡って東方の現在の高槻市内辺り(市境までは八百メートル未満)までを「二階堂」と呼んでいたものかも知れない。]

« 諸國里人談卷之三 分部火 | トップページ | 諸國里人談卷之三 虎宮火 »