フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鵠(くぐひ) (コハクチョウ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鴴(ちどり) »

2018/07/09

和漢三才圖會第四十一 水禽類 鶺鴒(せきれひ/にはくなぶり) (セキレイ)

Sekirei

せきれひ    【鶺同】 雝渠 雪姑

にはくなふり 【和名爾波久奈布里

        
又云止豆木乎之木閉止里】

鶺鴒 

スヱッリン  【今用字音呼之】

 

三才圖會云鶺鴒雀之屬飛則鳴行則揺大如鷃長脚尾

腹下白頸下黑如連錢故又謂之連錢其色蒼白似雪鳴

則天當大雪故俗稱雪姑

△按鶺鴒狀類燕而青灰色頸下眼後有黑條長尾尖嘴

 腹白胸有黑文毎鳴于水邊求匹能揺首尾字彙云其

 首尾相應比兄弟一名雝渠是也【諸本草未載鶺鴒】

黃鶺鴒【胸正黃色】 背黒鶺鴒【背正黑色】 白鶺鴒【背白項黒】

 樊中貯水石以畜之亦能馴焉特以白者爲珍

 日本紀伊弉諾伊弉冉二神時有鶺鴒飛來揺其首尾

[やぶちゃん注:「伊弉冉」の「冉」は原典では「册」の字に似た異体字であるが、現行の一般的なそれで示した。]

 神見之而學得交道

  逢ふ事をいな負せ鳥の教へすは人を戀路に惑はましやは

 

 

せきれひ    〔(せき)〕【「鶺」に同じ。】

        雝渠〔ようきよ)〕

        雪姑〔(せつこ)〕

にはくなぶり 【和名、

       「爾波久奈布里〔にはくなぶり)〕」、

        又、云ふ、

       「止豆木乎之木閉止里〔とつぎ

        をしへどり〕」】

鶺鴒

スヱッリン  【今、字音を用ひて之れを呼ぶ。】

 

「三才圖會」に云はく、『鶺鴒は雀の屬、飛べば、則ち、鳴く。行くときは、則ち、揺〔(ゆら)〕ぐ。大いさ、鷃〔(ふなしうづら)〕のごとく、長き脚・尾、腹の下白く、頸の下、黑く、連錢(れんせん)のごとし。故に又、之れを「連錢」と謂ふ。其の色、蒼白、雪に似る。鳴〔かば〕則ち、天、當(まさ)に大雪〔(おほゆきふ)〕るべし。故に俗に「雪姑」と稱す。』〔と〕。

△按ずるに、鶺鴒、狀、燕に類〔(たぐひ)〕して、青灰色。頸の下・眼の後に黑條有り。長き尾、尖りたる嘴。腹、白く、胸に、黑き文、有り。毎〔(つね)〕に水邊に鳴きて、匹〔(つれあひ)〕を求め、能く首尾を揺〔ゆら)〕す。「字彙」に云はく、『其の首尾、相ひ應じて〔あるを〕、兄弟に比す。一名、「雝渠」〔は〕是れなり【諸本草、未だ鶺鴒を載せず。】。

黃鶺鴒(きせきれい)【胸、正黃色。】 背黒(せぐろ)鶺鴒【背、正黑色。】 白鶺鴒〔(はくせきれいひ)〕【背、白く、項〔(うなじ)〕、黒し。】

 樊〔(かご)の〕中に水石を貯へて、以つて之れを畜〔(か)ふ〕。亦、能く馴れ、特に白き者を以つて珍と爲〔(な)〕す。

 「日本紀」、伊弉諾〔(いさなき)〕・伊弉冉〔(いさなみ)の〕二神(ふたはしら)の時、鶺鴒、有り、飛來して其の首尾を揺〔(ゆら)〕す。神、之れを見て、得交(とつぎ)の道を學ぶ。

 逢ふ事をいな負〔(おほ)〕せ鳥〔(どり)〕の教へずは人を戀路に惑はましやは

[やぶちゃん注:尾を上下に振ることでお馴染みの私の好きな鳥、スズメ目スズメ亜目セキレイ科セキレイ属 Motacilla・イワミセキレイ属 Dendronanthus に属するセキレイ類である。本邦で普通に見られるセキレイは

セキレイ属セグロセキレイ(Motacilla grandis:固有種)

ハクセキレイ(セキレイ属タイリクハクセキレイ亜種ハクセキレイ Motacilla alba lugens

キセキレイ(Motacilla cinerea

の三種である。

イワミセキレイ Dendronanthus indicus

は一属一種(和名は鳥取県岩美町で最初に観察されたことに由来。全長約十五センチメートルで、頭から上尾筒までの上面は緑灰色を呈し、喉から下尾筒までの下面はくすんだ白色。黄白色を眉斑を持ち、胸に黒いT字形の斑がある)で、ロシア極東沿海地方・中国北部から東部・朝鮮半島で繁殖し、冬期はインド東部からジャワ島・ボルネオ島までの東南アジア方面に渡って越冬するが、日本では数少ない旅鳥又は冬鳥として、春秋の渡りの時に渡来し、西日本での観察記録が多い。ごく少数の個体は夏鳥として渡来し、福岡県・島根県では繁殖記録もある。因みにイワミセキレイは尾を左右に振る(ここはウィキの「イワミセキレイに拠る)。カワセミ類はその特徴的な尻振り行動から、異名が異様に多く、イシクナギ(石婚ぎ)・イモセドリ(妹背鳥)・ニワクナギ(庭婚ぎ)・ニワクナブリ(後注参照)・イシタタキ(石叩き・石敲き)・ニワタタキ(庭叩き)・イワタタキ(岩叩き)・イシクナギ(石婚ぎ)・オシエドリ(教鳥)・コイオシエドリ(恋教鳥)・トツギオシエドリ(嫁教鳥:後注参照)など、その大半は性行為のメタファーであるように私には思われる。中国名は「相思鳥」である(主にウィキの「セキレイを参照した)。

「雝渠」「雝」は和睦の意があるから、水路での睦み合いからの合字か。

「にはくなぶり」「庭」で「くなぶ」るような動きをする鳥の意であろう。「くなぶる」は恐らく、「婚(くな)ぐ」(交合する・性交する)と「嬲(なぶ)る」(手で弄(い)じる・もてあそぶように玩弄する)の合成語ではないかと私は思う。

「とつぎをしへどり〕」の「と」は「戸」「門」で上代には「と」は男女両性器・陰部のある「處」(ところ)を意味しており、その両方の「と」を「継(つ)ぐ・接ぐ」という意で、「御戸(みと)の目合(まぐあ)ひ」(交合・性交)の意となった。後に出る通り、そのコイッスの仕方を「教え」て呉れた「鳥」の意である。

「鷃〔(ふなしうづら)〕」旋目鳥(ほしごい)(ゴイサギの幼鳥)で既出既注であるが、再掲しておくと、この漢字は現代中国ではチドリ目ミフウズラ(三斑鶉)科ミフウズラ属チョウセンミフウズラ Turnix tanki に与えられている。但し、このミフウズラ類はウズラと体形等がよく似ているものの、ウズラ類はキジ目キジ科ウズラ属Coturnixであり、我々の知っているウズラ Coturnix japonica とこのチョウセンミフウズラ Turnix tanki は縁遠い種である。

「字彙」既出既注

「其の首尾、相ひ應じて〔あるを〕、兄弟に比す」これは、恐らく「詩経」の「小雅」にある「常棣」(じょうてい)に基づく謂いである。セキレイの尾を頻りに振る行動を、兄弟が火急の危機を相手に教えようとしているものと採ったのである。簡単にはサイト「今日の四字熟語」の「【鴒原之情】(れいげんのじょう)を、詩篇「常棣」総てを知るゆとりのある方は個人ブログraccoon21jpのブログを、それぞれ参照されたい。

「樊」(音「ハン」)には「籠・鳥籠」の意がある。]

« 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鵠(くぐひ) (コハクチョウ) | トップページ | 和漢三才圖會第四十一 水禽類 鴴(ちどり) »