フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之四 唐崎松 | トップページ | 諸國里人談卷之四 枝分桃 »

2018/07/23

諸國里人談卷之四 錢掛松

 

    ○錢掛松(ぜにかけまつ)

勢州窪田と椋本(むくもと)の間、豐國野(とよくの)にあり。相傳ふ、むかし、參宮する人、此埜〔の〕の長きに倦(あき)て、「此松原は行程(みちのり)何(なに)ほど、ある」と、とふ。里人、たはむれて、「十日行〔ゆく〕、豐國野、七日行、長野の松原」といふに茫然(あきれ)て、一貫文の錢(ぜに)を此松がえ[やぶちゃん注:ママ。]にかけて、玆(こゝ)より、大神宮を拜(おがみ)て、國へ歸りける。他(た)の人、彼(かの)錢を見るに、蛇の蟠(わだかま)りたるやうにおもひて、あへて取(とる)人、なし。彼(かの)もの、故鄕へ歸りて後、あざむかれたる事をきゝて、口おしく[やぶちゃん注:ママ。]思ひ、又、參宮してこれを見れば、かけたる錢、そのまゝにして、ありける。これによつて此名ありと云〔いへ〕り。

[やぶちゃん注:本件は柴田宵曲「續妖異博物館」の「巖窟の寶」や、同「續妖異博物館 錢と蛇」で詳細を考証済みなので、そちらを参照されたい。そちらの方が怪奇談性がよく出ているのに対し、沾涼の叙述はここでは擬似笑談奇談に終っていて、ショボい。

「豐久野」現在の三重県津市芸濃町椋本豊久野(とよくの)。ここ(グーグル・マップ・データ)。伊勢神宮までは直線で四十八キロメートルほど。

「長野の松原」これは嘘の距離を誇大に表現するためのもので、地名ではないように思われる。

「一貫文」一貫文は千文で、江戸初期から中期にかけての金一両(四千文)は十万円相当とされるので、二万五千円に相当(但し、幕末にかけては激しいインフレに見舞われ、一貫文は七千円程度まで下落した。以上はネットのQ&Aサイトの回答に拠った)。]

« 諸國里人談卷之四 唐崎松 | トップページ | 諸國里人談卷之四 枝分桃 »