フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之上 ヲモト (カワムツ或いはヌマムツ) | トップページ | 反古のうらがき 卷之一 物のうめく聲 »

2018/08/29

反古のうらがき 卷之一 狼

 

  ○狼

 「麻布、靑山のへんに狼出(いづ)る」とて、おそれあへり。

 或人の家に、六、七歳なる男子、夜半に雨を細く明(あけ)て小便せしに、

「あなや。」

といふ聲聞へければ、父母、おどろき出(いで)て見るに、もゝのあたり、喰切(くひき)りて、垣のあたり捨置(すておき)たり。近鄕より合(あはせ)て、各(おのおの)、わり木・おうご[やぶちゃん注:ママ。]など、とり持(もち)てかり出(いだ)しけれども、行衞しれずとて、やみぬ。子は、陰囊へかけて、つよく喰(くは)れたれば、死(しに)けり。其後、さだかに見たる者もなけれども、

「狼に相違あらじ。」

とて、夜は外に出(いづ)るものも稀なりけり。もし止(やむ)を得ざる用ありて出る事あれば、必(かならず)、貮、三人づつ打連れて行けり。後には四谷邊にも出るといふ。赤坂へんにも出るといふ。みな、暗(やみ)の夜、獨り行(ゆく)者、必、すねのあたりを喰はるゝ事にて、疵(きず)を受(うけ)たるもの、幾人といふことを、しらず。

[やぶちゃん注:ここは底本でも改行。]

 是を其人に問ふに、

「多く、細きこうぢを過(すぐ)るに、忽然と來りて、喰付(くひつき)、振離(ふりはな)ち逃(にぐ)るに、敢て追(おひ)も來らず、其疵、皆、齒の入(いり)たる跡、四、五箇所、引裂(ひきさき)たるよふ[やぶちゃん注:ママ。後も同じ。]に付(つく)。」

といへり。

 一人ありて、ある細きこうぢを過るに、忽ち後ろより喰付たり。此人、力強く殊に膽(きも)太かりければ、組伏(くみふせ)て打殺(うちころ)さんと思ひて、挑燈にててらしけるに、其形と覺しき物はなくて、槿(はちす)の籬(まがき)の、よくこみ合(あひ)たる間に、こそこそと聲して入(いり)けり。其樣、細き紐など引入(ひきいる)るよふに覺(おぼえ)たれば、

「さては狼にてはあらざりけり、ま蟲(むし)・大へびなどにて有(あり)けるよ。」

とて、歸りて其疵を見れば、齒形(はがた)ありて、血、出(いで)たり。其樣(そのさま)、又、ま蟲の類とも覺へず。

 よりて、或夜、足のあたりよく包みて、齒の立(たた)ぬ程になし、挑燈は、わざと持たで、手頃の棒を持(もち)て、彼(かの)あたりを行通(ゆきかよ)ひしに、又、後(うしろ)より喰付ければ、其儘、棒にて、顧(かへり)み樣(ざま)に、つよく打(うち)けるに、物、なし。又、

「こそこそ。」

と、音して、籬(まがき)に入る。

 此邊は、みな、植木屋なりければ、奧の方に家ありて、燈、かすかにみえけり。よりて、大に呼(よば)はりて、

「狼あり、今、此籬の内に入(いり)たるぞ。」

と、いく聲となく、叫びつゝ、共(とも)に籬をおし破りて入けり。

 此聲におどろきて、人々、打寄(うちより)、燈火、照らしつゝ、あなたこなたと、かり出(いだ)しければ、植込(うゑこ)みのしげみに、物、ありけり。

 打圍(うちかこみ)てかり出しければ、狼にはあらで、面(つら)を包みたる、人、なり。

 直(ただち)にからめ取(とり)て、引出(ひきいだ)し、問詰(とひつ)めければ、無宿の賊なり。

「何をか、つかひて、喰付(くひつか)せし。」

と問ひしに、物にてはあらで、細き桶のたが程の竹に、短き釘を打(うち)て齒となし、二筋あるを、左右に裊(たわ)置(おき)て、人の通(かよ)ふとき、左右、一時に放つ。打合(うちあひ)て、物の喰付たる如く也。驚きて引放つ者は多く疵を受(うく)るなり。かくして追落(おひおとし)をなせしなり。

 初(はじめ)の程は、誠(まこと)の狼にてもありけん、後は、みな、此賊の所爲にてぞ、ありける。

 此者を取らへてより後は、かゝること、絶(たえ)て止(やみ)けり。

 隨(つづき)て、誠の狼も、いづち、行けん、再び出(いで)もやらずなりぬ。

[やぶちゃん注:臨場感を出すために、改行を施した。さてもさても、都市伝説の装いをした、実録の擬似怪奇犯罪物という贅沢な話である。最後に細工の種明かしをしつつも、しかし、最初に少年を一噛みで殺した狼(野犬(のいぬ/現在の野犬(やけん))の狂犬病に罹ったものだったか)は、その一件だけで、忽然と姿を消した、というエンディングが、却って慄然とさせるではないか。私は実は、冒頭のシークエンスを読むや、直ちに、明治三五(一九〇二)年三月二十七日に東京府東京市麹町区下二番町(現在の東京都千代田区二番町)で発生した「臀肉(でんにく)事件」(別名「野口男三郎(のぐちおさぶろう)事件」)を直ちに想起してしまったからである。近所に住む十一歳の少年が何者かに両眼を抉り取られた上、尻の肉を切り取られて殺された猟奇事件である(御存じない方はウィキの「臀肉事件」を見られたい。但し、自己責任で、どうぞ)。

「わり木」薪(たきぎ)。

「おうご」「朸」。歴史的仮名遣は「あふご・あふこ」が正しい(現代仮名遣は「おうご」)。物を担うための天秤棒。或いは、そうした有意に長い棒。

「こうぢ」「小路」。

「引裂(ひきさき)たるよふに付(つく)」「よふ」は「樣(やう)」。この「ひきさき」は「ひきさかれ」と受け身で読もうと当初思ったが、「狼」が噛み付いて「ひきさ」いたように傷跡がついていた、と読むことで、生きた凶悪な「狼」のイメージを喚起するのがよいと考えた。

「槿(はちす)」アオイ目アオイ科アオイ亜科フヨウ連フヨウ属 Hibiscus 節ムクゲ Hibiscus syriacus

「籬(まかき)」「かき」と読もうとも思ったが、貯木地などもあるやも知れぬ植木屋のそれ(民家としては少しは広い庭を想定)であるわけだし、槿(むくげ)の垣根は少しお洒落な感じがしたことから、少し差別化して読んだ。

「ま蟲(むし)・大へび」「蝮・大蛇」。

「歸りて其疵を見れば、齒形(はがた)ありて、血、出(いで)たり。其樣、又ま蟲の類とも覺へず」という被害者自身の傷がアップで示され、その観察に基づいて、蛇の類いが噛み付いたものではないことが、まずは判明するという展開設定が非常に上手い。

「此邊は、みな、植木屋なりければ」飛田範夫氏の論文「江戸の植木屋と花屋 ―柳沢信鴻著『遊宴日記』より―」PDF)に『植木屋が集まっていたという植木屋坂(港区麻布永坂町)』とある(ここ(グーグル・マップ・データ))から、このシークエンス、この辺りがロケーションかも知れない

「左右に裊(たわ)置(おき)て」「たわ」は底本のルビ。「裊」(音「ジョウ・ニョウ・チョウ」)には「しなやか」の意があるから、「撓(たわ)める」で、「たわむように成す・弓なりに曲げる」の意であろう。道の一方の脛の高さの所に、先に釘の歯の附いた竹片二本を一方の端を合わせた状態で強く左右反対にたわめて置き、夜陰に人が通った際、この左右を打ち合わしたのである。人影がすぐ横では目撃されていないことから、恐らくは撓めたものを、強い凧糸などで少し離れたところから操作したものであろう。

「追落(おひおとし)」追剥(おいはぎ)のこと。通常は往来で人を脅して物を奪うことで知られるが、時には問答無用で人を突き倒したり、或いは怖ろしい剣幕で追いかけたりして、その弾みで、落とした物を奪い取るといった手法もよくとられた。]

« 大和本草卷之十三 魚之上 ヲモト (カワムツ或いはヌマムツ) | トップページ | 反古のうらがき 卷之一 物のうめく聲 »