フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之五 眇魚 | トップページ | 甲子夜話卷之五 2 文政五年春、日に交暈ある事幷圖 »

2018/08/04

諸國里人談卷之五 片目魚

 

    ○片目魚(かためうを)

攝津國川邊郡昆陽池(こやのいけ)の、鯉、鮒、其外、小魚、みな、片目也。此池の魚を祭(まつり)て、「行波(ぎやうは)明神」とす。

相傳ふ、むかし、行基上人、一男(いちなん)、病(わづらひ)て山に倒(たを)れ伏(ふし)たるを見給ひ、有馬の溫泉に誘引(いざなはん)とあれども、氣力、疲れ、身体、叶はず、進む事、あたはず。

「吾(われ)、飮食(ゐんしひ[やぶちゃん注:ママ。])を斷(たつ)事、日あり。願はくは、鮮魚(あたらしきうを)を以(もつて)、飮食をすゝめ給へ。」

時に上人、長洲濱(ながすのはま)に至(いたつ)て魚を得て、これを烹(に)てあたふ。

「先(まづ)、試(こゝろみ)に、上人、召せ。」

といふ。

則〔すなはち〕、食して、

「甚(はなはだ)甘美也。」

と、これを進む。

又、曰、

「吾に黑瘍(かぶとがさ)ありて、これを患ふ。上人、瘡瘍(さうじゆく)を舐(なめ)ば、痛(いたみ)、さるべきか。」

其體(そのたい)、焦烟(たゞれ)、甚だ臭く、近付(ちかづく)べきにもあらず。

上人、

「いとやすし。」

と是を舐(なむ)。

忽(たちまち)に其像(そのかたち)、金身(こんしん)と成〔なり〕、藥師如來と現ず。于ㇾ時(ときに)、佛(ほとけ)、告(つげ)て曰(いは)く、

「吾は溫泉山(ゆのやま)にあり、上人を試(こゝみ)んがため、今、病體と現ず。」

言已(いひおわつ[やぶちゃん注:ママ。]て、見へ[やぶちゃん注:ママ。]ず、となり。

件(くだん)の魚の殘餘を昆陽池(こやのいけ)に放つ。

化(け)して一目(いちもく)の魚と成〔なる〕と云〔いふ〕。

[やぶちゃん注:物語性を効果的に示すために、特異的に改行した。広く存在する片目眇の魚の伝承譚については、柳田國男が大正六(一九一七)年二月の『郷土研究』に発表した「片目の魚」が纏まったものとしてはよいのだが、生憎、電子化されていない。そのうち、私がやりましょう。なお、児童向けに書かれた柳田の「日本の伝説」(初版標題は「日本神話伝説集」で昭和四(一九二九)年アルス「日本児童文庫」刊)にも同題「片目の魚」が載り、本条も紹介されてある。これは「青空文庫」のこちら(新字新仮名)で読める。また、私がここにカテゴリ「柳田國男」で全電子化注を終わっている柳田の単行本「一目小僧その他」(昭和九(一九三四)年六月小山書院刊)も、各所で「片目の魚」について述べており、ここの話もこちらに出る(柳田は『「攝陽群談」等』に所載するとする)ので、参照されたい。

「攝津國川邊郡昆陽池(こやのいけ)」兵庫県伊丹市にある昆陽池。ここ(グーグル・マップ・データ。ロケーションの一つである有馬温泉を中央に配した)。行基(複数回既出既注)の指導により、農業用池として天平三(七三一)年に造立された、人工の溜め池。

「行波(ぎやうは)明神」『伊丹市文化財ボランティア火曜会通信』六十九平成二八(二〇一六)発行)の「町の小さな文化財 第9回 昆陽池の守護神 行波大明神」PDF)によれば、小さな祠として、『昆陽池の北側』の『大池橋北詰で健在で』あり、『「行波」とはこの附近の旧地名で、現在近くにある「中野行波公園」がその名を留めている』とある。位置はリンク先の地図を参照されたい。この小祠は行基の昆陽池の開発の際に守護神として勧請されたものと伝承されている(十八世紀後半のこの地区の地誌に記載)ともある。

「一男」一人の男。

「飮食(ゐんしひ)」歴史的仮名遣は「いんしい」でよい。「いんしよく」に同じい。

「長洲濱(ながすのはま)」現在の兵庫県尼崎市の海岸。

「先(まづ)、試(こゝろみ)に、上人、召せ」無論、魚も殺生戒の対象。

「黑瘍(かぶとがさ)」かく判読はした。黒く変色した皮膚の腫れ物。「瘡瘍(さうじゆく)」(これもかう判読はした)も同じ。

「痛(いたみ)、さるべきか」痛みがおさまるんだがなぁ。

「焦烟(たゞれ)」二字へのルビ。

「溫泉山(ゆのやま)」現在の有馬温泉にある湯泉(とうせん)神社の、当時の神仏習合形態の仏神。かつては有馬温泉郷の傍ら、六甲山系の愛宕山の中腹に開かれたとされる有馬山温泉寺(おんせんじ)と一緒であった。同寺は現在、兵庫県神戸市北区有馬町にあり、黄檗宗であるが、元は真言宗で本尊は薬師如来である。縁起によれば、養老八・神亀元(七二四)年に、まさに行基によって開かれたとされる。兵庫県立歴史博物館ネットミュージアム伝承解説ページでは、この時の薬師如来顕現を以って行基は薬師如来像を彫り、堂を建てたのが温泉寺の始まりとさえある。]

« 諸國里人談卷之五 眇魚 | トップページ | 甲子夜話卷之五 2 文政五年春、日に交暈ある事幷圖 »