フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之三 中院通茂公關東逗留事 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 ※(「※」=「魚」+「夏」)(ハエ) (ハヤ) »

2018/08/25

大和本草卷之十三 魚之上 鰷魚 (アユ)

 

鰷魚 春初海ト河トノ間ニテ生レテ河水サカ上ル夏一

 漸長ス八月以後サヒテ味ヨカラス秋ノ末河上ヨリ下

 リテ潮サカヒニテ子ヲウンテ死ス沙川ノ鰷ハ小ニ乄瘦

 ス大石多キ大河ニアルハ苔ヲ食フ故大ニ乄肥ユ大ナルハ

 尺ニ至ル又香魚ト名ツク香ヨキ故也雨航雜錄

 香魚鱗細不腥春初生月長一寸至冬月長盈則

 赴潮際生子生已輙稿一名記月魚稿トハアユノサ

 フルヲ云豊後國早見郡立石村ノ淺見川ノ鰷ハ冬

 ニ至ルマテ下ラスサヒス其川ニ温泉イテヽ水温ナル故

 ナルヘシ凡鰷性温補香味共ニヨシ背ニ脂アリ滯痰

 氣膓ノ醢ヲ俗ニウルカト云久泄利ヲ止ム初症ニハ不

 可也宿食及有痰人不可食鰷ノ子ヲマシエタルハ味尤

 美也又鰷肉ヲ切テ醢トス亦可也鰷ニ雌雄アリ雌ハ

 首小ニ身廣ク皮薄ク色黃ナリ子ハ粟ノ如シ白子

 モアリ秋半二胞アリ雄ハ頭小身狹ク色雌ヨリ淡

 黑ナリ雌ヨリ長シ粟子ナシ白子二胞アリ雌ハ味ヨ

 シ雄ハ味劣ル雄ハ秋半早ク枯ル雌ハヲソクサフル鰷ヲ[やぶちゃん注:「ヲソク」はママ。]

 セイゴ云説アヤマリ也又鮎ヲアユトヨムモ誤也鮎ハ諸

 書ヲ考ルニナマツナリ日本紀神功皇后紀ニ細鱗魚

 ヲアユトヨメリ

○やぶちゃんの書き下し文

鰷魚(アユ) 春の初め、海と河との間にて生まれて、河水にさか上る。夏一〔(なついち)に〕、漸〔(やうや)く〕長ず。八月以後、さびて、味、よからず。秋の末、河上より下りて、潮さかひにて、子をうんで、死す。沙川の鰷は小にして、瘦(や)す。大石多き大河にあるは、苔を食ふ故、大にして肥ゆ。大なるは尺に至る。又、「香魚」と名づく。香〔(かをり)〕よき故なり。「雨航雜錄」に云はく、『香魚、鱗、細く、腥〔(なまぐさ)〕からず。春の初め、生ず。月に長ずること、一寸、冬月に至り、長盈〔(ちやうえい)〕し、則ち、潮〔の〕際〔(きは)〕に赴き、子を生む。生み已〔(をは)〕つて、輙〔(すなはち)〕、「稿」は[やぶちゃん注:「は」は不要な送り字のように思われ、ここで原文は小さくブレイクしているものと思う。或いは送るなら、「となる」辺りが適切と考える。]、一名、「記月魚」。』〔と〕。「稿」とは、あゆのさぶるを云ふ。豊後國早見郡立石村の淺見川の鰷は、冬に至るまで下らず、さびず。其の川の温泉いでゝ、水、温〔(あたたか)〕なる故なるべし。凡そ、鰷の性、温補す。香・味、共によし。背に脂あり、痰氣を滯〔(とど)め〕しむ。膓(わた)の醢(なしもの)を俗に「うるか」と云ふ。久しき泄利を止〔(とど)〕む。初症には不可なり。宿食及び痰有る人、食ふべからず。鰷の、子をまじえたるは、味、尤も美なり。又、鰷〔の〕肉を切りて醢〔(なしもの)〕とす、亦、可なり。鰷に雌雄あり、雌は、首、小に〔して〕、身、廣く、皮、薄く、色、黃なり。子は粟のごとし。白子もあり。秋半ば、二胞〔(ふたはら)〕あり。雄は、頭、小に〔して〕、身、狹く、色、雌より淡黑なり。雌より長し。粟子、なし。白子、二胞〔(ふたはら)〕あり。雌は、味、よし。雄は、味、劣る。雄は、秋半ば、早く、枯(さぶ)る。雌は、をそく、さぶる。鰷を「セイゴ」と云ふ説、あやまりなり。又、鮎を「アユ」とよむも誤りなり。「鮎」は諸書を考ふるに「ナマヅ」なり。「日本紀」「神功皇后紀」に「細鱗魚」を「アユ」とよめり。

[やぶちゃん注:条鰭綱キュウリウオ目キュウリウオ亜目キュウリウオ上科キュウリウオ科アユ亜科アユ属アユ Plecoglossus altivelis(属名「プレコログロッツス」はギリシャ語の「襞のある」と「舌」の合成で、種小名「アルティベリス」は「帆を張ったような高い背鰭」の意)。ウィキの「アユ」によれば、『北海道・朝鮮半島からベトナム北部まで東アジア一帯に分布』するが、『日本がその中心である』。他に正式な亜種として、リュウキュウアユ Plecoglossus altivelis ryukyuensis(絶滅危惧IA類(CR)。琉球列島固有亜種で、現在は奄美大島のみに棲息する。かつて棲息していた沖縄本島北部西海岸に注ぐ河川の在来個体群は一九七〇年代に絶滅した)及び中国産亜種 Plecoglossus altivelis chinensis や、朝鮮半島産個体群(『予備的な研究により』、『日本産と遺伝的に有意の差があるとの報告がされている』)がいる外、琵琶湖産の「コアユ」と呼んでいる個体群は『アイソザイム(アロザイム)分析の結果、日本本土産の海産アユから』十『万年前』に分かれたもの『と推定されて』(但し、正式な亜種として分類されてはいない)おり、また、本州のアユも『遺伝的に日本産海産アユは南北』(『天塩川が日本の分布北限』)二つの『群に分けられる』とある。

「鰷魚(アユ)」益軒は最後の方で『鰷を「セイゴ」と云ふ説、あやまりなり。又、鮎を「アユ」とよむも誤りなり。「鮎」は諸書を考ふるに「ナマヅ」なり』と如何にも自慢げに記しているが、自分の表記自体の誤りを微塵も認識していない(但し、この「鰷」を「アユ」とする誤認は、江戸時代、巷間は勿論、こうした本草書にも蔓延してはいた)。「鰷」は昔から中国でも本邦でも「ハヤ」類を指す(「ハエ」「ハヨ」とも呼ぶ)。これは概ね、

コイ科ウグイ亜科ウグイ属ウグイ Tribolodon hakonensis

ウグイ亜科アブラハヤ属アムールミノー亜種アブラハヤ Rhynchocypris logowskii steindachneri

アブラハヤ属チャイニーズミノー亜種タカハヤ Rhynchocypris oxycephalus jouyi

コイ科Oxygastrinae 亜科ハス属オイカワ Opsariichthys platypus

Oxygastrinae 亜科カワムツ属ヌマムツ Nipponocypris sieboldii

Oxygastrinae 亜科カワムツ属カワムツ Nipponocypris temminckii

の六種を指す総称である。則ち、この「鰷魚」(じょうぎょ)とは、「荘子」の「秋水篇」の私の大好きな「知魚楽」の論理対話に登場する「鯈魚(ゆうぎょ)」と同じなのである。あの魚を「アユ」とする注を私は見たことがない(実際には小アユであったものよいのだが、諸注は皆、「ハヤ」の類とする)私の漢文の授業思い出される諸君も多かろうから、折角だから、私の「橋上 萩原朔太郎 + 荘子 秋水篇 『知魚楽』」をリンクさせておく。注で原文と訓読及び私の語注、さらにオリジナル現代語訳(今回全面的に新訳したもの。特に現在時制にしてシナリオのように示すことで新味が出たとは思う)を配してある。さても……益軒先生、多数者の誤認を鬼の首を捕ったように指弾しているあなたも、実は結局、トンデモ誤認の渦中にいた一人であったことを理解されていなかった「井の中の鯰(なまず)」だったのですよ……なお、ウィキの「アユ」の「名称」の部分を引いておくと、『漢字表記としては、香魚(独特の香気をもつことに由来)、年魚(一年で一生を終えることに由来)、銀口魚(泳いでいると口が銀色に光ることに由来)、渓鰮(渓流のイワシの意味)、細鱗魚(鱗が小さい)、国栖魚(奈良県の土着の人々・国栖が吉野川のアユを朝廷に献上したことに由来)、鰷魚(江戸時代の書物の「ハエ」の誤記)など様々な漢字表記がある』。『また、アイ、アア、シロイオ、チョウセンバヤ(久留米市)、アイナゴ(幼魚・南紀)、ハイカラ(幼魚)、氷魚(幼魚)など地方名、成長段階による呼び分け等によって様々な別名や地方名がある』。『アユの語源は、秋の産卵期に川を下ることから「アユル」(落ちるの意)に由来するとの説や神前に供える食物であるというところから「饗(あえ)」に由来するとの説など諸説ある』。『現在の「鮎」の字が当てられている由来は諸説あり、神功皇后がアユを釣って戦いの勝敗を占ったとする説』、『アユが一定の縄張りを独占する(占める)ところからつけられた字であるというものなど諸説ある。アユという意味での漢字の鮎は奈良時代ごろから使われていたが、当時の鮎はナマズを指しており、記紀を含めほとんどがアユを年魚と表記している』。『中国で漢字の「鮎」は古代日本と同様ナマズを指しており』、『中国語でアユは、「香魚(シャンユー、xiāngyú)」が標準名とされている。地方名では、山東省で「秋生魚」、「海胎魚」、福建省南部では「溪鰛」、台湾では「』=「魚」+「桀」)『魚」、「國姓魚」とも呼ばれる』とある。また、実は次の独立項が「※(ハエ)」(「※」=「魚」+「夏」)なのである。

「春の初め、海と河との間にて生まれ」親アユの産卵は水温が摂氏十五度から十八度の時節を産卵の最盛期とし、東北・北海道では八月下旬から九月上旬、本州中部附近では十月下旬から十一月上旬、南日本では十二月中旬である(ここは個人サイト「渓一郎の鮎迷人」の「鮎の生態と現況」に拠った)。則ち、産卵は概ね秋で、産卵場所は遡上した河川を下った河川下流域である。水温十五度から二十度の間では二週間ほどで孵化する。ウィキの「アユ」によれば、『孵化した仔魚はシロウオのように透明で、心臓やうきぶくろなどが透けて見える。孵化後の仔魚は全長約』六ミリメートルで、『卵黄嚢を持つ』とある。その後、『仔魚は数日のうちに海あるいは河口域に流下し』、『春の遡上に備える。海水耐性を備えているが、海水の塩分濃度の低い場所を選ぶため、河口から』四キロメートル『を越えない範囲を回遊』し、『餌はカイアシ類などのプランクトンを捕食して成長する。稚魚期に必要な海底の形質は砂利や砂で、海底が泥の場所では生育しない。全長約』一センチメートル程度になると、『砂浜海岸や河口域の浅所に集まるが、この頃から既にスイカやキュウリに似た香りがある。この独特の香りは、アユの体内の不飽和脂肪酸が酵素によって分解されたときの匂いであり、アユ体内の脂肪酸は餌飼料の影響を受けることから、育ち方によって香りが異なることになる。香り成分は主に2,6-ノナジエナールであり、2-ノネナール・3,6-ノナジエン-1-オールも関与している』(しばしばアユの香りは川苔を捕食するからとする言説を聴くが、あれは誤りである)。『稚魚期には、プランクトンや小型水生昆虫、落下昆虫を捕食する』とある。

「河水にさか上る。夏一〔(なついち)に〕、漸〔(やうや)く〕長ず」ウィキの「アユ」によれば、体長五・九~六・三センチメートルになると、『鱗が全身に形成され』、その後、『稚魚は翌年』の四月から五月頃、五~十センチメートル程に成長した上で、川の遡上を開始する。『この頃から体に色がつき、さらに歯の形が岩の上の藻類を食べるのに適した櫛(くし)のような形に変化する。川の上流から中流域にたどり着いた幼魚は水生昆虫なども食べるが、石に付着する藍藻類および珪藻類(バイオフィルム』:Biofilm:菌膜(きんまく):微生物により形成される構造体『)を主食とするようになる。アユが岩石表面の藻類をこそげ取ると』、『岩の上に紡錘形の独特の食べ痕が残り、これを特に「はみあと(食み跡)」という。アユを川辺から観察すると、藻類を食べるために』、『しばしば岩石に頭をこすりつけるような動作を行うので他の魚と区別できる』。『多くの若魚は群れをつくるが、特に体が大きくなった何割かの若魚は』餌となる『藻類が多い場所を独占して縄張りを作るようになる。一般には、縄張りを持つようになったアユは黄色みを帯びることで知られている』。『特にヒレの縁や胸にできる黄色斑は』、『縄張りをもつアユのシンボルとされている』。『アユの視覚は黄色を強く認識し、それによって各個体の争いを回避していると考えられている』。縄張りは、一尾のアユにつき、約一メートル四方ほどで、『この縄張り内に入った他の個体には』、『体当たりなどの激しい攻撃を加える。この性質を利用してアユを掛けるのが「友釣り」で』ある、とある。

「八月以後、さびて、味、よからず」やはりウィキの「アユ」から引く。『夏の頃、若魚では灰緑色だった体色が、秋に性成熟すると』、『「さびあゆ」と呼ばれる橙と黒の独特の婚姻色へ変化する。成魚は産卵のため』、『下流域への降河を開始するが、この行動を示すものを指して「落ちあゆ」という呼称もある。産卵を終えたアユは』一『年間の短い一生を終えるが、広島県太田川、静岡県柿田川などの一部の河川やダムの上流部では』、『生き延びて越冬する個体もいる』。『太田川での調査結果からは、越年アユは全て雌で』、『再成熟しての産卵は行われないと考えられている』とある。

「雨航雜錄」明代後期の文人馮時可(ふう(ひょう)じか)が撰した雑文集。魚類の漢名典拠としてよく用いられる。四庫全書に含まれている。

「長盈〔(ちやうえい)〕」「盈」は「満ちる・満たす・余る」の意で、ここは十分に体が大きく成長すること、生殖可能な成魚となることを指す。

「稿」には「枯れた稲」の意がある。「錆(さび)鮎」の色に相応する。

「記月魚」まさに一年の「月」(季節)を「記」す、数えるように生きたことを、体表に「さび」を以って「記」した「魚」の意であろう。

「豊後國早見郡立石村の淺見川」現在の大分県別府市南立石の近くを流れる朝見川であろう。ここ(グーグル・マップ・データ)が南立石地区で、その北端を横切って東南に下って別府湾にそそいでいるのが朝見川で、支流にはまさに「鮎返川(あゆかえりがわ)」がある。なお益軒は福岡藩士であるから、近場である。

「冬に至るまで下らず、さびず。其の川の温泉いでゝ、水、温〔(あたたか)〕なる故なるべし」残念ながら、幾つかのフレーズ検索を頻りに掛けてみたが、現在の朝見川に越年アユが棲息する事実には行き当たらなかった。というより、現在の朝見川で鮎釣りをしているという記載自体が見つからない。現地の方の情報を俟つものである。

「温補」漢方で健康な人体にとって必要な温度まで高める力を補うの意。

「背に脂あり、痰氣を滯〔(とど)め〕しむ」背の部分の脂が痰の詰まりを抑える効果を持つと言っている。ここは「背の脂」に限定しているのであって、後の鮎の「膓(わた)の醢(なしもの)」=内臓の塩辛である「うるか」が「痰有る人、食ふべからず」とあるのとは矛盾しないので注意が必要。

「うるか」平仮名書きが現在も普通。ウィキの「うるか」より引く。「鱁鮧」「潤香」「湿香」と書く。アユの塩辛。「鮎うるか」とも称する。『鮎の内臓のみで作る苦うるか(渋うるか、土うるか)、内臓にほぐした身を混ぜる身うるか(親うるか)、内臓に細切りした身を混ぜる切りうるか、卵巣(卵)のみを用いる子うるか(真子うるか)、精巣(白子)のみを用いる白うるか(白子うるか)等がある』。『鮎が捕れる地域の名産品であり、日本全国で見られるが、岐阜県の長良川』、『熊本県の球磨川、島根県の高津川』、『大分県の三隈川』、『大野川』『のものなどが知られている。以下、「身うるか」の製法。『ひれ、うろこを取り、頭、尾びれを切り取る。内臓は残す』。『骨ごと細かく切り、包丁でたたいてミンチ状にする』。『塩を加えて、さらに擦り潰す』。その後、一日に四回ほど『かき混ぜながら』、一『週間ほど置く』と出来上がり。『酒の肴』『にするほか、サトイモやナスに加えて煮物にしたり、うるか汁にしたりする』とある。

「久しき泄利」慢性的な下痢。

「初症」下痢の初期や急性の下痢症状を指すのであろう。

「宿食」(しゅくしょく)は飲食物が胃腸に停滞してしまう病証を指す。「食積」「傷食」「宿滞」などとも称し、食べ過ぎ或いは脾虚を原因とし、上腹部の脹痛・酸臭のあるゲップ・悪心・食欲不振・便秘或いは下痢を主症状とし、悪寒・発熱・頭痛などを伴うこともある。

「鰷の、子をまじえたる」鮎が子持ちであること。

「鰷〔の〕肉を切りて醢〔(なしもの)〕とす」前注「うるか」の「身うるか」。

「鰷に雌雄あり」以下に益軒はうじゃうじゃ対照しているが、これでは区別は出来ない。そもそもアユは捌かないと実際には判り難い。一般には、尾鰭の前方下側に生えている三角形の尻鰭を広げて横から見た際、

――丸みが少なく、幅が狭く、全体に三角形に見えるのが♂

――同時期の成魚の♂に比べ、丸みと膨らみがあり、中心よりもやや後ろ側にV字型の窪みがあり、鰭全体が歪んだハート型のような感じに見えるのが♀

とするが、これも素人では確かな雌雄を並べられて見て、初めて差違が判るものとも言える。「鮎処 こしじ茶」の対象写真をリンクさせておく。

「雌は、首、小に〔して〕、身、廣く、皮、薄く、色、黃なり。子は粟のごとし。白子もあり」不審。雌に白子があろうはずがない。現在のおぞましいバイオ技術では雌雄同体アユは作り出されているがね。

「二胞〔(ふたはら)〕」読みは私の推定。二腹。

「枯(さぶ)る」「錆びる」に同じい。寧ろ、この当て字の方が中国語の「稿」に相応しい。

「をそく」「遲く」。

「セイゴ」出世魚で、海産でありながら、驚くべき上流まで川を遡上して平気でいられるスズキ目スズキ亜目スズキ科スズキ属スズキ Lateolabrax japonicus の、若年期の呼称。関東では一歳から二歳で全長が二十~三十センチメートル程度までのものを「セイゴ」(鮬)と呼ぶが、それより小さな十五~十八センチメートルのものを指す地域も多く、愛知県では小型のスズキを概ね「セイゴ」と呼び、大きさと出世呼称名は地方によって異なる。

『「鮎」は諸書を考ふるに「ナマヅ」なり』室町幕府第十四代将軍足利義持の命で、瓢箪でナマズを押さえるという禅の公案を描いた国宝「瓢鮎図」が知られる。応永二二(一四一五)年以前の作で、京都妙心寺塔頭退蔵院所蔵。画面上半には大岳周崇の序と玉畹梵芳など三十一人の禅僧による画賛がある。これ(リンク先はウィキの「瓢鮎図の画像)。則ち、知識人は「鮎」がナマズであることは知っていたのである。

『「日本紀」「神功皇后紀」に「細鱗魚」を「アユ」とよめり』「日本書紀」の「神功皇后摂政前紀仲哀天皇九年(庚辰二〇〇)四月甲申」の条に、

   *

夏四月壬寅朔甲辰。北到火前國松浦県。而進食於玉嶋里小河之側。於是皇后勾針爲鉤。取粒爲餌。抽取裳縷爲緡、登河中石上。而投鉤祈之曰。朕西欲求財國。若有成事者、河魚飮鉤。因以舉竿。乃獲細鱗魚。時皇后曰。希見物也。故時人號其處曰梅豆羅國。今謂松浦訛焉。是以其國女人。每當四月上旬。以鉤投河中。捕年魚、於今不絶。唯男夫雖釣、以不能獲魚。

   *

と出るのを指す。他にも「日本書紀」では「阿喩(あゆ)」の文字を当てている箇所がある。また、「古事記」にも同じ仲哀天皇神功皇后のシークエンスに「年魚」が出、現行ではこれは「あゆ」と訓読されている(他に崇神天皇の冒頭に妃の名に「遠津年魚目目微比賣」とあって、現行では「とほつあゆめまくはしひめ」と訓じている。「万葉集」には、十五首もの歌に「あゆ」が読まれており、「年魚(あゆ)」(四七五・九六〇・三三三〇・四一五六番)・「阿由(あゆ)・和可由(わかゆ:若鮎)」(八五五~八五九・八六一・八六三・八六九番(異形)・「鮎(あゆ)」(三三三〇(「年魚」とは別箇所で使用)・四一五八番)・「安由(あゆ)」(四〇一一・四一九一番)と上代特殊仮名遣で表記され、現行では、かく読まれている。また、ネットの情報では藤原京(六九四年~七一〇年)出土の木簡に献上品目「上毛野國車評桃井里大贄鮎」と出、これはナマズではなくアユと考えられ、養老五(七二一)年の正倉院文書にも「阿由」が使用されているという。則ち、上古(特に奈良時代)には既に「鮎」は普通に「あゆ」と読まれ、現在のアユのことを指していたと考えてよいのである。]

« 譚海 卷之三 中院通茂公關東逗留事 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 ※(「※」=「魚」+「夏」)(ハエ) (ハヤ) »