フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談 序(菊岡沾涼) / 表紙 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(50) 武權の勃興(Ⅱ) »

2018/08/14

諸國里人談 目次(全) / 諸國里人談~電子化注完遂

 

[やぶちゃん注:最後に、各巻頭に存在する目次をここに纏めて出すここでは、刊行時のそれを伝えるため、早稲田大学古典総合データベースの最も古い①を用いた(但し、実は③も大差なく、巻之二の甚大な錯雑さえも無批判にそのまま写しとっている)。表記は①のママで、本文同様、迷ったものは正字で表記した。原典では概ね二段組表記(目次を二頁に納めるためで、項目数の多い第四巻では終りが三段組となっている)であるが、ブログ・ブラウザでの不具合を考え、一段で示した。字配も一致させてはいない。また、国名等を除いてルビが附されているが、五月蠅くなり、見た目の整列も悪くなるので、総て略した。読みは概ね、本文標題或いは本文内に附してある。

 

諸國里人談巻之一

   ㊀神祀部

○和布刈    豊前

○諏訪祭    信濃

○芝條     出羽

○吉備津釜   備中

○鹿伏神軍   佐渡

○飽海神軍   出羽

○龍王祭    淡路

○直會祭    尾張

○人魚     若狹

○龍虵     出雲

○梅園社    肥前

○犬頭社    三河

○熱田的射   尾張

○常陸帯    常陸

○筑摩祭    近江

   ㊁釋教部

○佛舎利    大和

○大佛     奈良 京都

○大觀音    泊瀨 鎌倉 江戸

○嵯峨釈迦   山城

○善光寺如來  信濃

○石羅漢    豊後 大和

○鬼押     伊勢

○金印     相摸

○高野山禁ㇾ笛 紀伊

○雷鳥     加賀

○三猿堂    近江

 

諸國里人談巻之二

   ㊂奇石部

○息栖甁    常陸

○要石     常陸

○※石     安藝

[やぶちゃん注:「※」=「石」+(つくり:「而」(上)+「大」(下)。「※石」で「さゝれいし」とルビする。「さざれいし」。]

○根矢鉾立   越後

[やぶちゃん注:以下、「○鸚鵡石」までは(ここここ)激しい錯雑が起こっており(①・②・③総て同じ)、前後するどころの騒ぎではないので、本文に合わせて特異的に順列を組み替えた(なお、吉川弘文館随筆大成版は正しく直されてある)。各条自体は①の表記に拠っている。]

○姨石     信濃

○文字摺石   陸奧

○名號石    相摸

○蛙石     摂津

○釣鐘石    摂津

○京女郞    讃岐

○巫石     下野

○殺生石    下野

○石燈籠    相摸

[やぶちゃん注:以上の「○石燈籠」は①・②・③総てで脱落しているので、補った。「相摸」の字は前後及び本文の表記に拠った。]

○石宝殿    播广

[やぶちゃん注:「广」は「磨」の略表記。]

○鬼橋     備後

○鵜飼石    甲斐

○龍淵     和泉

○栢葉石    陸奧

○隠水石    紀伊

○木葉石    出雲

○姥石     越中

○水口石    近江

○月糞     美濃

○星糞     信濃

○神石窟    出羽

○鸚鵡石    伊勢

○御福石    上野

   ㊃妖異部

○成ㇾ大會   山城

[やぶちゃん注:返り点は現在のように厳密に規則既定されたものとはされておらず、判り切っている場合、二字以上を纏めて戻る場合でも、しばしばㇾ点が用いられた。ここもそのケースで「大會(たいゑ)と成(な)る」(ルビはママ)と読む。]

○森囃     相摸

○髮切     伊勢

○雇天狗   江戸

○河童歌    肥前

○鬼女     三河

○皿屋敷    江戸 出雲 ハリマ

[やぶちゃん注:「ハリマ」のカタカナはママ。]

○窟女     伊勢

○天狗遊石   伊賀

○木葉天狗   遠江

○片輪車    近江

 

諸國里人談巻之三

  ㊄山野部

○富士     駿河

○淺間     信濃

○阿蘓     肥後

○妙義     上野

○燒山     陸奧

○立山     越中

○雲仙     肥前

○彦山     豊前

○白峰     讃岐

○洞穴     若狹

○風穴     和泉

[やぶちゃん注:上記は、「かさあな」のルビ。]

○風穴     甲斐

[やぶちゃん注:上記は、「ふうけつ」のルビ。]

○土團子    甲斐

○土饅頭    周防

○室八島    上野

[やぶちゃん注:「室八島」の「上野」は「下野」の誤り。]

○迯水     武藏

○野守鏡    大和

○阿漕塚    伊勢

○短尺塚    陸奧

○黒塚     武藏

   ㊅光火部

○火辨

○不知火    豊後

○橋立龍燈   丹後

○焚火     隱岐

○分部火    伊勢

○二恨坊火   摂津

○虎宮火    摂津

○嗟跎龍燈   土佐

○野上龍燈   周防

○光明寺龍燈  相摸

○狸火     摂津

○姥火     河内

○秋葉神火   遠江

○千万火    伊勢

○狐火玉    京

○油盗火    近江

○入方火    越後

○火浣布 寒火 异国

[やぶちゃん注:「异」は「異」の異体字。]

 

諸國里人談巻之四

   ㊆水邊部

○水辨

○若狹井    奈良

○塩井     陸奧

○塩泉     下野

○油池     出羽

[やぶちゃん注:「油池」の「出羽」は「越後」の誤り。]

○油泉     美濃

○掘兼井    武藏

○入梅井    摂津

○念佛池    美濃

○浮島     出羽

○嶋     西國

[やぶちゃん注:原典では「」(「遊」の異体字)は(てへん)を(しんにょう)の左に出した字体。]

○津志滝    安藝

○裏見瀧    下野

○鼓滝     摂津

○有馬毒水   摂津

○高野毒水   紀伊

○桜池     遠江

○龍池     相摸

○竜穴     信濃

  ㊇生植部

○曽根松    播磨

○不断桜    伊勢

○十六桜    伊与

[やぶちゃん注:「伊与」はママ。「伊予」の誤刻であろう。]

○八重桜    大和

○唐崎松    近江

○銭掛松    伊勢

○枝分桃    安藝

○無澁榧    甲斐

○青葉楓    相摸

○印杉     大和

○観音寺笹   三河

○大竹     駿河

○臥竜梅    武藏

○八幡木    土佐

○西行桜    山城

○遊行柳    上野

[やぶちゃん注:「遊行柳」の「上野」は「下野」の誤り。]

○小町芍藥   出羽

○一夜杉    出羽

○伐ㇾ桜    京

○大樹     筑紫 近江

○物見松    美濃

大番焦    堺

[やぶちゃん注:「大番焦」は「おほそてつ」とルビ。本文の表記標題は「妙國寺蘇鉄」。]

○八橋杜若   三河

○宮城野萩   陸奧

 

諸國里人談巻之五

   ㊈氣形部

○犬生ㇾ人   和泉

○源五郞狐   大和

○伯藏主    江戸

○横山狐    伯耆

○宗語狐    京

○稲荷仕者   京

○鯉社仕者   丹波

○黒島鼠    讃岐

○大鼠     信濃

○武文蟹    摂津

○大蟹     摂津

[やぶちゃん注:「大蟹」の「摂津」は「三河」の誤り。]

○大烏賊    相摸

○松喰虫    武藏

○石蛤     土佐

○眇魚     出羽

○片目魚    摂津

○玉島川鮎   肥前

○宮川年魚   伊勢

  ㊉器用部

○大峰鐘    大和

○三井鐘    近江

○須磨寺鐘   摂津

○無間鐘    遠江

○東大寺鐘   大和

○方廣寺鐘   京

○建長寺鑑   相摸

○長樂寺鈴   上野

○鴨毛の屏風  大和

○奇南     异国

○蘭奢待    大和

○永樂銭起   相摸

 

[やぶちゃん注:以上を以って菊岡沾涼「諸國里人談」のオリジナル電子化注を完遂した。]

« 諸國里人談 序(菊岡沾涼) / 表紙 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附やぶちゃん注(50) 武權の勃興(Ⅱ) »