フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之五 無間鐘 | トップページ | 諸國里人談卷之五 方廣寺鐘 »

2018/08/06

諸國里人談卷之五 東大寺鐘

 

    ○東大寺鐘(とうだいじのかね)

南都東大寺の鐘は、聖武帝の御願(ごぐわん)、天平年中に鑄ㇾ之(これをいる)。

 長〔たけ〕    一丈三尺六寸

 口徑(わたり)  九尺一寸三分

 厚〔あつさ〕   八寸三分

 量(おもさ)   四万八千九百貫目

冶工(いものしは)

 柹本男玉(かきのもとのおたま)

 高市眞國(たかいちまくに)

 高市眞※(まのまろ)等なり。

[やぶちゃん注:①③ともに「※」=「麿」から「林」を除いた字体。「麿」に同じいようだ。度量衡は原典では二段組、鋳造師の名前は一字空けで総て繋がっているが、ブラウザの不具合を考え、かく示した。東大寺の梵鐘は大仏開眼供養の前年である天平勝宝三(七五一)年に鋳造されたと伝えられている。

「長」「一丈三尺六寸」高さ四メートル十二センチ。現在の公的数値は三メートル八十五センチ。

「口ノ徑(わたり)」「九尺一寸三分」口径二メートル七十七センチ弱。現在の直径は二メートル七十一センチ弱。

「厚」「八寸三分」二十五センチ。現行不明。

「量(おもさ)」「四万八千九百貫目」これは何かの間違いだろう。百八十三トン越えになってしまう。現行では二十六トン三百六十四キログラムで、これだと、七千三十貫ほどである。この数値がいっかな怪談で御座りまする、沾涼殿!

「柹本男玉(かきのもとのおたま)」「高市眞國(たかいちまくに)」「高市眞※(まのまろ)」(「※」=「麿」から「林」を除いた字体)彼らは三人総てが大仏鋳造に中心的役割を果たした鋳物師である。特に大鋳師「高市眞國」は高市眞國(たけちのさねくに)のことで、大仏鋳造の指揮をとったと思われていると、東大寺公式サイトにあった。]

« 諸國里人談卷之五 無間鐘 | トップページ | 諸國里人談卷之五 方廣寺鐘 »