フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之五 大蟹 | トップページ | 諸國里人談卷之五 松喰虫 »

2018/08/02

諸國里人談卷之五 大烏賊

 

    ○大烏賊(おほいか)

享保十五年の春、江戸神田、中島氏、四、五人を催し、江の島參詣しけるに、江の島の獵師町に、大きなる烏賊(いか)を引〔ひき〕あげたり、と騷ぎける。よつてこれを見るに、長さ九尺ばかりあり。斯(かゝ)る巨魚(こぎよ)もあるものか。漁人(ぎよじん)も「前代(ぜんだい)、そのためし、あらず」と云〔いふ〕。「江戸へ送らば、よき芝居物ならん」といひて通〔とほり〕たり。程歴(ほどへ)て評〔ひやうして〕曰〔いはく〕、「肉は迚も持つべからず。甲(こう)ばかりを求(もとめ)なば、よき見物ならん」と、人々、いひあへり。

[やぶちゃん注:採集(漂着)地が江ノ島であること、触腕を含めた全長であると考えてよいこと、また、漂着個体の場合、腐敗が進んで体が崩れてさらに長く見えたであろうこと等を考慮すれば、軟体動物門頭足綱鞘形亜綱十腕形上目ツツイカ目閉眼亜目ソデイカ科ソデイカ属ソデイカ Thysanoteuthis rhombus の超大型個体と考えてよいと私は思う。無論、深海性の稀種である鞘形亜綱十腕形上目開眼目ダイオウイカ科ダイオウイカ属ダイオウイカ Architeuthis dux の可能性も否定は出来ないが、だとすれば、高い確率で漂着死亡個体であり、それならば、有意に強いアンモニア臭がした筈であるが、それを彼らは語っていない点で私は同定候補から外すものである。ソデイカは通常は一メートルであるが、二メートルに達する個体もある。

「享保十五年」一七三〇年。

「中島氏」不詳。

「獵師町」「漁師町」。現在の弁天橋を渡った左手のヨット・ハーバーへ向かう手前一帯。

「九尺」二メートル七十三センチメートル弱。]

« 諸國里人談卷之五 大蟹 | トップページ | 諸國里人談卷之五 松喰虫 »