フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之上 鰧魚 (ビワマス) | トップページ | 譚海 卷之三 中院通茂公關東逗留事 »

2018/08/24

甲子夜話卷之五 11 神君御花押の事

 

5-11 神君御花押の事

昔の花押は、人々異體にして、いかにも五雲體の起本を失はざりしが、偃武の御世となりしより、下に必一字を引こと法の如く成しは、列祖の御押に倣ふより昉れり。因て世に其形を德川判と稱す。後水尾帝の御押二樣あり。内一つも正しく德川判なり。當時の主上まで御家の和風に傚ひ玉へば、その以下はさあるべきこと勿論。この一つにても風靡の大なるを見るべしと、林氏話。

■やぶちゃんの呟き

「五雲體」不詳。ウィキの「花押」にある、『江戸中期の故実家伊勢貞丈(いせさだたけ)は、花押を』五『種類に分類しており(『押字考』)、後世の研究家も概ねこの』五『分類を踏襲している』、その『分類は、草名体、二合体、一字体、別用体、明朝体である』とするものを指すか。そのリンク先の説明によれば、「草名体(そうみょうたい)」は草書体に崩したもの、「二合体」は実名二字の部分(偏や旁など)を組み合わせて図案化したもの、「一字体」は実名の一字のみを図案化したもの、「別用体」は文字ではない絵などを図案化したものを指し、最後の「明朝体」がまさにここに出た家康のそれで、上下に並行した横線を二本書き、その中間に図案を入れたものを指す。「明朝体」という呼称は明の太祖が、この形式の花押を用いたことに由来するとされ、家康が採用したことから、徳川将軍に代々継承され、江戸時代の花押の基本形となり、「徳川判」とも呼ばれたとある。

「起本」基本。

「偃武」「えんぶ」とは、武器を伏せて使わないこと。戦争が熄(や)み、世の中が治まること。「書経」の「周書」の「武成篇」の中の語「王來自商、至于豐。乃偃武修文。」(王、商より來たり、豐に至る。乃(すなは)ち、武を偃(ふ)せて文を修(おさ)む。)に由来し、特に、慶長二十・元和(げんな)元(一六一五)年五月の「大坂夏の陣」によって、江戸幕府が大坂城主羽柴家(豊臣宗家)を攻め滅ぼしたことにより、「応仁の乱」(東国にあってはそれ以前の「享徳の乱」)以来、実に百五十年近くに亙って断続的に続いてきた大規模な軍事衝突が終了し、江戸幕府は同年七月に元号を元和と改め、天下の平定が完了した事を内外に宣したことから、特に「元和偃武」と呼ばれた(以上はウィキの「元和偃武に拠った)。

「下に必一字を引こと法の如く成しは、列祖の御押に倣ふより昉れり」「昉れり」は「はじまれり」(「昉」は「夜が明ける」から「始める」の意)。サイト歴人マガジン個性あふれるデザイン】花押の歴史と武将たちが込めた意味が非常に良い。ぐだぐだ説明する必要がなく、一見にして開明!!!

「後水尾帝」在位は慶長一六(一六一一)年~寛永六(一六二九)年。彼の代を以って朝廷は江戸幕府の管理下に置かれた。

「林氏」林述斎。複数回既出既注。最初の「甲子夜話」初回へのリンクをし、もうこの注は示さない。

« 大和本草卷之十三 魚之上 鰧魚 (ビワマス) | トップページ | 譚海 卷之三 中院通茂公關東逗留事 »