フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 諸國里人談卷之五 方廣寺鐘 | トップページ | 諸國里人談卷之五 長樂寺鈴 »

2018/08/06

諸國里人談卷之五 建長寺鏡

 

    ○建長寺鏡(けんちやうじのかゞみ)

鎌倉建長寺の鏡は、開山大覺禅師の所持也。沒後、觀音の像に似たる影を、とゞむ。時賴、工(たくみ)をめして磨(とが[やぶちゃん注:①のルビ。③のルビは「みがゝ」])さしむ。はじめは幽(うすら)に見えけるが、一磨(ひとみがき)を經て、鮮明にして、大悲の影(かげ)、相備(あひそなふ)【「元亨釈書」委〔くはしく〕見〔みゆ〕。】。「鎌倉志」に云〔いはく〕、「圓鑑(ゑんかん)一面、西來菴(さいらいあん)にあり。高三寸五分、橫三寸あり。鏡の面(おもて)に觀音半身の像、手に團扇(だんせん)を持〔もち〕、少し俯頭(うつふく)ごとし。天冠(てんくはん)を戴き、瓔珞(ようらく)を埀。珠(たま)を連(つらぬ)る絲(いと)なく、眼に睛(ひとみ)を入れず。鏡の後(うしろ)は、水中に三日月の影(かげ)あり。其(その)高(たかさ)半分ばかり上に、梅(むめ)の枝あり。是等は鑄形(いがた)也。鏡の形は𪔂(かなへ)のごとくにして、裏に環(くはん)あり【下略。】。

[やぶちゃん注:所謂、光りを当てると観音菩薩が浮かび上がる「魔鏡」(平行光線乃至点光源からの拡散光線を反射すると、反射面の僅かな歪みによって反射光の中に濃淡が現われ、僅かに彫られた像が浮かび上がる鏡(特に銅鏡))である。私も風入(かざいれ)で現物を見たことがある。これはもうまさに新編鎌倉志卷之三(水戸光圀監修・貞亨二(一六八五)年完成)の「建長寺」の「寺寶」の冒頭に掲げられている「圓鑑」(えんかん)の本文(膨大な漢文の「讚」が続くので長い)を見て戴くのがよい。そこの附図のみ以下に掲げておく。

Emlan


序でに、幕末鎌倉地誌鎌倉攬勝考卷之四(八王子千人同心組頭・八王子戍兵学校校長植田孟縉(うえだもうしん)著・文政十二(一八二九)年完成)の同じく「建長寺」の「圓鑑」の図も添えておく。

Enkanran


「大覺禅師」巨福山(こふくさん)建長寺(正しくは「建長興國禪寺」)開山にして同寺で入寂した南宋から渡来した禅僧蘭溪道隆(らんけい どうりゅう、建保元(一二一三)年~ 弘安元(一二七八)年の諡号。

「時賴」鎌倉幕府第五代執権北条時頼(嘉禄三(一二二七)年~弘長三(一二六三)年)。

「大悲」原義は「衆生の苦しみを救わんとする仏・菩薩の広大な慈悲の心」であるが、特に観世音菩薩の別名としてよく使われる。

「高三寸五分」鏡の高さ、十センチ六ミリ。全体は本文で述べているように、青銅製の脚を持った鼎を模した形状で、全体は純粋な円盤ではない。参考図を見られたい。

「橫三寸」横幅九センチ。

「團扇(だんせん)」うちわ。

「鏡の後(うしろ)は、水中に三日月の影(かげ)あり」取っ手(「」)の右下方。

« 諸國里人談卷之五 方廣寺鐘 | トップページ | 諸國里人談卷之五 長樂寺鈴 »