フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 反古のうらがき 卷之一 官人天より降る | トップページ | 反古のうらがき 卷之一 幽靈 »

2018/08/19

反古のうらがき 卷之一 縊鬼

 

   ○縊鬼

[やぶちゃん注:直接話法が多いので、臨場感を出すため、特異的に改行と段落を作った。また、《とて、》はジョイントが悪いのを補填するために私が補ったもので、原典にはないものなので注意されたい。]

 これも叔氏(をぢ)醉雪翁が話に、元がしら某、屋敷、麹町也。組内同心某、よく酒を飮み、落し咄(ばなし)・身振りなどする者ありけり。

 春の日永き頃、同役より合(あひ)のことありて、夕刻より酒宴あり。彼(かの)同心は、

「給事(きふじ)ながら來るべし。」

と申約(まうしやく)せしに、其日、來らず、家人も、みな、其伎(わざ)を見るを興(きよう)として待(まて)ども、來らず、大に不興なりし頃、忽々(そうそう)として來たれり。

「やむを得ざるの用向にて、御門前に人を待(また)せたれば。」

《とて、》御斷(おんことわり)の趣(おもむき)申入(まうしいれ)、

「直(ただち)に立歸る。」

といひてさらんとせしかども、家來、ゆるさず、

「先(まづ)、主人及び一座の客人に其趣申通ずる間、ひかへ候へ。」

といへば、甚(はなはだ)難澁の趣なれども、先(まづ)其意に從ひけり。

 かくて主人に告げしに、

「何用なるかはしらねども、御頭衆(おかしらしゆう)より合(あひ)に、先程より相(あひ)待こと、久し。縱令(たとひ)さり難き用なりとても、聞(ぶん)にも出(いで)ず去ることやある。」

とて無理に引出(ひきいだ)し、用の趣を尋(たづね)させしに、

「其事(そのこと)、別事にあらず。『くひ違ひ御門』内にて、首を縊(くゝ)る約束せし間(あひだ)、やむを得ず。」

といひて、ひた物(もの)、去らんことを請ひけり。

 主(あるじ)賓(きやくも[やぶちゃん注:底本のルビ。])彌(いよいよ)あやしみて、

「思ふに、亂心と見えたり。かゝらんには、彌(いよいよ)引出(ひきいだし)して酒を飮(のま)すべし。」

とて、座に引出し、先(まづ)、大杯にて續けさまに、七、八盃を飮す。

 扨(さて)、

「これにて許し給へ。」

といふを、又、七、八盃飮せけり。

 主人、聲をかけ、

「例の聲色(こはいろ)所望也。」

といへば、無ㇾ據(よんどころなく)、一つ、二つ、伎(わざ)を奏(そう)し、又、立出(たちいで)んとするを、賓主、各(おのおの)盃を與(あた)へ、飴程、酩酊の色見へ[やぶちゃん注:ママ。]しかば、賓主、是を興として、かわるがわる[やぶちゃん注:ママ。]に酒をすゝめ、動靜(どうしよう)を窺ひける。

 一時(いつとき)斗(ばか)りする内、先(まづ)去るを請ふ事は忘れたる樣にて、別に亂心とも見へずなりぬ。

 其時、家來、立出で、

「只今、『喰違ひ御門』内に首縊(くゝ)りありと組合より申通(まうしつう)ず。人、差出(さしいだ)すべしや。」

といひたり。賓主きゝて、

「扨は先頃の縊鬼(いき)、此者を殺すこと能(あた)はで、他人を取(とり)たると見へたり。最早、此者の縊鬼は離れたり。」

とて、先(さき)の樣子を尋(たづぬ)るに、

「夢の如く覺へてさだかならず。其頃、『喰違ひ』迄來りしは夕刻前なり。壹人ありて、

『此所にて首を縊るべし。』

といゝ[やぶちゃん注:ママ。]しが、吾(はれ[やぶちゃん注:底本のルビ。])辭(じ)すること能(あた)はず、

『如何にも縊るべし。今日は御頭(おかしら)の元(もと)御給事(おきふじ)に行(ゆく)約束なれば、其(その)斷りをなして後、其意に從ふべし。」

といへば、其人、

『さらば。』

とて、御門迄、付來(つきいた)り、

『早く斷(ことわり)をいゝ[やぶちゃん注:ママ。]て來るべし。』

といひたり。

 其言(そのげん)、背(そむ)きがたき義理ある者の如く覺へて、其人の義、そむきがたく思ひしは、何の故(ゆゑ)といふことを、しらず。」

といひけり。

 扨、

「今は縊る心ありや。」

と問ふに、自から首に環をかくる眞似して、

「穴、おそろしやおそろしや。」

といひけり。

「全く、約を踐(ふむ)を重んぜしと、酒を飮たるとの德にて、命を助りし。」

といひあへりき。

 かゝる事も、まゝある事にや。

[やぶちゃん注:「縊鬼」(いき/いつき/くびれおに)はウィキの「縊鬼によれば、『中国または日本の妖怪。人に取り憑いて』、『首を括らせるとされる』。『中国での縊鬼は「いき」と読み、『小豆棚』『太平御覧』『聊斎志異』などの中国の古書に記述がある』。『中国の伝承においては、冥界には一定の人口が定められており、この人口を常に保つ必要があるため、死者が別の人間として転生して冥界を去ろうにも、自分に代わる後任の死者が冥界に入らなければ、転生の許可が下りない。このとき、死者が生者の死をただ待っているだけではなく、積極的に自殺や事故死を幇助することで自分の代替を求めることを「鬼求代」という』。『亡者が生まれ変わるには他者に自分と同じ死に方をさせることが条件らしく、縊死した死者が生者に取り憑き、自分と同じように縊死させようとしているものが縊鬼とされる』。『民間伝承や昔話に見られる縊鬼の話はどれもほぼ同じである。宿に泊まった者が、紐を手にした何者かの影を見かけた後、隣室で女が縊死を図り、慌てて止めたところ、先の影は縊鬼であり、隣室の女は理由もないまま縊鬼によって縊死させられようとしていた、という筋が多い』。『中華民国の時代に入ると「吊殺鬼(ちょうさつき)」「吊死鬼(ちょうしき)」などと呼ばれ、同様に自分の身代わりに死ぬ者を求める霊のことが、民間伝承や昔話の中で語られている』(以下、本「反古のうらがき」の条が現代語で紹介されているが、省略する。その訳とこの原本を読み比べれば、如何に現代語訳というのものが、怪異性もオチの滑稽さも削ぎ落してしまうかがよく判る)。『昭和・平成以降の妖怪関連の文献では、この縊鬼は水死者の霊とされ、これに取り憑かれた者は、川に飛び込んで自殺したくなるもの、などと解釈されている』。『江戸時代の奇談集『絵本百物語』には「死神」と題した絵があるが、これは悪念を持ったまま死んだ者の霊が、同様に悪念を持った者を首括りなどに遭わせようとしているものとされ』、『近世の宗教における死神より、本項の縊鬼に近いものと指摘されている』とある。これはそもそもが全体が、実は怪談仕立ての滑稽オチの落語なのである。

「叔氏(をぢ)醉雪翁」筆者鈴木桃野の叔父多賀谷仲徳。先手組与力で火付盗賊改方を兼務した。二つ前の「魂東天に歸る」の話と注を参照のこと。

「元がしら」以前の先手組組頭。

「落し咄」落語。本「反古のうらがき」の成立は嘉永元(一八四八)年から嘉永三(一八五〇)年頃であるが、文化・文政期(一八〇四年~一八三〇年)には江戸落語は隆盛を極め、ウィキの「落語」によれば、『文政末期には江戸に』百二十五『軒もの寄席があったといわれる』とある。

「身振り」滑稽な仕草や形態模写をしておどけること。

「より合(あひ)」「寄合」。

「給事(きふじ)ながら」雑用が御座いますが。

「來らず」言わずもがな乍ら、「なかなか来ない」の意。これを二度の畳み掛けて、しかし「來たれり」と出すのは話柄の展開を焦らす点で甚だ上手い。

「忽々(そうそう)として」如何にも何か忙しげな様子で。

「聞(ぶん)にも出(いで)ず」「聞」は「直接相手に話をすること」の意か。或いは「当然そうあるべきこと」の意(ここでは寄合の席に出て挨拶や芸をすること)か。

「くひ違ひ御門」江戸城外郭城門の一つで四谷門と赤坂門との間にあった喰違門(くいちがいもん)。ウィキの「喰違門」によれば、『清水坂から紀州家中屋敷に行く喰違土手の前に当たることからの名であるという』。寛永一三(一六三六)年の『外濠普請の際、この門の升形は丸亀城主生駒壱岐守高俊の助役で組み上げられたものであるという』。『万治年間』(底本の朝倉治彦氏の注では万治二(一六五九)年とある)『にも造営が行なわれ、「府内備考」には、「万治二年所々御門御造営の時、喰違御門は長谷川久三郎、日根半助を奉行に命ぜられしよし』、「万治年録」『に載たれば、古くは外々御門とひとしき造りなりしならん、今は仮そめの冠木門となれり、或は喰違土橋とも称す」とある』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)にあった。なお、この元先手組組頭の屋敷のあった麹町は喰違門の北直近で((グーグル・マップ・データ))、近ければ直線で二、三百メートル、最も遠い東の半蔵門方向であっても、一キロ程しか離れていない。

「ひた物(もの)」「直物」「頓物」と漢字を当てるが、副詞。ひたすら。無闇に。

「聲色(こはいろ)」他人、特に役者や有名人の台詞回しや声を真似ること。歌舞伎役者などの声や口調を真似る滑稽芸や専門の芸人は既に元禄(一六八八年~一七〇四年)頃から存在した。

「一時」現在の二時間相当。

「約を踐(ふむ)」約束を履行する。]

« 反古のうらがき 卷之一 官人天より降る | トップページ | 反古のうらがき 卷之一 幽靈 »